July 22, 2004

国境を越える3つの方法

ソフィア・サコラファ 女子やり投げ・元世界記録保持者
 7月21日の夕刊に、国境のことを考えさせる興味深い記事が3つあった。
 曽我さんの夫のジェンキンスさん、縄文遺跡、そしてアテネ・オリンピックの記事だが、もちろんみんな別々の記事である。ジェンキンスさんのことは誰でも知っている話だが、とりわけ縄文遺跡とオリンピックの話には常識を覆えされる快感があった。

 縄文遺跡は津軽の大平山元遺跡である。ここの土器が16,500年前のものだと分かったが、ロシアのアムール川流域から出土した土器が、同じように分析するとやはり16,000年前頃のものであるという。同じ時代に、広い領域にわたって土器が使われるようになったというわけだ。言いかえれば、同じ文化が日本からロシアにおよぶ広い範囲にわたっていたことになる。
 アテネでは、いま47才の元世界記録保持者、女子やり投げ代表として2回のオリンピックに参加したソフィア・サコラファが、テロの可能性をはらんだアテネオリンピックを前にして平和のために何かできないかと考えた。その結果、パレスチナ人としてオリンピックに出ることを考えついて実行に移した。すでにパレスチナの市民権を取りアラファトとも会ったという。平和の祭典を謳いながら、オリンピックは国家の求心力の向上に利用されている状況にあって、ソフィアは国家の境界を突き崩そうとしている。

 ぼくたちは国家や国境というものの枠でものごとを考えてしまいがちだと、これらの記事によって我々の了見のせまさに気付く。ぼくたちが古代を考えるときにも、現在の国や文化圏をそのままに重ねて考えてしまうのだ。自分の国家には固有の文化が昔からあって、自分たちのものが古くすぐれたものであってほしいと思う。しかし、現代の国家、現代の文化圏そして古代の文化圏が、それぞれに全く異なる範囲をもっていたとしてもそれはむしろ自然なことだということに、つい気づかない。
 ソフィア・サコラファの行動は、こういうメッセージを伝える「国籍なんて所詮は人間が決めたことじゃないの。数十年前に強引に作られた国家によって追い出されたパレスチナなんて、その最たるもの。パレスチナをイスラエルやアメリカとおなじアテネのスタジアムにつれてくるわ」と。
 ジェンキンスさんは、戦争という国家公認殺人ゲームの最中に国境を越えて敵の領域に行ってしまった。国境を否定したはずの彼の行為は、並はずれて強固な国境を構築した国家に飛び込む結果になった。そして今ふたたびもうひとつの国境を越えようとしている。

 国境は空間を不連続に分離して国家を限定するものだが、文化は連続的に変化しつながり重なっている。国境や国家は、分離するのものだが、文化はむしろ結ぶものなのだ。国境は力によって作られたものだが、文化はできてくるもの、伝えられるものなのだ。
 建築とは、ウチとソトをつくり領域をつくる。ある種の建築がつくる領域は力が国家と国境をつくることに似ているかもしれない。
だが、ぼくたちにはほかの可能性がある。建築の境界をもっと大きく拡げて、線でなく面にすることができるからだ。境界を連続的、あるいは段階的に変化し重層する空間とすれば、排他的でない境界ができるはずだ。もしかすると、同じように国境を線でなくある幅をもった領域にすることで、国家間の不連続な境界をなくすことができるのではないかという望みを捨てきれない。

投稿者 玉井一匡 : July 22, 2004 04:56 PM | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?