June 23, 2006

ToshoCalcio-3

第3回中間発表/日本のグループリーグ終了:表をクリックすると拡大します。
日本チームのワールドカップは終わってしまいました。クロアアチアが1-0でリード、アレックスの一世一代のパスと玉田のシュートで1点を取った時には、「もしや」の期待で一瞬にして寝ぼけまなこが開きました。しかし、サッカー選手とは思えぬ体形と動きのロナウドに2点をとられ落胆、ほれぼれするようなジュニーニョの弾丸ロングシュートに降参。自在にまわされ時間つぶしに入られたころには、クロアチアも同点に追いつかれて万事休す。
 さて、トショカルチョ第一ステージが終了しました。現時点では日本チームと気持ちを共にしようとした人たちは心意気に殉じてポイント数で低迷、冷静に確率にしたがったひとたちはポイントを稼いで、kad3さんとMIROさんが5ポイントで1位、1ポイント差で4人の方が追走中です。

投稿者 玉井一匡 : June 23, 2006 01:17 PM | トラックバック
コメント

たしかに、ジダンが水を差したというけれど、川淵や中田の引退声明の方がよほど水を差しましたね。むしろ、意図的にワールドカップ敗退という事実から眼をそらそうとしたのでしょう。それでも、本大会の方が、ずっとおもしろかったな。

Posted by: 玉井一匡 : July 11, 2006 03:13 PM

1位になった方々、おめでとうございます。
しかし、決勝リーグの盛り上がりに水を差した、時を弁えない川淵発言と中田引退宣言、それに便乗するメディアは、レッドカードかイエローカードですね。


Posted by: iGa : July 10, 2006 10:09 AM

終わりましたね。
これで、WCモードから通常モードに戻ります。

Posted by: fuRu : July 10, 2006 09:16 AM

iGaさん おっとあぶない。今朝の結果をぼくはまだ知らないのですが、iGaさんのコメントうぃ読んでしまいそうになった。またのちほど。

Posted by: 玉井一匡 : July 6, 2006 07:16 AM

決勝はイタリアvsフランスに決まりましたね。
トショカルチョ第2ステージに残っている人も二人だけみたいですね。

Posted by: iGa : July 6, 2006 07:12 AM

早起きして、見てしまいました。
うーん、イタリアの底力。ゲルマン魂のお株を取ったみたいでありました。
それにしても、ベスト8からは各国の力の差は拮抗していますね。

Posted by: fuRu : July 5, 2006 10:55 AM

いやぁ〜、イタリア、リッピ監督の采配ズバリ的中ですね。
それにしても、ブッフォンもレーマンも凄い。
これで私も予想チーム全て敗退です。

Posted by: iGa : July 5, 2006 06:47 AM

さっき、NHKスペシャルを見ていたら、サントスで背番号10をつけている日系ブラジル人タバタ(だったかな)というのが、ワールドカップのブラジル代表に選ばれなかったので日本に帰化して、日本の「セレソン」を目指すんそうで、楽しみですね。城島に似たような表情で、なかなか性格も頭もよさそうな子でした。サントスの10番なら、期待できそうだが、どこのチームに入るんでしょうか。

Posted by: 玉井一匡 : July 2, 2006 11:39 PM

イングランドはランパードもジェラードも「平常心」を失っていたのかミドルシュートも精確さを欠いてましたね。そして懸念していた通りにルーニーの一発退場でトショカルチョの予想はもろくも崩れさりました。PK戦はそうしたチームの心理状況を映し出す鏡のようですね。
fuRuさんの推したウクライナのベスト8止まりという予想は的中しましたが、、、(^_^;)

Posted by: iGa : July 2, 2006 11:45 AM

なんと、予想していた上位三国がすべて去ってしまいました。
ブラジル戦は録画したのを今晩見てみましょう。
それにしても、フランスとイタリアが上り調子ですね。
でも、僕もiGaさん同様、ポルトガルを応援したいと思っています。

Posted by: fuRu : July 2, 2006 11:31 AM

ん〜「バロンドールの呪い」が的中ですね。まったく、ロナウジーニョは良いところのないまま去って行きました。それにしても、イングランドはポルトガルに勝てないし、ブラジルもフランスに勝てないと云うジンクス通りの結果ですね。。ポルトガルvsブラジルと云う試合も見たかったなぁ、残念!
ベスト4から南米勢が姿を消したので、ラテンの血が濃いポルトガルを応援することにしよう。

