December 29, 2004

ひさしぶりの雪でちょっとうれしいことが・・・

事務所の机の前の窓から久しぶりの雪がみえる。
けさ、cooの散歩にでかけようと外に出ると、寒い朝に、うちの前の道で小学校2,3年生の女の子がひとり立っていた。知らない子だが、顔を合わせたら「おはようございます」といってくれた。
「雪が積もるといいね」というと「うん!」とニコニコした。

 うちのこどもたちは、もうソリを持って公園に連れて行くこともない年になったから、ぼくはちょっとたのしい気分になって、事務所につくとtacにその話をした。「都会のお嬢ちゃんだ」という。富山そだちにとっては、日本海側の冬の3ヶ月ほどの、曇り空に包みこまれ滅多に太陽の出ない時間がいやでたまならないから、雪をよろこぶなんていうのはシロートなのだ。ぼくも新潟ではあまり育っていないからシロートの域を出ない。そうかとおもえば、新潟大学にやってきて、そのまま腰を落ち着けたお医者さんもいる。そういう人は「せいぜい2,3ヶ月の我慢をすれば、あとは海も温泉も30分で行けるし、魚は旨い安い。酒はうまい。東京よりずっといいよ」というのだ。
東京にいる多くのシロートのこどもたちは部屋の中でディスプレイの前に座っているんだから、雪を喜んでいるこどもたちがいれば、やはりぼくはうれしくなってしまう。ことしは同時に、地震の被災地が思いうかんでしまうが。

投稿者 玉井一匡 : December 29, 2004 12:33 PM | トラックバック
コメント