December 27, 2006

「わがやのお雑煮大会」へのおさそい


「おにぎりとおむすび」のエントリーで、映画「かもめ食堂」と、「おにぎり」あるいは「おむすび」という呼び方について書いてから、もう1週間以上が経ってしまいました。そこにわきたさんの書き込んで下さったコメントで、地方によって呼び名や形が違うという指摘がありました。そこから、雑煮も地方によってさまざまな材料と形があるという話題に移って行きました。
 お雑煮は行事料理なので今でも地方色が残され、古くからの地名と同じように歴史を読み取ることのできる資料となっています。しかし、現代の社会では、しごとや結婚による移動が増え、それぞれに生まれた場所と生活する場所、さらには親や祖父母の出身地などがお雑煮の形式に反映しつつ混じり合うようになっているのではないでしょうか。今からさらに時が経てば、雑煮そのものの交雑がすすみ、歴史資料としての雑煮の性格が曖昧になるでしょう。
 そこで、アースダイバーの主犯の諸氏と語らい、正月に同時多発エントリーを呼びかけようということになりました。

masaさんが「わがやの雑煮バトル大会」と名付けて下さりましたが、正月早々にはおだやかに過ごすべく、バトルをはずして「わがやのお雑煮大会」とさせていただきました。アースダイビング大会参加者、当ブログにコメントをくださるブロガーにメールをお送りし、それぞれのブログにて「わがやの雑煮」についてエントリーしてくださるよう参加を呼びかけます。さらに、それをお受け取りになった方からも、多くの方に呼びかけて下さるようおねがいします。材料や心構えの準備もあることでしょうから、多少の余裕をもって、本日、これをエントリーします。
上記の趣旨にもとづく企てですから、写真を含め、どのようなお雑煮を召し上がったのかということに加えて、それに影響をおよぼしたであろうご家族の出身地やお住まいの場所についてのご説明をお加えください。
かくして、2007年正月、雑煮についてのブログ横断一大新年会となり、さらに、お雑煮データベースができることを期待しましょう。
 なお、スパムトラックバック対策のため、現在はこのブログのトラックバックはとめてありますが、正月までに再開させます。・・・・・と書いたのに、うまくいかなくて、トラックバックはできないままです。ごめんなさい。

投稿者 玉井一匡 : December 27, 2006 02:00 PM
コメント

yasu-kさん ようこそ。今後も、コメントどんどん書いてください。

Posted by: 玉井一匡 : January 2, 2007 02:37 AM

突然お邪魔いたします。Aki先生からお誘い頂き、"お雑煮大会"に参加させていただいております。楽しげな企画ですね、これからもお邪魔いたします(m_m)。

Posted by: yasu-k : January 2, 2007 12:33 AM

wakkykenさん たしかに、お会いしたのはまだ2回にすぎないのに、ずいぶん身近に感じられるようになってしまいました。長文のコメントを、ありがとうございました。ついつい曖昧なところに安住してしまいそうになると、あれがお尻をたたいてくれました。ことしも長文コメント歓迎します。

Posted by: 玉井一匡 : December 31, 2006 11:07 PM

masaさん 駆け込みの年賀状を書いていたら、二年越しのコメントになっちゃいそうになりました。こちらこそ、いろいろお世話になりました。来年も、あちらこちら探検と発見にいきましょう。

Posted by: 玉井一匡 : December 31, 2006 11:01 PM

玉井さん、こんにちは。大阪は、僕の縄張りテリトリーではないんですよ~。GG-1さんは、ど真ん中ですからね!僕のばあいは、神戸だとか、奈良だとか、滋賀だとか、どちらかといえば周辺部ばかりですね(^^);;。さて、masaさんに引き続いて、ちょっとご挨拶を。今年は、あまりご一緒できませでしたが、いつもブログ上で嬉しい長文(隊長のいうところの掟破りですが・・・)のお返事をいただいていますので、「ご無沙汰しています」という感じがしません。来年もまた、よろしくお願いいたします。「わがやのお雑煮大会」楽しみにしています。

