January 11, 2006

カメラ当てクイズの賞品:ノギス


 宅配便が届いた。秋山さんの新カメラ当てクイズの賞品である。告知メールが一足先に届いていたので、何が来るか楽しみにしていたのだが、今日のaKi'sStocktakingに登場したグレイのノギスだった。
ぼくとFURUさんが当選したが、ふたりともGRがうらやましく悔しいひとである。同じリコーの、FURUさんはGX8、ぼくはGXを、昨年の秋に買った。GRは発表されていたがまだ発売にはなっていないことを理由にして自分に諦めさせた。ぼくのはKAWAさんと同じ、1年前だったら70,000円だったものがGX8が発売されて型落ちになって26,000円というお買い得だった。ぼくは21mmのコンバーターも買わずにこれっきりだから、お買い得感はだれにも負けない。マクロで1cmまで近づけるクローズアップ能力、28mm相当の広角3倍ズームというスペックだ。
 というわけで、このカメラとノギスを組み合わせて写真を撮ることにした。内寸を計るがわを被写体とレンズの胴の先端に合わせて、ノギスの梱包されていたケースを1cmからクローズアップした。左のように置いたノギスにカメラのレンズを合わせて1cmから撮ったのが右の写真。うーむ、ロシア構成派のような色使いだぞ。ノギスという道具は、計測する位置と表示されるところが妙に離れて屈折している不思議さが、ぼくはすきだ。回転目盛つきだとなおさらだ。

投稿者 玉井一匡 : January 11, 2006 04:32 PM | トラックバック
コメント

fuRuさん  だから、秋山さんに先をこされてもしょうがないと思っちゃいます。
ぼくだったらズームがなくてもいいファインダーもなくていい、でもね、秋山さんの聞いていない、ここだけの話だけれど、液晶ディスプレイの手前に折りたたみ式の箱をつけて、桑原さんのSCOPEのようにレンズの向こう側の世界がみられるようにできたらいいなと思います。

Posted by: 玉井一匡 : January 14, 2006 03:20 AM

僕のところにも届きました。
実物を見ての第一印象は
思ったよりもずーっと小さくて
華奢な、と思わせるくらい線の細いかわいらしさを持った道具だということです。
こういう可愛らしい道具を
秋山さんはホント、よく見つけてこられますよね。

Posted by: fuRu : January 12, 2006 05:35 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?