March 09, 2005

魚河岸の吉野屋

Click to PopuP
 松戸で、和食の飲食店やビジネスホテルを経営する関宿グループのリーダーである稲葉八郎さんは松戸本町商店会の会長でもあると同時に商店会のホームページの大部分を運営する首謀者でもある。そこに稲葉さんがお書きになったものがひどく面白い。 
 たとえば牛丼の吉野屋がまだチェーン店になる前に魚河岸にあったころの店を中心にして魚河岸の様子がその内側に生活した人ならではの調子で、私的吉野屋論と題して生き生きと書かれている。
 去年、ゲイツインという松戸のビジネスホテルの改修のしごとをしたが、その仕事を依頼してくださった支配人・桜井さんにとっては義兄にあたる。奥さんの兄上なのだ。桜井さんとの多くの打ち合わせのおりに、幾度となく義兄上のエピソードあるいは武勇伝をうかがった。その多くは、再開発という名のもとにどんどんまちが悪くなってゆくことに対する闘いの話で、どれもその通りだとぼくは同感した。
 ビジネスホテルの仕事が終わったあとにお会いすると、ぼくの思い描いた通りの人物で、そのあとでいただいたメールに、このサイトのアドレスが書かれていたのだった。

投稿者 玉井一匡 : March 9, 2005 11:56 AM | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?