April 06, 2006

I love カメレオン:Tokyo Jungle


 先日、masaさんを誘惑して、麻布の谷戸と思いがけぬジャングルをめぐったことはkai-wai散策の「麻布ジャングル冒険記」にくわしい。途中、爬虫類の入った水槽をならべた店を見つけた。ぼくは爬虫類は苦手なんだと腰の引けるmasaさんにちょっとごめんなさいを言いながら箱に近づくと・・・・ゲッコーという名前が多い。ゲッコーとはgecko:ヤモリのことだが日本のそれとくらべればずっと大きくて20cmほどもあるけれど、これをいやがってたら南方では暮らせないからヤモリは大丈夫になったんだと、masaさんは気を取りなおす。トカゲにはまぶたがあるがヤモリにはなくて、当たり前だが瞬きをしないんだそうだ。
奥の上の段に1匹だけ、カメレオンがいた。・・・・・・・美しい。masaさんはカメレオンも好きだという。なんだ、けっこう好きなんじゃないか。これはエボシカメレオンというのだがマダガスカルからもらったので、手放すわけにはいかないんだそうだ。部屋に置いた観葉植物にカメレオンをとまらせておいたら面白いいだろうと、ぼくは前からあこがれている。かつて指に掴まらせてみたら、その感触がとてもよかった。

餌はなにをやるんですか?  コウロギをやります。
何匹くらい?  一日に1匹です。
えっ、そんなものですむんだ。何年ぐらい生きるんですか?  10年ぐらい生きますよ。
名前呼んだら来ます?  カメは来ますけど、カメレオンはそこまではしないですね。
おなか空くと、近づいて来たりして?  こっちの方をむいて、舌を伸ばしたりします。
ほかの箱は、床に砂や何かが入れてあるのに、なぜカメレオンには何も入ってなんですか?  カメレオンは水をかけてやるんで、床には何もなくしておかないと、汚ならしくなるんです。
ぼくは10年くらい前にグリーンイグアナを飼ってたんだけど、死んじゃってから、あれよりかわいい奴に会ったことないんだよ。でも、イグアナにかわいいのとそうでないのがいるっていう話をしても、なかなかわかってもらえないんだよね。   そうなんですよ。見てると分かるようになるんですよね。
かわいいなあ。  写真とっていいですよ。ストロボさえつけなければ大丈夫です。
もし、これを売ってもらえるとしたら、いくらくらいなんですか?とmasaさん  3万円くらいです。
へえ、このかわいらしさの割からすれば安いなあ。ワシントン条約はクリアしてるの?  もちろん。
また来ますね。  いつでも寄ってください。

出がけに確認すると、店の名は「TOKYO JUNGLE」とあった。
インターネットでカメレオンをさがすと、こんなサイトがある。
爬虫類の好きな人は、いるもんだと感心した。

投稿者 玉井一匡 : April 6, 2006 11:00 PM | トラックバック
コメント

kawaさん  ああいうところに大笑いの写真を載せるというひとも、滅多にいないかもしれない。
kawaさんは真顔で怒られても気にしないでしょ。そんなことで怒る奴に気に入ってもらわなくてもいいと思っているだろうから。
ぼくも、ブログで政治的な信条などをあきらかにしてしまうけれど、それをいやだと思うひとはつきあってくれなくてもいいさ、でも立場は違うけど面白いじゃないかと思ってくれるひとなら歓迎、ぼくも相手に対してそう考えるでしょう。
もちろんぼくは大笑いの写真を載せるようなひと、好きです。お前もやるかって聞かれると、やらないような気がする。自分が大笑いしてる写真て、見たことがないかもしれない。

Posted by: 玉井一匡 : April 11, 2006 01:58 AM

顔写真を出せと言われた時は、いつも随分前に撮ってもらった大笑いをしている写真を使っている。他所のHPに載せる時、何ケ所かで不真面目だと真顔で怒られた。
玉井さんの所にいる頃、外構計画か何かのパースに何度かコモドドドラゴンやイグアナを散歩させている絵を描いた。玉井さんは何も言わなかったけれど、向こうの担当者は変な顔をしていた事があった。
最近になって世の中、玉井さんみたいな人ばかりでないことに、いやむしろ非常に稀なことだと気が付いて来た。
イグアナを飼っていた頃はのぞきに行くと、事務所は本当にジャングルの様だった。その時に気付くべきだったのかな。

Posted by: kawa : April 10, 2006 11:23 PM

cenさん  近くまで行きながらLOVEGARDENにうかがえず、残念でした。かわいいですよね、このカメレオン。LOVEGARDENに温室ができたら、カメレオンを住ませたらかっこいいぞ。この店の主は、こいつを気に入っているので、とても売るわけにはゆかないというのです。Tシャツをたくさん入荷したのに、何のかんのと理由をつけて売らずにすまそうとしているひとがいるのを思い出しました。そういう人好きなんです、わたし。

Posted by: 玉井一匡 : April 8, 2006 12:35 AM

fuRuさん  サンショウウオってのは、まさかオオサンショウウオではないんしょ。トウキョウサンショウウオのようなものなんでしょうね。あれはちょうどイモリくらいのおおきさだから、丸焼きでもたべやすいでしょう。トウキョウサンショウウオは、3年ほど毎年のように卵を買って来て孵化させたことがあります。近くのペトショップで売っていました。数十匹が孵って、3〜4センチまで育つのですが、それから先が難しくて、放流しようと思いながら、時期を失して、いつのまにかいなくなってしまいました。

