November 30, 2005

宮崎駿のインタビュー:ほぼ日


「ほぼ日」で、宮崎駿のインタビューが見られる。9回に分けてあるが、合わせて1時間ほどだ。糸井重里は「トトロ」でお父さん役をやったし、宮崎映画のコマーシャルも引き受けている。このインタビューは今年のヴェネチア映画祭の表彰式に行ったときの記者会見の映像だが、11月いっぱいで掲載が終わるということは、なんと、今日までで終わりなのだ。

 インタビューというのは、聞き手の力がとても重要だとぼくは思うのだが、日本の記者たちによる会見では、すぐれた質問のなされるのをきいたことがない。「海馬」で糸井重里がすぐれた聞き手であるのをひきたてるように、この記者会見も、ありふれた質問に満ちている。アニメオタクの質問よりはましだと思っているのかもしれないし、愚問にはなれているからかもしれないが、こどもたちの質問にするように丁寧に答えている。宮崎駿の発言は、無愛想といたずらっぽい笑顔との交錯する画像もともなって、とてもおもしろい。話しているそばから反省の弁が出て来るから記者もつっこみようがない。アニメーションをつくろうとすれば、何もかもすべての世界を自分たちで意識的につくらざるをえないから、批判すらみずからの世界に内包せずにはいられないのだろう。
 記者たちは知らないのかもしれない、彼らが言い出したわけではないのだが、pixarの話もでてくる。ぼくはスティーブ・ジョブズの「iCon」を読んだばかりだから、pixarのスタッフとジョブズとディズニーが繰り広げる「ビジネス」世界の血みどろと比べてしまう。ビジネスのことは鈴木敏夫にあずけて、みずからは職人たらんとして、決して儲かることのないけれども作りたいと思うアニメーションをジブリ美術館で上映している。もちろん、自分自身の中の世界を含めて、ジョブズとはまた別の世界で別の種類の血みどろがあるにはちがいない。しかし、そういう宮崎さんの話は、日本的なものつくりの世界のよさが感じ取れてホッとしつつ、この人を信じたいと思う。

投稿者 玉井一匡 : November 30, 2005 02:38 PM | トラックバック
コメント

 ぼくも、今朝の朝日の記事を読みました。pixar以外のディズニーのアニメが不振なんで、手描きからCGに移行するんだってありましたが、ディズニーの不振は、単なる技術や表現の形式の問題じゃなくて、ディズニーには宮崎駿もジョン・ラセターもいないってことなんだと思うけどな。 このインタビューで宮崎さんが言ってるように、実写映画にもアニメーション(CG)が導入されるようになってしまい、それだけにアニメーションは、実写には不可能なことをやって見せるってだけじゃあ勝負ができなくなったのでしょう。
CGに飽きるときも、きっと来るでしょう。宮崎さんは、最後の一軒の下駄屋になれば生き延びられるという言い方をしていますが。

Posted by: 玉井一匡 : November 30, 2005 08:23 PM

今日の朝刊の記事。
「チキンリトル」で、いよいよディズニーもフルCGによるアニメーションに移行したという話題が出ていて、手書きアニメに未来はないのか、という話題でした。関係者のへのインタビューもあって、「手書きアニメは滅びない。宮崎がいるじゃないか。」という答えも。

Posted by: fuRu : November 30, 2005 05:47 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?