July 22, 2006

デジカメの帰還


 小さな段ボールが宅急便で届けられた。こわれたカメラに保証書と保険の書類を添えて送ってくれという「カメラのミツバ」からの指示に従い、リコーのカプリオGXを買った時の箱に入れて送った。その同じ箱が帰って来たのだ。あけてみると、ぼくが送ったカメラだった。割れた液晶モニターが交換され、周囲の枠の凹んだ部分もなおっている。修理できない場合には、買った金額の90%のお金が振り込まれるという、保険の規定だったから、そうなるのだろうと思っていたので予想外のことだった。
すっかりそのつもりになっていたから、どのカメラにしようかと、あれこれ見てまわったのだがこれという決定的なデジカメがなかなか見つからない。

コダックのV570が第一候補だったのに、いまひとつ性能に不満があるなと思っているうちに、いつのまにか「生産完了」として、秋葉原のヨドバシカメラからさえ、すっかり消え去った。リコーのCaplioR4も魅力的だが、デザインにちょっと不満がある。こうして見るとGXも悪くないなとも思ったが、だからといって後継機種のGX8にするのも芸がないなと思いつつ、保険がどういうことになるか待っていた。「じゃあ、後継機種が決まるまでこれを使ったら」とmasaさんが以前に使っていたカメラを貸してくださった。これもなかなかいいな、なんて思っていたところだった。
リコーのいまどき、ちゃんと修理してくれたことがうれしかったし、「愛情が足りないんじゃないの」とAKiさんに言われたのにもちょっと反省していた。こんどはもっとかわいがってやろうと思う。
 しかし、今週には、iBookがとうとう立ちあがらなくなり、Appleストアに連れて行ったら5万円弱の修理費がかかると言われた。病弱なやつだった。修理費は最後の18000円ほどだけ払ったが、保証でカバーされた修理費は購入価格をはるかに超えた。
「うちのは一度もこわれたことがない、これも使い方に問題があるよ」ともいわれた。しかし、3年半の間、350日は一緒に連れ歩いてよく働いてくれた。いまもまだ、ぼくの机に載っている。

投稿者 玉井一匡 : July 22, 2006 07:37 PM | トラックバック
コメント

fuRuさん おれはiBookをいつもつれているからコンパクトデジカメで押していくぞときめているのですが、fuRuさんのエントリーを読み値段を見てちょっと心が動きました。明るいところじゃあ液晶は見にくいし、一眼なら被写界深度も見られる、ほんとは24ミリが好きだし、ゆがみもすくないんだろうなとね。しかし、まずは生還したGXをかわいがってやります。

Posted by: 玉井一匡 : July 24, 2006 10:52 PM

あらら、新しいデジカメとは ならなかったようですね。
おめでとうございます、です。
新しく買うというワクワク感こそどこかに行ってしまいましたが
直して使うというのは、本来あるべき姿ですよね。

と、書きながら
「でじいち」も良いですよ、と何気なく書き込んでみる。

Posted by: fuRu : July 24, 2006 10:20 PM

残念だったのでしょうか、よかったのでしょうか。ぼくは、よかったと思いましたが。

Posted by: 玉井一匡 : July 24, 2006 12:05 PM

あは、iBook の故障は間違いでありました。.....ちょっとした、うっかりでありました。AppleCare の権利を享受すべく.....はりきっていたのですが、残念。

Posted by: AKi : July 24, 2006 11:33 AM

AKiさん おかえりなさい。期待していなかっただけに、いまどき、こんなになったやつを治そうとしてくれたということに、ちょっとジーンとしました。後ろの箱ごと液晶を交換したのだろうと、はじめは思いましたが、汚れが残っているところを見ると、凹んだところは叩き出したようにも思えます。ボディはアルミ合金だそうです。もしも気に入ったカメラがあったら、それを買ってしまっていたでしょう。とにかく、こんどはもう少し大事にしてやります。
ところで、とうとうiBookの病気が来ましたか。お大事に。

Posted by: 玉井一匡 : July 24, 2006 12:28 AM

あんな酷い壊れ方をしていたのに、直しちゃったなんてリコーは偉いですね。
めでたい。
僕の iBook G4 のバックライトが切れたと思われます。初めての故障ですが、AppleCare の有効期間3年の内だから、大丈夫と思います。

Posted by: AKi : July 23, 2006 11:51 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?