November 17, 2005

Panda Cam

Click

 サンディエゴ動物園のサイトの中に「Panda Cam」というのがある。今年の8月2日にうまれたメスのパンダのようすを、リアルタイムのビデオの映像で24時間見られる。これがとてつもなくかわいいのだ。100日目につけられた名前がスーリン(蘇琳)、11月9日で体重4.5kg身長67cm。彼女のすまいは、直径2mほどの円筒形で、床にはワラが敷き詰められているようだ。スーリンは一日中この中で生活しているが、母親はひとつだけの開口を出たり入ったりしている。そこには扉がついている様子もないのに、なぜかスーリンは出られない。ちびには越えられないほどの段差があるのか、パンダの子供が巣穴から外に出るのは、ちょっとした勇気が必要だからなのかもしれない。

カメラはその小屋の天井にすえつけられていて、いつも下を見下ろし、毎秒2枚でパラパラ漫画のようなモノクロのムービーを送るのだが、スーリンのたどたどしい動きとムービーの動きがちょうど合っているようだ。
母親は娘を抱いて眠り、授乳したり、くんずほぐれつ遊んでやったり、なめるように可愛がる。朝になると竹をいっぱい抱えてくる。昼間は、スーリンはひとりでいることが多いようだから、母親は観客のいるところに行っているのだろう。母の名はバイ・ユン(1991生まれ100kg)といい、サンディエゴ動物園で初めて生まれたパンダなのだという。Bai Yun ("White Cloud")と書いてあるから漢字は白雲というのだろう。父親は巣穴には入れないらしく、画面には現れない。
これを知ってから、ぼくはこのサイトを常時開きダッシュボードにサンディエゴの時計を加えた。

PandaWolongcubs.jpgこのリアルタイムの画像の他に、画面の枠の上に書かれている項目がある。これを選んでクリックすると、つぎのような内容の画像や文(英語だけど)が見られる。
Panda Blogs: Read the latest from our Giant Panda Team.
・パンダチームの書いたBlog
More blogs: Read blogs from our keepers and trainers.
・その他の飼育係やトレーナーによるBlog
Extras: Videos; slideshows; news.
・ビデオスライドショー
Time-lapse: See previous Panda Cam activity.The panda cub has a name! Read about it here.
・これまでのPanda Camの記録(早送り)
上の集合写真はPanda Blogsの中にあったもので、ウーロン・デイケアセンターで生まれた子パンダたちの写真だそうだ。

投稿者 玉井一匡 : November 17, 2005 07:50 AM | トラックバック
コメント

このサイトは、対象が固定カメラのライブ映像に向いていますね。
1)小パンダは小さな場所に保護しておいてやらなければならない
2)まだスーリンはあまり活動的でない
3)もともとパンダはモノクロだから、データ量の少ないモノクロ画像でも違和感がない。そしてすでに書いたように
4)スーリンの動きが緩慢なのが、2コマ/秒の映像の動きとうまく合っている

Posted by: 玉井一匡 : November 18, 2005 07:11 AM

 そのプロジェクトXは、残念ながら知りませんでした再放送を探して見ます。
リアルタイムの情報っていうのは、いろいろな価値がありますね。同じ時間を共有するということはもちろんですが、加工していないままの情報が得られるという意味も大きいですね。

Posted by: 玉井一匡 : November 18, 2005 06:32 AM

いいサイト、ご紹介いただきありがとうございます。
一昨日のNHKの「プロジェクトX」は、旭川の旭山動物園の話でした。動物園の新しい形がどう作られてきたか、という話でした。
こんな風にネットでライブというのもありだよなぁ、と思いました。

Posted by: AKi : November 17, 2005 09:13 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?