March 18, 2004

さくらの季節

P4060048.jpg
昨春、関口芭蕉庵前の神田川:0406/2003

 ぼくの自転車通勤の道中10km弱は、さくらがさまざまに景色を一変させる。
中野通りを渡り→哲学堂公園の横を抜けて→神田川沿いの道をさくらに包まれて走り→神楽坂から飯田橋の外堀沿いの自転車置き場に着く。このルートはむしろ、無意識のうちにさくらの道を選んだ結果だったのかもしれないと、花の季節には思う。
 中野通りは、両側から桜が道を覆い花のトンネルになるが、神田川では遊歩道の上を包むさくらが両岸から川に向かって枝をのばしている。外堀通りの並木から流れ出した花は堀の斜面をお堀の水面に、さらさらと流れこんでゆくようだ。去年はキャナルカフェのデッキで夜桜を楽しんだ。

 椿山荘の隣に、かつて松尾芭蕉が庵を結んだ関口芭蕉庵がある。そこには文字通り芭蕉の木が数本並んでいるのが、塀越しにうかがわれ、背後には枝垂れ桜があるがまだ開かない。その門の前の橋のたもと、昨春4月のはじめ、神田川の水面に映る空に花びらが浮かび隅田川を目指していた場所が、3月17日の朝に白い桜が2本だけ8分咲きになっていた。たしかに、今年はさくらが早くやってきたらしい。

今春のさくら(昨年と同じ木):0317/2004 click image to pop up

今春の芭蕉庵:0318/2004 click image to pop up
たった一度だけ、友人に誘われてこの関口芭蕉庵で「連句」の会に厚かましくも参加したことがあった。
 大岡信が連句の本を書いたころに、それを読んで興味を持った。インターネットのなかった時代のことだったから、友人と二人で葉書をやりとりして連句をはじめたが時々滞るのだった。その後、友人は本格的に師匠について連句の会に参加していたのだが、その師匠が主宰した連句の会に、玉井さんも来ないかと声を掛けてくれた。芭蕉が住んでいたところだと聞いただけで、こんな時にしか入れまいと勇躍参加したが、ぼくのような自己流初心者は他にはいないと気づいて汗がにじんだのは和室の席に着いてからのことだ。
 これはあまり思い出したくない時間だったはずだが、時を経た今は景色を楽しむほどの余裕もできた。その友人・丹下誓氏は、その後、仕事でマレーシアからヒューストンと海外勤務がつづいたが、この春には、また日本に戻ろうとしている。今はEメールで連句をやっているそうだ。
 ちなみに芭蕉庵の庭は、なにも俳句や連句の会を催さなくたって開館時間ならだれでも無料で見学できる。
昨夏の芭蕉庵:神田川の対岸から click image to pop up

投稿者 玉井一匡 : March 18, 2004 11:57 AM | トラックバック
コメント

美しい写真ですね。

下北沢にいた頃は、事務所の桜を楽しめましたが、今年はちょっと寂しいです。
開花もずいぶん早くなったものと思います。下北での10年間の記憶では、いつも4月1日でした。

Posted by: AKi : March 18, 2004 06:47 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?