December 22, 2005

皇帝ペンギン

 
 ギンレイホールで、記録映画「皇帝ペンギン」を見た。想像を絶する忍耐、存在の耐えられないかわいらしさ、親子の愛情。コミュニティ、高断熱、努力の非効率、それにひきかえエネルギー消費の高効率。いつもながら徹底した環境への適応。ことごとく胸を打たれる。
 南極という不毛の地で、もっとも厳しい気候である冬のさなかに卵を産み、メスはそれをつれあいに渡す。彼はそれを両足の甲の上にのせて、羽毛で包むようにして大切に大切にあたためる。そこから転げだすと、たちどころに卵は凍結して死んでしまうから、ひたすら立ち続ける。移動するときには両足のつま先を上げて卵が転がらないようにしながら踵だけで注意深くすこしずつ歩く。彼らは巣を作らない、持たない。なぜなら、体温の放出を減らすために、数えきれないほどのペンギンたちが文字通り身を寄せあっているからだ。もしもそれを真上から見たら、きっと蜂の巣のように一羽ずつが六角形になっているかもしれないなと思ったら、そういえばナレーションでは亀の甲羅がどうとかといっていたのを(字幕に依存して)思い出したが、そのことに違いない。ペンギンは直立するから、氷と接する面が少なくて、身を寄せ合うと互いの体が接する面が大きいのだ。中の方にいたらとても暖かいだろうが、周囲はさぞかし寒いだろうに、その入れ替えはどういうふうにしてされるのだろう。

 卵を抱えている間、父親は飲まず食わず、ただ両足の甲にのせた我が子を温め続ける。メスだってそのあいだ遊んでいるわけじゃない。卵を産んでオスにわたしたあと一列に並んで、海までの大移動をする。ここへ来るときが1回目でこれが2回目のMARCHE。目的は餌、孵化したときに子供たちに食べさせるためだ。走るメロスのごとく、母親たちはまた連れ立って長い旅をして戻り、数えきれないほどの仲間がいる中からちゃんと自分の子供をみつける。
 母親が帰るまでの間、父親ペンギンは体内に食べ物を蓄えているはずだし、母親も海から戻った後に、自分と子供の食料を体内に蓄えているのだ。食べ物を蓄積するシステムはどうなっているんだろうか、あの長い胴体も、それと関わりがあるにちがいない。
 原題を「LA MARCHE DE L'EMPEREUR」-皇帝の行進-という。産卵、メスの餌集め、雄の食料補給、長い行列をつくって決死の移動をする。わざわざ最も過酷な季節に卵を産み、冬眠もせずに立ちつくす。太陽の乏しい真冬に青々と葉を茂らせる彼岸花の偏屈を思い出すが、彼岸花は球根という食品庫を抱えている。しかし、それでもこうして繰り返すペンギンの生き方には訳があるはずだ。
 海からはなれた餌のない場所、最も寒い時期の産卵と子育てという選択は、天敵の少ない時期を選んだ結果にちがいない。だから戦う武器も逃げるすばやさももたない。命がけの大移動は大人たちだけで、卵から子供たちが孵るころには、温かくなって氷が溶け始めて海が見えて来る。次々と海に飛び込んでゆく。

ペンギンたちの至福のとき、豊穣の季節。初めて彼らが泳ぐ姿を動物園で見たとき、かくも自由に飛ぶことができるのかと、ぼくは感動した。彼らは、空でなく水の中という3次元を飛翔するのだ。冬の間ゴールキーパーだったペンギンは、夏には水の中を滑空するフォワードに変身する。苦難を耐えられるのも、この歓びがあるからなのだ。

投稿者 玉井一匡 : December 22, 2005 12:15 PM | トラックバック
コメント

 彼らの生態が、いったいどれほどの長い時間の末に作り上げられたものなのかを思いました。もしかしたらそれが、われわれ人間の100年、ことによるとたかだか数十年程度の生活の変化のおかげでもたらされる温暖化で台無しにされてしまうのかもしれないのですね。

Posted by: 玉井一匡 : December 30, 2005 11:48 AM

娘が借りてきた rental DVD で見ました。素晴らしかった。
神はこんな生物の仕掛けをも作りたもうたかと感動しました。人類もその生物の一環の中で生き死ぬということなのでありましょうか。

Posted by: AKi : December 29, 2005 07:15 PM

 旭川は日本でいちばん寒いところなんていう先入観があって、ほかのことに目が行かなかったけれど、家具のまちとは知りませんでした。北海道に行く機会があればぜひ行きたくなりました。

Posted by: 玉井一匡 : December 24, 2005 09:26 AM

おはようございます。

思わずペンギンに反応してしまい、トラックバックさせていただきました。

Akiさんがコメントしていらっしゃる「旭山動物園」7月に家族で行ってきました。

ペンギンは凄い人気で、「餌やり」の時間は注目の的です。

ピコピコみんなで体を揺らして行進している様子は本当にたまりませんよね。昨日オーストラリアから帰ってくる飛行機の中でディズニーアニメ「マダカスカル」を見たんですが、これもキーキャラクターとして憎たらしくも賢い4人組のペンギンが出ていて見ている人の笑いを誘っていました。

「旭山動物園」是非いってみてください。
旭川は「家具」の町でもありますから何かと楽しいところですよ。

Posted by: osm : December 24, 2005 08:00 AM

 旭川でも卵を産んで育てるんですね。テレビの放映が見られなかったのは残念です。このごろ、いろんなことが分かるようになると、ぼくたちが子供時代に行っていたころの動物園では動物たちの生き方のほんの一部しか見ていなかったんだなということを痛感します。
この映画は、寒いこの季節に見るとリアリティもひときわです。

Posted by: 玉井一匡 : December 23, 2005 03:12 PM

この映画も見たいと思っていました。

旭川の旭山動物園にはペンギン館があって、水中トンネルで、ペンギンが水中を飛行するのが見られるようです。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/asahiyamazoo/sc02.html

Posted by: AKi : December 23, 2005 10:43 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?