January 01, 2007

あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。ことしの元旦は、お雑煮大会のエントリーが控えているので、早々の年賀エントリー。
数年前のこと、本屋で見つけた「神々の里の形」という本を開いて、ぼくは唖然としてしまいました。(味岡伸太郎著・山本宏務写真、 この本、絶版になったようで、ぼくが買ったときには初版第一刷で3800円だったのが、amazonで12,000円もしています。)「苟くも民間芸術を談ずるの士は之を知らなければ恥」と柳田国男をして言わしめたと書いてありましたが、この祭りについてぼくはなにも知りませんでした。一月二日におこなわれる、愛知県北設楽郡東栄町古戸の花祭りで使われる衣装、飾り、面。それらの構成。そのどれをとっても、そういっては失礼なのを承知で言えば、これほどのものがこんな小さなまちで伝えられてきたということに奇跡的なできごとのように感じました。

 この年賀状の色とりどりは、祭りの中心の場をつくる「びゃっけ」とよばれる天蓋の写真です。本では見開きの2ページの写真で中央に綴じ代があってスキャンできないので、左の三分の一をスキャンして、さらにPHOTOSHOPでそれを反転したものを右と中央に並べて、3つを合成しました。これは「ひいな」つまりお雛さまが三体つながったもののようです。それが正方形をなすようにつなげて四面を囲んで一種の結界をつくり、そこに神を招くのです。人間と神と共有するMyPlaceというわけです。

 じつは、先日エントリーした「ペラペラダンサー」を見たときにぼくは、形代を、そして次にこの「びゃっけ」を思い出しました。本当は、色紙を切って自分でつくってみようと思っていたのですが時間が切迫してしまい、やむなく本の写真を加工することにして、その中に、「一陽来復」と「丁亥元旦」の文字を包みました。
よい年は、勝手にやってきてはくれそうもないから、力ずくで、今年をいい年にしてしまいましょう。

投稿者 玉井一匡 : January 1, 2007 12:25 AM
コメント

komachiさん おめでとうございます。コメントありがとうございます。そうだったんですか、うらやましいな。どうも今の日本の文化は、時の経過が洗練を生むことが少ないように思います。お祭りそのものはまだ見たことがありませんが、この本で知った洗練のほどには、おどろきました。来年あたり、komachiさんは行きそうですね。そういえば、komachiさんにお雑煮大会の参加要請をしなかったかもしれないな。残念なことをしました。
ことしもよろしく。

Posted by: 玉井一匡 : January 3, 2007 02:52 PM

玉井さん、おめでとうございます。偶然ですが、花祭りのこと、昨年30日にこれから見に行くという知人から知りました。「一度見るといい、日本にもまだこんなものがあるのかと必ず思うはず」と教えられました。

Posted by: komachi : January 3, 2007 02:19 PM

iGaさん このお祭りでつかわれるお面には朝鮮のお面に似たものがありますから、朝鮮とのつながりもきっとあるのでしょうね。さらにこの色は相撲の四本柱の色と同じように陰明五行説由来にちがいないでしょうね。上についている三角が雛の顔なのだそうです。このお祭りを一度見てみたいですね。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2007 09:31 PM

明けましておめでとうございます。
そうか、地鎮祭で四方に笹竹を立て縄を張って四手を垂らすのは、降神の為に結界を作っていたんだ。
家は地主が寺なもんで、仏式で地鎮祭をしましたが、垂らすのは四手でなく五色の紙でした。なんとなくこの天蓋(びゃっけ)も朝鮮半島にそのルーツがありそうに見えますね。

Posted by: iGa : January 1, 2007 03:11 PM

AKiさん おめでとうございます。どこかに新潟のお雑煮のことを書いた記憶があると、このサイトを探したのですが見つからないので、どこかのコメントに書いたのだろうと思っていましたが、be-eaterでしたか。そうですよね。
朝寝坊して、やっといま朝食を終えたところなので、これからエントリーしようとしているところです。ことしもよろしくお願いします。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2007 12:44 PM

明けましておめでとうございます。
きれいですね。千と千尋の.....の神様もペラペラでしたね。

お雑煮大会が楽しみですね。お雑煮の写真を撮らねば......と家内に話したら、昔、撮ってブログにのせたことがある.....ってなことなので、調べたらありました。Be-eater で2004年のお正月でしたが、それなりにコメント欄で盛り上がっておりました。

http://citrohan.sub.jp/be-eater/archives/000132.html

Posted by: AKi : January 1, 2007 08:06 AM

いのうえさん さっそくのコメントありがとうございます。この本は、ちょっと高かったから、ぼくはオヤジにプレゼントしました。オヤジ亡き今は、ぼくのもとにもどっています。とてもすてきな本だから、こんど杏奴でお貸ししましょうか。
ところで、ことしもよろしく。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2007 01:18 AM

明けましておめでとうございます!
鮮やかな色にビ、ビックリしました。 「力ずくで、今年をいい年に」 同感です。 今年も宜しくご指導くださいますよう。 

Posted by: いのうえ : January 1, 2007 12:36 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?