Posted by: iGa : July 2, 2006 10:08 AM

そうそう、現行のトショカルチョは第一ステージと第二ステージの時間があくので、次のオリンピックからはベスト8予想も入れようかという話が出ています。

Posted by: 玉井一匡 : July 2, 2006 03:37 AM

当たり前だけれど、そうやって、イングランドもいなくなりました。けれどもぼくは、デコを欠いたポルトガルを応援していました。それでも、ジェラードやランパードがPKをはずすとかわいそうになる。興味深いチームがこれだけ並ぶと、応援するチームがいなくなったてしまったり、顔合わせが変わったりするたびに、それどころか局面がかわるごとに浮気者になることを楽しむことができますね。
日本の試合とはちがって、試合運びや技術を冷静に見られるのがおもしろいし、そういう自分がまたおもしろい。サッカー通は、日本の試合でもこうやって、ゲームを冷静に見られるんでしょうね。

Posted by: 玉井一匡 : July 2, 2006 03:32 AM

おまけに、アルゼンチンもウクライナも去っていってしまいました。

Posted by: fuRu : July 1, 2006 02:58 PM

スペインがどうして負けたのかな、と思って
フランス戦を見ていたら
グループリーグで苦戦していたチームとは思えないような
みごとなまとまりを見せていました。
これだから、ワールドカップはわからないですね。
ポルトガルは、ひどいジャッジで痛手を被っているから
厳しい戦いになりそうですが、あとはどこが勝ちあがってもおかしくないから
試合はますます面白くなってゆきそうです。
明日からの再開に期待は高まりますね。

Posted by: fuRu : June 29, 2006 10:30 AM

あれは自称キャプテンの自己(ジーコ)責任逃れの計算ずくの記者会見ですね。
オシムが自称キャプテンの保身に利用されなければよいのですが、何となく旧古河電工系の人脈と云うのが気になります。抵抗勢力を排除する自称キャプテンの支配欲にうんざりですね。

Posted by: iGa : June 25, 2006 02:13 PM

osmさん ぼくも真剣でないというわけではないですよ。むしろ、真剣に神様の後押しが欲しくて、1000円のお賽銭を出したようなものです。強豪チームがみーんな残ったので、これからが面白い、むしろ結果よりサッカ−そのものを楽しめるというふうに気分を切り替えようと思っています。ところが、2位に日本を入れているぼくの気分は、なんだかトーナメントに一次リーグのイエローカードを持ち越してしまったような気分です。
 もうひとつ気分の切り替えは、次はosm、いやオシムが監督で反町がアシストという、弱小チームを育てた実績のふたりになりそうなので、どういうチームをつくるのか、もう、次が楽しみになってきました。
それにしても、使わずじまいだった小野がもったいないし、かわいそうだなあ。いちばん沈痛な表情だったような気がする。

Posted by: 玉井一匡 : June 25, 2006 08:18 AM

ベットをしていないにもかかわらず、皆さんの結果を検証し、物凄く気になっております。

tamさんの予想はともかく(笑)、皆さん真剣ですよね。

僕的には、日本がWCに出場していない時が、懐かしくもあり、気楽であったなと思います。
だって、ただただサッカーに魅せられていた時期であって、ナショナリティなどは微塵も感じていなくて、ジーコやマラドーナを追っかけているだけで幸せだったのですから・・・

アルゼンチンがもし優勝することがあるのならば、影のMVPはマラドーナです!と言いたい世代です。はい。

Posted by: osm : June 24, 2006 03:43 AM

 イタリアには、もうひとつ面白い要素がありますね。降格と、人によっては取り調べが待っているユベントスをはじめとする疑惑のチーム所属の連中は、監督をはじめ、できるだけ長くドイツにいたいだろうし、もし優勝すれば罪一等を減ずるってことになるかもしれない。それは、大きなモティベーションになるだろうから、イタリアはやるんじゃないでしょうか。

Posted by: 玉井一匡 : June 23, 2006 11:32 PM

僕は、3位までの予想チームが、それぞれ1位で決勝トーナメント進出を決めホッとしてます。それにしても何れも面白そうな組み合せですね。
イタリアとヒディンクのオーストラリアと云うのも日韓大会を引きずって因縁めいた試合ですね。イタリアはヒディンクには負けたくないだろうなぁ。

Posted by: iGa : June 23, 2006 10:48 PM

先ほど、困ったことを発見しました。
決勝トーナメントの組み合わせ順を間違えて予想していたみたいです。
イングランド一位通過、ブラジルも一位通過で予想すると、両者は決勝に行き着くまでに対戦することになります。ですから、僕のブラジル一位、イングランド二位というのはあり得ない結果だったんですね。
まいたなあ。

Posted by: fuRu : June 23, 2006 09:21 PM

この試合はともかく、そもそもオーストラリアごときに負けたのがいけないんだと、ことのほかくやしくて、メールで知らせて来たcrumplerの青と白ストライプのバッグ(Same Old Shit)は名前とはちがってきれいだなと思ったが、調べたらオーストラリア製なんだと知って急に嫌いになるという八つ当たり。
http://www.crumpler.com.au/home.php
さて、気をとりなおして、順当に強いチームが残ったトーナメントを楽しむことにします。

Posted by: 玉井一匡 : June 23, 2006 01:28 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?