September 26, 2005

映画 もんしぇん

10年をこえる時をかけてやっとできたが、見てもらわなきゃはじまらない。
Goshoura.jpg 御所浦町:click image to jump up to Google マップ


 いい年をしてと思いながら、ぼくはいまだに飛行機では窓際を選んでしまう。空から地上を見ると実物の地図がよくわかるからだ。広い平野と山の裾が接するところを見れば、緑の海に浮かぶ島のようだが、それもむかしは本当に海だったのだろうと想像して時間を遡る。山の頂から地球の表面は下ってゆき、海の下を通り向かいの島とはつながっていて、ただそこに海の水が載っているだけだと感じられることもある。里山に抱かれたところが心地よい「谷戸」となって集落ができるように、緩やかな斜面に囲われた小さな湾は、もうひとつのしあわせな地形だ。里山は人の住む里と自然の山が接するところだが、入江では海と山の間に集落がある。いずれも、複数の世界が重なった場所が小高い地形によって外界からまもられて小世界がつくられる。
 小さな島の小さな入江を舞台にした「もんしぇん」という映画が、先日、やっと内輪の試写会にたどりついた。音のないビデオや編集途中のものは見たけれど、最終的に編集された映像を、ぼくはまだ見ていない。

 もんしぇんなんてタイトルは何も思い起こさせないと反対する意見も多かった。いまでは、この地方でさえあまり使われることもなくなった言葉だからだが、この地方で「もんしぇん」ということばは「だから」という意味につかわれるのだという。そういえば、長崎県出身の母方の祖父は、東京に住みながら最後まで長崎弁が抜けなかったが「俺が行くしぇん」というぐあいに「しぇん」ということばを「・・から」という意味に使っていた。
 理由と結論を結ぶ接続詞は論理をつくりだすが、だからといって、かならずしも行動を導くわけではない。 世界は両義的あるいは多義的な事象に満ちていて論理はいくつもあるのだが、行動はひとつを選ばねばならない。多義的な小世界をつくる入り江、それが小さな島の中にあるとすればなおさらだ。しかし、多義的であることは不明瞭であることと同じではない。入り江や谷戸は多義的な植生や生物相があるが地形は明快である。だからそこには、ひとつの小世界がかたちづくられる。ぼくたちがこういう地形を理想のひとつとするのは、明快な構成の器に多義性が盛り込まれるからなのだ。何億年か前に両棲類が海から陸に上がったときも、それはきっと入江からだったろう。この島では、恐竜の骨の化石が見つかり、御所浦白亜紀資料館という小さな博物館もある。

 この映画は、上の衛星写真の島、熊本県御所浦、正確には御所浦町の牧島を舞台につくられた。あるいは、この島の小さな入り江がこの映画をつくったというのがふさわしいのかもしれない。
 物語は・・・・身ごもってひとりになった若い女が、故郷の近くの入り江にたどりつく。はるという。
そこには老人ばかりが土人形(どろにんぎょう)をつくりながら屈託なく暮らしている。中にただひとり、ちいという若い女が一緒に住んでいるが、けっして口をきこうとしない。心ならずも迷い込んだはるは、そこを出て行こうと思いながら老人たちに引き止められ、もとよりかれらの作る世界に好奇心をもたずにはいられない。さらにあらたな老人たちも加わる。・・・産む、産まない、帰る、残る、不安、やすらぎ、老い その中ではるは、そこの場所とそこに住む人々にひかれてゆく。

 最終版を見てもいないのに勝手なことを書くのは、この映画の作られる過程を、ぼくは長い間そばにいて見たり脚本を読んだり、この島にも行ったりしてきたから、どういう素材があり何をこころざしているかはわかっているつもりだからなのだ。うちの事務所が彼らの打合せの場所になっていたから、来れば論争がうるさいけれど、しばらく来ないとさみしくなった。そんなわけだから、ぼくには公正な評価をすることはできない。若者たちを応援するけれど、かといって思いもしない褒め言葉を使いはしない。そういう立場で、来年に予定している公開まで、この映画とそれに関わることを、ときどきエントリーしてゆこうと思う。

このブログ内の関連エントリー
mF247/*音楽配信サイト & 脈動変光星
*「もんしぇん」の公開
*もんしぇんの試写会
「もんしぇん」と「一角座」
         *   *   *   *   *   *   *   *
*追記:初めてGoogleマップをご覧になるかたへ