Posted by: 玉井一匡 : April 7, 2006 07:53 PM

みなさま、今日は外出してコメント遅くなりました。
iGaさん  赤黒金魚ってすごい名前ですね。なんだか子供らしい呼び方でいいな。お祖父さまのたべちゃった金魚の祟りってのはおそろしいですね。思い出しましたが、ぼくは記憶に残っていませんが、小さい頃に金魚鉢から金魚を食べちゃったそうです。祟りはもう終わったのだと考えたいですね。あれかな、それともあっちかな。

Posted by: 玉井一匡 : April 7, 2006 07:47 PM

お久しぶりです。
このカメレオン、かなりすごいです!
きっと、なにか考えてますね、にんげん共の愚考を…なんて(笑)
あまりに神々しくて、、、美しすぎます!

Posted by: cen : April 7, 2006 05:56 PM

いもりはともかく
サンショウウオは日光方面にゆくと
道ばたで黒焼き(串に刺した姿焼き)を売っているのをよく見かけますね。
奥日光の温泉では夕食の一品として出てきたことがあります。
ちなみに、僕はワニも食べたことがあります。
アフリカ料理でした。
(その時は象も食べた)

Posted by: fuRu : April 7, 2006 12:32 PM

小学生の頃、子供の間ではイモリを赤黒金魚とよんでました。水中メガネでイモリの泳ぐ様を下から見て面白がっていましたね。(これは八王子)
そういえば母方の祖父は時々、家の池から亀を捕まえて食べていたそうです。亀仙人の祟りかは定かではありませんが、私の長兄はその池の桟橋から落ちて亡くなってます。母の話では池に落ちたのは2度目だったと云うことで、やはり亀仙人に引きずり込まれたのかも。(これは足立に住んでいた頃の話で、私の生まれる2年前のことです。)

Posted by: iGa : April 7, 2006 09:58 AM

わきたさん  ぼくも、イモリは食べたことはありません。ぼくがコメントに貼付けたサイトの説明によれば、自分が食べるのではなくて、あいてに食べさせたり、振りかけるだけでいいんだそうですよ。自分の力を買えるのではなく、相手との関係を買えるというところは、生物的であるよりも、かなり環境社会学的ではありませんか。

Posted by: 玉井一匡 : April 7, 2006 09:41 AM

玉井さん。イモリの黒焼きって、いわゆる「媚薬」の類ですよね~。残念ながら、食べたことはありません。玉井さんは、ご経験があるのですか?・・・なんてね(^^;)。私はワニも食べたことがありませんが、おそらくは、同じ爬虫類であるカメに似た味なのではないかと思っています。こんど試してみますね。

Posted by: わきた・けんいち : April 7, 2006 03:06 AM

わきたさん  イモリの黒焼きを食べていらっしゃるんですか。上野に黒焼屋っていうのががありましたが、いまはどうなっているのかなあ。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/taitou-imamukasi/ueno-hirokouji.html
コインロッカーベイビーズに出てくる女の子が浴槽でワニを飼っているのがかっこいいなと思ったものですが、先日は神楽坂のアフリカ料理屋で、ぼくはワニを食べました。淡白な、魚でいえば白身の魚のような肉でした。食べちゃいたいほどかわいいってやつかなあ。
http://www.tribes.jp/index.php

Posted by: 玉井一匡 : April 7, 2006 02:22 AM

masaさん  こちらこそ知的好奇心を存分に刺激される探検をお膳立てしていただいて、ありがとうございました。麻布に残されたあの長屋まちは、奇跡的です。あのばかばかしい上ぶくれの「お邪魔ンション」に使った金のごく一部があれば、板張りのすてきな長屋まちができるだろうに。

Posted by: 玉井一匡 : April 7, 2006 02:10 AM

masaさんが、爬虫類も両生類も苦手だとははじめて知りました。そうなんです~!!私は、特に好きというほどのことはありませんが、触るのはまったく問題ありません(時々、食べちゃいますしね…なんて発言は問題か)。ところで、なんだか動物が続いていますね~。馬、小鳥、タヌキ、そしてこんどはカメレオンですね。カメレオン、お世話には注意が必要なようですね。

Posted by: わきた・けんいち : April 7, 2006 01:36 AM

あっ、アイツだ! 玉井さんが、ケージから出たトカゲを撮ってらしたのは知ってましたが、カメレオンも撮ってらしたのですね。僕は、爬虫類も両生類も苦手ですので、玉井さんと一緒でなかったら、絶対に東京ジャングルに足を踏み入れていません。でも、恐る恐る入ってみて良かったです。カメレオンは以前から可愛いと思っていましたが、ここに居たヤツは色も淡く、ほんとに可愛く、性格も良さそうで…。3万円程度でゲットできるなら…なんて本気で考えています。また、玉井さんがナデナデなさってたトカゲも結構可愛いですね(^^; 玉井さんと歩くと、とんでもない趣味趣向に走ってしまいそうで、あ~ヤバいです(^^; が、ほんとうに面白い日を過ごすことができました。また遊んでくださいm(__)m

Posted by: masa : April 7, 2006 01:09 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?