January 19, 2004

HさんのMACpower

click image to pop up

 先日、友人兼クライアントの本間さんの家に行った。
テーブルの上にMACpowerが置いてあるのだがちょっと様子がちがう。よく見ると背表紙がすっぱりと裁ち落とされてそれが横に置いてあるのだ。もちろん、ぼくはわけを訊ねた。一枚ずつバラバラにした本を両面スキャナーで読みとってそれをDVDに保存して、本は捨ててしまうそうだ。広告を外せば1枚のDVDに1年分くらいのMACpowerがおさまるのだという。
 大きな裁断機とスキャナーを買ったからちょっと切ってみる?といわれてやってみると、すこぶる切り心地がいい。ハンドルが大きいから雑誌くらいならすこぶる簡単に切れてしまう。こういうことを思い切りよくすぐにやってしまう人なのだ、このひとは。

click image to pop up

 そもそも、この日、このうちに僕たちが来たのも同じようなことが理由だった。400枚ほど持っているレーザーディスクをDVDにコピーしてしまうから、この中で欲しいのがあったらあげるよというメールにコレクションのリストが添えられて数日前に届いた。けっこう時間がかかるらしいが、毎晩、寝ている間にセットしておけば翌朝には終わっているのだそうだ。
リストには「エヴァンゲリオン」の全巻や「AKIRA」などのアニメーション、イームズの作った「POWERS OF TEN」などの映画のLDなどの名作が多いのに、こんな風にソフトウェアとそのメディアとを完全に切り離して考えることは、なかなかできることではない。この人が本やディスクという物体に対する感傷を持たないことにはいつも驚かされる。さらにオークションにでも出してみるかという欲ももたない。尊敬すべき人だ。

 同じような考え方を、住まいに対しても持っている。住宅のソフトウェア(どう住むか)についての決断がきわめて明快でかつ早い。車は乗らないから駐車場はいらないと、はじめから言った。30坪しかない敷地だから中庭を作ってそこから各部屋に入るようにして、玄関をなくしてしまおうかという提案にもすぐに賛成。さらに一歩すすんで食堂+キッチンは靴のまま生活することになった。

投稿者 玉井一匡 : January 19, 2004 08:06 PM | トラックバック
コメント

御無沙汰しております。
なんだか知らないうちに、辿り着きました。
Hさんの変わらぬ様子、目に浮かびます。
今度、機会があったら僕も連れっていって下さい。
何卒、宜しくお願いします。

Posted by: RE COBA : January 29, 2004 12:23 PM

すばらしいですね。

そこまで、徹してしまえれば。
こちら、それとは正反対の日々を長年...........であります。

Posted by: AKi : January 23, 2004 01:12 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?