November 29, 2005

柚子のマーマレード

 
 書きたいことがいっぱいあるのに、ちょっとblogにご無沙汰していたら、もう忘年会の知らせが来るようになった。柚子湯に入る冬至だってすぐにやってくる。だから復帰の手始めにゆずのことを書くことにしよう。
 先々週末に新潟に行ったときのこと、うちに遊びにきたYちゃんが、柚子なんてめしあがります?実家にたくさんなったんですという。マーマレードつくりたいからほしいと言ったら、車にもどってビニール袋を下げてきた。小ぶりの、レモン色のういういしいやつがたくさんいる。おい、枝までついているよ。とげがあるから気をつけてくださいね。たくさんなるんだけれど、とても使い切れないんですよというのでよろこんでいただいた。
 翌朝に東京へもどり、夜に家へ帰ってからつくりはじめたから1時ころから3時半くらいまでかかった。インターネットで探したが、これがうまそうだと思うようなレシピがないので、夏みかんや橙の経験をもとに自己流でやってしまうことにした。

 柚子1㎏、グラニュー糖500g、水3カップくらいと絞り汁をつかった。レシピによっては水も果汁も全く入れないのさえあったが、ぼくはゆるいのがすきだから、多めに水を入れた。種からグルテンが出るから、袋にいれて一緒に煮るといいと書いてあった。なるほどと思ってコーヒーのペーパーフィルター二つでくるんで入れた。煮ている間の時間はかかるけれど、翌日は勤労感謝の日だから、ゆっくり本を読んでいればいい。ガスレンジの前に椅子を置いて、スティーブ・ジョブズのすさまじい半生を書いた「iCon」を読みながら、ときどきアクをすくっていた。時間はかかるが手間は大したことはない。
 ちょっとゆるすぎたかなとおもったが、さすがに眠くなって寝ることにした。
翌朝、冷えたステンレスの鍋の蓋をとると、ほどよいゆるさだぞ。やはり種のグルテンが効いたらしい。
空は青い。太陽は輝く。グラスに入れて柚子の葉を添えて屋上で記念撮影。

投稿者 玉井一匡 : November 29, 2005 07:59 AM | トラックバック
コメント

 コメント、おそくなってごめんなさい。上野は、北斎と吉村順三展ですね。ぼくも行ったんです。しかし、1:00から用事があったので9:30に北斎を目指したのですが、9:50くらいになってしまい。そのときにはもう70分待ちでした。じゃあ、北斎は明日の朝早起きして出直すことにして、先日一度は行ったのに、ゆっくりみられなかった吉村順三展にいきました。しかし、今朝はまた別の用事ができて、結局は北斎を見損ないました。いつだって行けたのに、大バカでした。
いや、マーマレードのはなしだった。おほめいただきありがとうございます。と素直にお礼を申し上げておきます。先ほどカミさんが柚子を植えたいというので、「柚子の大バカ18年」というのだと話したところです。

Posted by: 玉井一匡 : December 4, 2005 10:34 PM

玉井さん こんにちは。 本日 上野にて 展覧会2つ見た後、 谷中 千駄木経由で 帰ってきました。 カフェ杏奴で ホット一息いれたら ママさんが 玉井さん作の柚子「ママ」レードを チョットだけよ といって持ってきてくれました。
ん~ 美味しかったです。 それは大地と太陽の恵みがぎゅうっと 詰めこまれているような美味しさでした!!  

Posted by: いのうえ : December 3, 2005 09:59 PM

emaさん
コメントありがとうございます。なるほど、さすがに奈良の昼休みは風雅ですね。ぼくは柚子の大バカ18年と憶えていたので、早速googleで調べると、諸説あるようです。13年とかいてあるのもあるし、柚子でなくて梨だったりするのもあるようです。
 柚子の香りというのは、料理にしろお菓子にしろ、奥行きのあるものにしてくれるようで、日本の文化のよさのひとつだと、ぼくは思います。あからさまに主張するのでなくて、食べているときにふっと香りが通り過ぎてゆくように感じるせいではないでしょうか。
ところで、同じコメントがふたつ入っていたようなので、ひとつを消しておきました。

Posted by: 玉井一匡 : November 30, 2005 11:17 PM

”桃・栗、3年。 柿、8年。柚子の大ばか13年。”
と言われています。 こんな長い間、実を付けないのでしょうか。
今日、昼休み奈良の吉城園の紅葉を見てから、ランチで熱いお蕎麦を食べたら柚子が入っていました。七味より風味がGood。とっても贅沢な昼休みでした。
手作りマーマレードも、贅沢・・・。ぜひ、味わいたい一品です。

Posted by: ema : November 30, 2005 10:39 PM

真綿の橙でおせわになってから、もうすぐ1年になっちゃうのを思い出しました。その節はありがとうございました。 こんどの冬にも、真綿のお供えを飾ってくれることでしょう。http://myplace.mond.jp/myplace/archives/000115.html
マーマレードは、うまくできました。ヨーグルトにかけて毎朝たべています。生の柚子の皮の千切りを散らして、さらに絞り汁をかける、なんていう贅沢もできるぞ。

Posted by: 玉井一匡 : November 29, 2005 11:00 PM

おいしそうっ!青空を背景にすると、真夏の午前中のようです。
とはいえ、柚子の季節ですものね。風邪をひいたら、これをお湯で割って飲むと、イッパツで治りそうですね。

Posted by: some ori : November 29, 2005 02:42 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?