Posted by: わきた・けんいち : December 31, 2006 03:54 PM

玉井さん、このエントリーに書くのは相応しくないと思いますが、ご挨拶させていただきます。新潟にご一緒させていただき、過ごした日々が忘れられません。おかげさまで、菊を見つけると、おひたしにして食べる習慣もできました(^^; お雑煮にも入れてみようか?と思うくらいです(^^; 本年一年、本当にお世話になりました。ありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

Posted by: masa : December 31, 2006 01:10 PM

GG-1さん 大阪の雑煮は、わきたさんがオレの縄張りだとおっしゃりそうです。
雑煮という言葉からしても、もともと雑煮はごっちゃになるものかもしれません。
のんびり自由な正月を過ごせそうですね。よい年をお迎えください。

Posted by: 玉井一匡 : December 31, 2006 03:05 AM

お誘い有難うございます
しかしながら今年は帰省せずアパートのストーブの前で一人丸まって正月を過ごす予定ですので、エントリーが出来ませんので
メニューコメントで失礼します
先ず一日は白味噌のお雑煮です
具は焼かない丸餅・豆腐・大根・人参・小芋
二日目はおすまし
具は一日と同じですが丸餅は焼きます
三日目もおすまし
具は焼いた丸餅と三つ葉であります

記憶は定かではないので電話で確かめました
大阪地方の正統派風習ではなく
祖父の九州、祖母の香川、母の東京
これらがごっちゃになっているものと思われます

では
良いお年を

Posted by: GG-1 : December 29, 2006 04:51 PM

わきたさん おそくなってもうしわけありません。つながりましたよちゃんと。読みました。では、お雑煮をたのしみにしています。そうそう、お雑煮の支度をしなくちゃ。

Posted by: 玉井一匡 : December 29, 2006 02:38 AM

玉井さん、こんにちは。僕のブログは、teacup社のAutoPageを利用しています。そのAutoPageのサーバーが障害を発生させたらしく、1日つながらない状態が続きました。やっと昨晩に回復したのですが、それでもまだしっくりこないところがあり、今日の朝も、つながりにくい状況になってしまいました。さきほどチェックしたところ、やっと通常通りの動作に戻っていました。「わがやのお雑煮大会」という一大イベントの前に、困ったものです(^^;;。

Posted by: わきた・けんいち : December 28, 2006 10:27 AM

neonさん ありがとうございます。よろしくお願いします。

Posted by: 玉井一匡 : December 28, 2006 09:15 AM

chinchikopapaさん 去年だろうがおととしだろうが大歓迎です。というよりも、去年見なかったのは残念だなあ。いま、のぞいて見たいが、正月まで我慢します。

Posted by: 玉井一匡 : December 28, 2006 09:14 AM

玉井さん わかりました。
写真になると思いますが、鋭意努力いたします~。

Posted by: neon : December 28, 2006 07:30 AM

わきたさん なぜか、今日はわきたさんのサイトは開かないのですが。

Posted by: 玉井一匡 : December 28, 2006 04:03 AM

りりこさん どうもありがとうございます。すこしおくれてもかまいませんから、できれば写真入りでエントリーしてくださいな。ぼくも東京にいるときは、元旦は東京風。ちなみに、うちにいると、たいていはぼくが料理をしてしまいます。元旦は、たいていは年賀状と初詣で寝不足なのでてぬきしちゃうなあ。ことしは新潟にいますから、新潟風をしっかりつくって写真を添えてエントリーします。

Posted by: 玉井一匡 : December 28, 2006 04:01 AM

neonさん このごろ、文字化けしているといわれることがときどきあるのです。もうしわけありませんでした。なにもトップでなくてもいいですから、写真もアップしてくださいよ。ねおんさんだから絵かもしれませんが。

