October 24, 2006

The Little Girl Giant

  まず、写真をクリックしてみてください。友人、石上が送ってくれたもので、彼もまた友人から送られたメールで知ったものです。
Little Girl Giantというタイトルそのものが逆説的だが、このムービーの内容は技術の逆説がたまらなく面白い。人間の技術は人間の能力を拡大することにある。その大部分が、身体の能力を対象にしたもので、できるだけ少ない力でできるだけ沢山のものを生産する、沢山のものを移動する、地球の向こう側の音を聞く、空を飛ぶ。そして、とうとう指一本を動かせば何十万何百万の人間を殺すことができるようになった。破壊と殺戮のために洗練させた技術は、つかうことができない莫大な無駄だ。

 ところで、このビデオだが、あやつり人形を巨大にしてクレーンをつかって人間がうごかす。しかし、人形を制御するには、コンピューターをつかわない。人間の身体を制御する臓器である脳の能力を拡大する技術、コンピューターは、いま、あらゆる機械の上に立って支配しているけれど、それを排除するという不合理な条件をもうけながら、巨大で力持ちだが、このうえなく不器用な手であるクレーンの助けだけを借りて、たくさんの糸と多くの人間の手で巨大な人形を動かすのだ。
 テクノロジーとスキルをむだに費やしているのかもしれない。これはお祭りなのだ。「お祭り」と「戦争」は、むかしから現在まで続けられて来た無駄の双璧というべきものだ。しかし、滅亡を約束する核兵器の無駄、戦争の無駄とくらべると、祭りの無駄はいかにゆたかなものであることか。

追記1:Chinchiko Papaのコメントにある「ガブ」の説明はこのサイトにあります
追記2:コメントをくださったkadoorie-aveさんも、Blog「ONE DAY」に、この人形のことをエントリーしてくださった。
「The Sultan's Elephant」について、つぎのサイトにリンクされている。
*wikipediaの記事
*The Sultan's Elephantホームページ

投稿者 玉井一匡 : October 24, 2006 07:14 AM
コメント

kadoorie-aveさん 気に入ってくださって、うれしいです。みんなでどんどん紹介して気に入っちゃう人が増えれば、日本にも行こうかって思ってくれるんじゃないでしょうか。kadoorie-aveさんの調べてくださったサイトを見たら、韓国には来てるようですね。なんで日本に来なかったんでしょう。道路交通法とか、つまらないことが邪魔したのかもしれませんね。来日要請のメールを書きましょうか。

Posted by: 玉井一匡 : November 12, 2006 07:36 PM

どうにも気に入ってしまったので、私のブログでも紹介させていただきました。
HPもあるんですね。日本にも来たらすごいのに。

Posted by: kadoorie-ave : November 12, 2006 05:30 PM

ご自分で人形もつくっちゃうkadoorie-aveさんには、またとくべつの感慨がおありでしょう。人形をつくっていると、きっとどこかで、モノからいのちをもったものに変わる瞬間があるのでしょうね。これを見ると、目覚めるときの変化が、ぼくたちにもそれを共有させてくれるような気がします。
シャワーをあびるときの気持ちよさそうな表情としぐさもかわいいですね。おっしゃるように、こういうことを考えつくるっていうこと、ほんとにすてきなことですね。考えた人と話したいものです。が、何語なんだろう。
ところでお気づきかもしれませんが、このサイトには、このシリーズのものが、いくつか並んでいます。この子にシャワーをかける象を撮ったものもありますが、それもすごい。

Posted by: 玉井一匡 : November 8, 2006 12:21 PM

女の子の自然でなめらかな動きに吃驚です。この世界を、目覚めたばかりの新鮮な目で、ものめずらしそうに眺める様子に心惹かれました。なかなかもののいい靴を穿いているんですね。それにしても、どうしてこんな素敵なことを思いつくのでしょう。思いついて実行するのでしょう♪映像だけサラリと見たので、詳しいことがわかりませんが...。

Posted by: kadoorie-ave : November 8, 2006 11:45 AM

Chinchiko Papaさま もしも一体を手に入れたあかつきには、ぼくは靴をはかせる従者をやらせてください。キャンディになりたいなんて言ったら変態と言われそうだから。しかし、従者がことごとく男だったり、この子がペロリと舐めるキャンディが舌と同じいろ同じ形だったり、ちょっとあやしい雰囲気が漂っていますね。ガブにも美しい女が猫になってぺろりと行灯の油をなめるなんていうのがありそうですが、ガブというのは顔が変わるだけでなくて世界の転換のしかけなんでしょうね。
シャワーを浴びるときに、象が鼻から水を噴き出すのも、凝った演出ですね。

Posted by: 玉井一匡 : October 25, 2006 02:09 PM

この女の子、とってもいいですね。赤い靴をはかせるところがなんとも・・・。
頬が割れてアイスキャンデーをなめるところなど、どことなく文楽のガブに似て、
一体欲しくなってしまいました。(汗)

Posted by: Chinchiko Papa : October 25, 2006 11:58 AM