December 24, 2005

桑原弘明展 SCOPE

scopecartain.JPG
 ギャラリーに着いたけれど、ドアから2、3mほどのところに黒いカーテンが引いてある。今日は休みなのだろうか?しかし、記名帳が置いてあるぞと思っていると、にこやかに女の人が入ってきて会釈をしながら黒いカーテンの端をすり抜けて行った。そりゃあ暗くしたいのはあたりまえだなと気づいて名前を書いて中に入った。一辺が7、8cmほどの真鍮とおぼしき小さな箱が6つほど、ひとつずつ台の上に載せてある。箱の正面に望遠鏡の接眼レンズのようなものがひとつと、他の面に4つほどのガラスの蓋のついた丸い穴がある。レンズから覗くと、ミニマグライトのような小さなライトを持った人が丸い穴から光を入れてくれる。光を入れる位置と方向を変えると、超広角レンズで見るような箱の中の世界の時刻が変わる。季節が変わる。そして世界が変わるのだ。

 この小さな空間は動かない。視点も視界も固定されている。つくりものなのに、実物がぼくたちにもたらす以上のものを感じさせるのはなぜなんだろうという疑問は帰り道のぼくにつきまとった。
あの黒いカーテンが始まりなのだ。まず、カーテンを引いてギャラリーの中に暗い大きな箱をつくる。その中に8cmの金属の筐。その筐の中に小さな部屋。その奥にもっと小さな窓。窓の外には空がある。空には星が光る。限りない宇宙もこの筐の中にある。暗くすることで、ぼくたちの目はわずかな光も感じ取るようになる。小さくするることで、ぼくたちの注意力のすべてが数センチの範囲に注ぎ込まれ、注意力の密度が高められる。
桑原さんにうかがった話を思い出した。

 見る側と作る側に同じことが起きるのだ。
「やはり実体顕微鏡(両目で見る顕微鏡)もお使いになるんですか」
「ええ、部品をつくるときは実体顕微鏡を使うんですが、それを組み立てるときにはこうやって」
と、桑原さんは片目にレンズを取り付ける動作をしてみせる。昔の時計屋さんのように、眼窩にはめ込むレンズだ。なんと呼ぶのか分からないので、あとで調べると、アイルーペというのだった。
「こういうのもあるでしょ」と、ぼくはサンバイザーのような両目につけるルーペのしぐさをする。
「組み立てるときは、なぜか、片目じゃないとだめなんですよ」
「そうなんですか」
 たとえばICのような小さなものを組み立てるときには顕微鏡で覗きながら作業すると、それに応じた精度で人間の手は動かすことができる。そのことを、ぼくはとても不思議なことだと思っていたが、それと同じことなのだ。筐の中を見る時と同じように、作るときにも小さな範囲に限定すればそこにすべての注意力を集中することができるのだ。ところが組み立てるときには片目のルーペで見ながらでないと駄目だというのは、ちょうど杉本博司がニューヨークの自然史博物館のジオラマを片目で見たというのと同じじゃないか。部分を作る時には事実を両目で見た方がやりやすいけれど、想像力を駆使して世界を作ってゆく時には片目で見るのがいいのだ。液晶ディスプレイで写真を撮るときにも片目で見る方がいいのかもしれないぞ。
 
君好みだよと秋山さんから二度も電話をいただいた。ぼくもみんなに知らせたいが、もう今日で終わる。毎年12月に、このスパンアートギャラリーギャラリー椿とで交互に個展を開いてきたが、来年は今までのものをみんな展示するという。「12月になったら思い出してください」。
「スコープ少年の不思議な旅」をバッグに入れて「来年の手帳に書いておきますよ」といって外に出た。

投稿者 玉井一匡 : December 24, 2005 08:08 AM | トラックバック
コメント

masaさん、おめでとうございます。あなたのおかげで、ぼくも自分の界隈を広げることができました。桑原さんのscopeは、masaさんのスタイルをモノに変えて表現したようなものかもしれない。
「ほらここだよ、見てごらん」といって、世界を魅力的に見る視点を教えてくれます。あなたがこのエントリーにコメントを書いてくださったのは、意識的であれ無意識であれ、そういうわけだったのだろうと思います。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2006 07:23 PM

明けましておめでとうございます。ここでご挨拶するのは適当ではないと思いますが、ものの見方、それは物理的には両目での見方であったり片目での見方であったり、レンズや筒を通したりするわけですが、そんなことに着目するキッカケを玉井さんとの交流から得たことから、ここで、コメントがてら新年のご挨拶をさせていただくことにしました。また、とても重要なことですが、とかく忘れがちにはる「心での見方」を忘れてはいけないこと…。以後、必ず、これを心します。

Posted by: masa : January 1, 2006 03:28 AM

neonさん、masaさんのところではどうも。
iBookをつれて新潟に行ったのですが、電源アダプターを忘れて電池がなくなって、おそくなってしまいました。コメントありがとうございます。
あの小さな筐に空まで入っている。・・・ぼくは、完結した小さな世界というものが、これに限らず好きなんです。賛成してくださる人はたくさんいらっしゃるとおもいますが。
今から来年の12月を楽しみにつつ、懐中電灯を持つ人がたくさん必要だろうなと、よけいな心配をしています。ぼくは、もう来年の手帳に書き込みました。

Posted by: 玉井一匡 : December 27, 2005 11:27 AM

玉井先生
こんにちは、masaさんのブログから来ましたneonです。先生のHP,ブログ、お気に入りにいれて度々拝見しておりました。門外漢がコメントするのは大変身の程しらずと存じますが、
桑原さんの話題でしたので、つい失礼いたしました。あのカーテンの中の世界に入る体験は、本当に不可思議なものですね。私はなにより、筺の中の透き通った空の色が忘れられません。来年は過去の作品を一挙に見られるんですね!今から楽しみです。

Posted by: neon : December 25, 2005 04:13 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?