December 11, 2003

アメリカ帝国への報復

BlowBackJ.jpgアメリカ帝国への報復 /チャーマーズ・ジョンソン著、鈴木主悦訳 /集英社

 ぼくたちを代表することになっている政府は、強引にイラクへの派兵を決めてしまった。それが、イラクの復興のためよりも日本がアメリカに協力する姿勢を見せるためであることは、だれでも知っていることだ。ここで言う「アメリカ」は「現在のアメリカ政府」を意味するに過ぎないし、「日本」についても同じことだ。大部分の日本人は派兵に反対だし、アメリカでもきっと反対する人は多いに違いない。

 こんなことになったので今年の春に読んだこの本を思い出した。一見したところ刺激的なタイトルは、ひと昔前の教条的なスローガンのようだが、著者は日本とアジアを専門とするまっとうな政治学者なのだ。帝国主義という言い方は修辞的表現ではなく、冷戦が終わったあと、アメリカが経済と文化の上でグローバリゼーションを進め、軍事的にも拡張を続けていることに、帝国主義の属性があるというのだ。アメリカは外国への余計な手出しを止めないと、いずれ、手痛い報復を受けるだろうということを書いている。そしてその通りになった。これがアメリカで出版されたのは2000年だったのだ。

BLOW Back.jpgBLOW Back(原著)
 今年の春、「9月11日を予言することになったので、このあたりの本屋ではベストセラーのひとつになっている」と、シアトルにいる妹が電話でこの本のことを教えてくれた。妹本人はアメリカの本を読むわけではないから、亭主のスティーブが読んだのを伝えたのだった。
著者は、スティーブがUCバークレーの学生時代に先生だったこともあったので、この本を翻訳したらどうだろうといって、しばらくしてから妹が原書を送ってきた。
原題は「BLOWBACK」銃を撃ったときの反動のことだろう。副題の「The Costs and Consequences of American Empire」は、「アメリカ帝国主義のコストと行き着くところ」とあいうところだろうか。

 こんな本の翻訳は急がなければならないから大変だし、ここまで寄り道をしているわけにはいかないよと思いながら序文を読むと「すぐに日本、ドイツ、イタリアで翻訳が出た」と書いてあった。早く日本語で読みたいと思っていたから、内心ぼくはよろこんで、すぐにamazon.comに注文した。日本語訳もすでに2000年に出されていた。
 シアトルでは、数年前にWTOを退治したことがあったくらいだから、反グローバリズムの意識は強いに違いない。シアトルの中心街からフェリーボートで渡るベインブリッジアイランドという島に妹たちは住んでいるが、その町はスターバックスを作らせないのだという。世界中どこにいっても同じ店をつくろうとする「グローバリズム」に反対してのことだ。その話をきいたぼくは、事務所の近くにスターバックスがあるのをかつて喜んだことを口に出せなかった。

投稿者 玉井一匡 : December 11, 2003 02:11 PM | トラックバック
コメント

iGaさん、mieさん、たまたまこのころの古いエントリーを読んでいたらここに来ました。このころは、返信コメントをあまりこまめに書いていなかったんでしょうか、おふたりのコメントを読んでいたのに、僕は何も書いていないですね。失礼しました。
このときぼくは、スタバがそんなあくどいことをしているとは知りませんでしたが、コンビニなんかは同じことをやっていますね。しかも、被害を受けるのはコンビニの会社以上に、精一杯の財産を投じたフランチャイズの経営者なんだから、ひどいはなしです。
そういうことを国家の規模でやってしまおうというのが帝国主義で、それには軍事力という後ろ盾があるわけだから、暴力団とあまり違いがないですね。

Posted by: 玉井一匡 : October 17, 2011 05:39 AM

スタバ(先日読んだ吉田修一氏の“park life”の中でこう書かれていました)をめぐるお話、
とても興味深く読みました。
私の知っている“スタバ”なんて、お軽いものばかりです。
例えば、今日は何にしようか、サイズはS,M,Lのどれにしようか?などなど
と、チョットした決断力を試されるというもの。
あるいは映画“you've got m@il”あたりからブレイクしだしたなんて… たわいもないものです。

Posted by: mie : December 24, 2003 07:39 PM

反グローバリズムの立場から書かれた本に「NO LOGO」ナオミ・クライン著、松島聖子訳(はまの出版)があります。もちろんスターバックスにも言及してます。スターバックス・モデルの出店計画の一つはクラスター方式と云われるもので、一つの地域内に幾つものスターバックスを出店、競合させて他の独立系コーヒーショップを窮地に追い込むと云う方法。これは店の規模は小さくても大型店舗方式と大差なくパパママストアではとうてい太刀打ちできない。クラスター方式を導入する前はその地域で場所もよく一番流行っている独立系コーヒーショップの家主に裏から手を回して破格の条件でテナントになるというもので、多くの非難や反対によって出店を断念したケースも多くあるようです。これはどこかの国のドラッグストアの出店計画にも似ていますね。八王子駅前の東急スクエアの一階にもスターバックスがオープンしましたが、そこは東急系列のパン屋・サンジェルマンがあったところで、サンジェルマンの店舗面積の半分以上をスターバックスに明け渡したようで、スターバックス側が提示したテナント条件が良かったのでしょうね。

Posted by: S.Igarashi : December 11, 2003 03:52 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?