February 22, 2007

「ヒストリー・オブ・ラヴ」


「ヒストリー・オブ・ラヴ」:ニコール・クラウス著/村松潔訳/ 新潮社刊
 両親がとても好きだった小説の主人公の名をうけついだ14歳の少女、その小説「ヒストリー・オブ・ラヴ」、それをめぐるひとびとの物語。
作者はまだ30歳を過ぎたばかりの若い女のひとだが、とても、ひと筋縄ではゆかない小説だ。
 カギ括弧の中にまたカギ括弧があるのを読んでいるうちに、括弧というものが箱であるかのような空間的なイメージが浮かんできた。もともと括弧は文章の中に文章を入れ籠にする仕掛けなのだから、それが言葉を詰めた箱のように感じられるのはあたりまえのことかもしれないが、その入れ籠になった箱の一部がもとの箱からはみ出して、さらに次の箱をあけてみると、いつのまにか、また元の箱のなかにもどっているという具合なのだ。
 中に入っている小説を『ヒストリー・オブ・ラヴ』、それを容れたこの小説を「ヒストリー・オブ・ラブ」と書くことにしょう。『ヒストリー・オブ・ラヴ』は、かつてポーランドにいたユダヤ系の若者が描いた小説で、その著者や描かれた人々がアメリカに渡ってからの物語に14歳の少女たちが加わり広がってゆく物語が、この「ヒストリー・オブ・ラヴ」というわけだ。

 「ヒストリー・オブ・ラヴ」という箱を開けてみると、中には数冊の『ヒストリー・オブ・ラヴ』とその作者、その翻訳者、描かれ登場するひとびと、小説を愛する読者たち、それにひとりの少女とその家族と友だち、いくつかの時代、ポーランド・ニューヨーク・ペルーという空間、それらが丁寧に詰めこまれている。
 ぼくにこんな風に見えるのは、すでにこの本を読み終わったからであって、読んでいる間には、ぼく自身ももちろんこの箱の中に入りこんでいた。『ヒストリー・オブ・ラヴ』の中のある人が書いた死亡記事が、とても美しくて記憶に刻まれた。獄中で亡くなった文学者について、彼は文字に書かれていないことを書いたと讃えているくだりなのだ。「ペンギンの憂鬱」の主人公が死亡記事で生計を立てていたことや、網野善彦が「歴史はもっとも語りたいことを書かない」といったことなどをおもい浮かべた。うつくしいだけではなくて、あちらこちらに小さなぼんやりとした、けれども無駄ではない路地が張り巡らされていて、さまざまな記憶に導いてゆく。
 こういう風にして、この物語の箱のなかに入り込み、外に出ては、自分の持ち物をいっしょにならべたり詰め込んだりしている人たちが世界中に何万だか何十万もいるわけだ・・・20もの言葉に書き換えられて。そうやって、さらにもうひとつの箱の中に、この「ヒストリー・オブ・ラヴ」が詰め込まれているのだろう。そんなふうに、たったひとつの小説がことばたちだけでつくりだした場所を、世界中のたくさんの人たちが大切にしているのだということを思うと、もう一度なんだかゆたかな気分になった。

 日本語の世界にこの箱とその中身を組み立て直したのは村松潔さん。いうまでもなく、「さくらんぼのしっぽ」をお書きになったエマニュエルさんを日本に連れて来ちゃった人だ。「旅の終わりの音楽」という小説は、娘が見つけて来て、ぼくたちのすきな本のひとつになったが、それが村松さんの翻訳だということを、ぼくたちはあとになって知った。音楽のユニットの名称としたPsalmということばは、「旅の終わりの音楽」の原題「Psalm at Journey's End」からとったものだ。かなしいけれど、それだけに、とてもうつくしい小説だった。
村松さんの翻訳の「マジソン郡の橋」は、じつをいえばちょっと気恥ずかしくて、まだ読んでいないのだが、そろそろ読んでみようかという気になっている。

投稿者 玉井一匡 : February 22, 2007 02:00 AM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?