 写真をクリックして、googleマップの画面に移ったら、いろいろと画面を変えることができます。
・右上の「マップ」というボタンをクリックすると、同じところが衛星写真から地図に変わります。
・左に、上が+下がーになっているスライド式のコントロールがありますが、このつまみを上に引くと大きく、下に引くと島は小さくなる代わりに、下端までいっぱいに動かせば地球全体が出てきます。
・位置を変えるには矢印をクリックして東西南北に、どこかの場所をダブルクリックすれば、そこが画面の中心になります。
 まだ、不十分なところが2つあります。今のところ日本とアメリカとイギリスしか細かい地図が用意されていないこと。もうひとつ、地域によって写真のクローズアップの限界が違うことです。大都市ではひとつひとつの建物が認識できるくらいまで近づけますが、たとえば御所浦のようなところだと、あるところから先は写真が見られなくなってしまうのですが、遠からずそれもかわってゆくでしょう。

 インターネットのこういう使いかたは、はじめに構想したひとたちの意図をもっとも表しているもののひとつだと思います。それはきっと、場所についての人間の感じ方考え方を感覚の段階で変えてゆくでしょう。高いところから見た写真では国境線なんか見えない。中央がえらくて地方がそれに従属していると考えることや、ここは自分たちの領土だといって国家が対立していることなどを別の目でみることができる。いますでに東京経由でなければ世界とつながらないという考え方は弱くなりつつあることがもっと進み、それぞれの場所がそれぞれにいいんだという見方が進むだろうと想像すると胸が高まります。じつは大都市と同じように、小さな島の小さな入り江は世界とつながっている。むしろ、世界の本質にずっと近いところにあるのだと。
「日本海とGoogle マップ」も、お読みになってみてください。

投稿者 玉井一匡 : September 26, 2005 01:20 AM | トラックバック
コメント

上の文中で、一匡さんの事務所をお借りして(うるさい)映画の打ち合わせをさせていただいていた、海津です。
僕の役割は、大雑把に美術、と言っていたのですが、この映画の性質として、ストーリーより先に漠然とした絵やイメージがあったものですから、そういう絵に具体的に書き込みを入れたり、イメージを具体的なアイデアに落とし込む作業を主にやっていたんだと思います。
そういう作業を表す役職名として、「イメージ設計」という言葉を作って、クレジットに入れてもらいました。

一匡さんの書き込みに、この映画のおおまかなストーリーがありますが、はじめはこういうストーリーすらなく、連想されるイメージを集積していったらこんな映画になりました、という感じです。
そんな降り積もったイメージのどれだけが残り、どれだけこぼれていったのか分かりません。
本来ならば、残ったイメージだけで勝負せよ、と言われる所でしょうが、まだ少し、こぼれてしまったかも知れないものにも未練があり、それを自分なりに少しづつ文章にしてブログに書いてみました。
http://blog.livedoor.jp/kaizuken1/

御所浦島で化石を掘る人たちのように、人類が、自分達が生まれるまでの道のりをくりかえし探り続けているように、映画が生まれるまでの道のりを辿り直してみることも、後ろ向きでないと信じながら。


Posted by: カイヅ ケン : November 6, 2005 10:23 PM

りえちゃん、コメントをどうもありがとう。Blogのありがたみと力を実感します。
長いあいだ水の中にひそんでいた小さな光と音のつぶたちが、ようやく水面の上にでてきて映画になりました。まだ、波打ち際の茂みの中で地上の様子をうかがっているところかな。でも、魔法使いに勇気づけられ、羽がひと組せなかについてふわりと浮かんだようです。
かりんたちとつづけてきたライブも、もんしぇんのたいせつな一部になりました。 
きみがドイツをどんなふうに叩いているのか、たたいてくるのか、楽しみにしています。いま、Itunesはパーカッショニストに敬意を表してバルトークの「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」を鳴らしていますが、打楽器の攻撃性に応じて、アルゲリッチも打ち合いをしているようです。
きみのドイツだよりのBloggなんかができたら終えてください。

 

Posted by: 玉井一匡 : October 3, 2005 10:29 PM

打楽器のわたなべりえと申します。昨年何度か私も事務所にお邪魔させていただきました。その節はありがとうございました。私は今ドイツにいます。海を越え、公開のニュースを知ることを大変嬉しく思います。映画のご成功をお祈りしております。

Posted by: 渡邉理恵 : October 3, 2005 06:25 PM

ありがとうございます。来春の公開の予定ですが、応援してやってください。
この22日には、御所浦町で、初めての公開試写会がおこなわれます。きっと島をあげて盛り上がってくれることでしょう。島といっても、3つの島の集合体なので、いっしょに盛り上がることはそれほどなかったのだそうです。

Posted by: 玉井一匡 : October 2, 2005 01:37 AM

映画制作の若い方々と玉井さんのアジトで鉢合わせしてからと言うもの、他人事とは思えません。 公開を 大変楽しみにしております! 

Posted by: いのうえ : September 29, 2005 11:51 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?