Posted by: 玉井一匡 : December 28, 2006 03:41 AM

some oriさん 久しぶりです。たしかに、どんなお雑煮を食べているかってことは、あまりご近所にたずねることもないし、想像もしないですね。なんとなく同じ物を食べているように思っていました。ことしは新潟にいますが、ご近所にお聞きしてみます。

Posted by: 玉井一匡 : December 28, 2006 03:35 AM

ikeさん ははは、新潟は米どころの意地というものでしょうか、雑煮だけは気合いが入るかもしれないですね。参加をたのしみにしています。

Posted by: 玉井一匡 : December 28, 2006 03:28 AM

お知らせ、ありがとうございます。
実は、同様の趣旨の「わが家の雑煮」記事と「わが家のお節」記事を、昨年と今年の正月につづけてアップしてしまいました。このような企画があるのなら、テーマを取っておけばよかったですね。(^^;
その記事からのTBということで、お茶にごししてもよろしいでしょうか?

Posted by: Chinchiko Papa : December 28, 2006 12:53 AM

りりこさん、うちはおだしは鰹節と干し椎茸です。ささみからも少し味が出ます。ももより油分が少ないので汁の濁りがすくないようですね。あと、塩、しょうゆ、みりん少々で味付けます。最近は白だしを使ったりして、ちょっと手抜きです。
私の実家は横浜ですが、母は東京は新橋烏森生まれなので、東京の味だと言っていました。でも、多少の違いはあるようですね。

Posted by: neon : December 27, 2006 11:21 PM

玉井さん、さっそくTBがわりに「わがやのお雑煮大会」を拙ブログでアップしました。

Posted by: わきた・けんいち : December 27, 2006 10:20 PM

年末から、実家の母のところへ行くので端末がありません。
実家は山梨の長坂町に越したのですが、地縁はないので、雑煮は知りません。

さきほどneonさんのコメント見てびっくり。
わたしも父母も東京生まれ東京育ちで、我が家の雑煮は東京風だと思っていたのですが、
うちは鶏ももでとった出汁で、塩中心でしょうゆひとたらしのつゆ、
焼いた角餅、梅形人参、むすび三つ葉、亀甲の生しいたけとゆがいた小松菜と絹さやです。
そこにゆずひとひら。
neonさんちの雑煮の出汁はなんでしょう?

Posted by: りりこ : December 27, 2006 09:40 PM

お誘いをありがとうございます。メールの方は何故か文字化けしておりましたが、こちらのエントリーでわかりました。
実は年頭に新しくHPサイトを起ちあげる予定でして、申し訳ありませんがそちらのほうをしばらくブログトップに持ってくることになりそうです。それで、揃わず大変すみませんが、一足早くこちらのコメントでだけ参加させていただいてよろしいでしょうか。。。?
我が家はまったくの東京風です。おすましに焼いた切り餅、ささみ、大根、人参、三つ葉、干し椎茸、手鞠麩、ゆず皮ひとひらが入ります。暮れに干し椎茸をたくさん水戻ししていると、良い香りがして、ああお正月だなという気がしてきます。
皆さんのエントリーを愉しみにしておりますね!

Posted by: neon : December 27, 2006 09:10 PM

玉井さん、こんにちは。ごぶさたしてます。お誘いメールありがとうございました。
お正月は帰省しますが、こりゃー、ボーっとしてられません。しっかと観察してエントリーします。

うちはTOKYOとKUMAMOTOのミックスなのですが、うちのが、他の熊本の家庭のものとどう違うのか、ずーーと疑問でした。
友人宅にお正月から伺うってありませんでしたものね。親戚間もほとんどなかったので、疑問に思いつつ、早ウン十年。

Posted by: some ori : December 27, 2006 03:42 PM

楽しげな企画ですね。雑煮だけは地味な名古屋より参加させていただきたいです。

Posted by: ike : December 27, 2006 03:31 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?