January 30, 2007

「不都合な真実」と「恐怖の存在」

   地球の温暖化に対してまったく違う立場をとっているこの2冊の本を、いずれ読もうと思いながら、ぼくはまだ読んでいないし、映画も見ていない。
しかし、MADCONNECTIONaki's STOCKTAKINGで「不都合な真実」のことが話題になっているのでコメントを書きかけたが、ちょっと長くなりそうなので自分でエントリーすることにした。
マイクル・クライトン( amazonと早川書房の表記はマイクル・クライトンだがwikipediaやNHKはマイケル・クライトン )は、「ジュラシックパーク」「アンドロメダ病原体」などで先端技術の問題点を指摘し、TVドラマ「ER」でアメリカの医療現場や社会の問題を指摘してきたが、そのクライトンがNHKの正月のインタビュー番組で、小説「恐怖の存在」について話した。彼によれば、CO2による地球の温暖化はコンピューターによる予測であり現実にはまだそれほど進行しているわけではないが、現実に深刻な事態になっている問題が他にも多い。だから、まずはその問題の解決に取りかかることが重要ではないかというのだ。

 アル・ゴアの「不都合な真実」は買って読もうと思っていたけれど「恐怖の存在」はつまらなかったら悔しいから図書館のサイトでしらべてみると、たいていの図書館に置いてあるようだ。
 数年前、東電に勤務する友人が「原子力発電はクリーンエネルギーだ」と言った。冗談かと思ったらまったくの本気で、CO2の排出が少ないからだと得意になっているのにあきれたものだが、このごろでは、この論理が当然のように言われるようになった。「ホワイトハウスに招かれたそうですね」と、クライトンにインタビュアーがたずねた。無論、京都議定書を批准もしていないアメリカは、ブッシュが石油の利権を大切にしているからそうしているわけではないとする理屈がほしかったにちがいない。クライトンは積極的に話したい話題ではなかったのだろう、うなずいただけだった。温暖化を原発推進に利用しようとするやつ、クライトンの説をCO2削減策をおこたる理由に使ってしまおうとするやつ。まったく厚かましいかぎりだ。

 さまざまな科学的事実や理論は、経済理論と同じように政治的な立場や経済的な利害にもとづいて自在に解釈されてしまう。そして、マスコミに批判能力が乏しければそれをそのまま、あるいは増幅し変形させて伝え広げる。そういうありようは、いつの時代も繰り返されてきたことではある。しかし現代は、変化の大きさと早さがかつてとは比較にならない、おそろしい、けれども興味深い時代にぼくたちは居合わせたようだ。

まったくの余談だが、クライトンは2mを越える長身なのだそうだ。

■関連サイト
Michael Crichton公式ホームページ

投稿者 玉井一匡 : January 30, 2007 11:51 PM
コメント

fuRuさん はじめのコメントを慌てて訂正しちゃいました。でも、二度目のコメントとチグハグになるんで、もう一度もとにもどしておきますね。ぼくは、もともとこういう間違いをしょっちゅうやるんですが、さすがfuRuさんは若い、あまりこういうことがないんですね。
しかし、今度はゴアの自宅では20軒分の電気をつかっているとか騒いでいますね。

Posted by: 玉井一匡 : March 4, 2007 11:27 AM

玉井さま
グラミーではなくアカデミーです。
恐ろしく恥ずかしい間違いです。
穴があったら入りたい。
五十嵐さんにさらりと教えていただきました。
この場を借りて訂正させていただきます。

ちなみに、先日のグラミーではポリスの再結成があって
私の頭の中にグラミーが住み着いております。(^_^;)

Posted by: fuRu : March 3, 2007 11:46 PM

安部さんがそこまで先を読んでいるとは、どうも・・・ですが
この映画を誰に対しても納得できるように評価できるのであれば、すごいと思います。逆に、単なる興味で見たとしか言えなかったら情けないですね。

Posted by: fuRu : March 3, 2007 09:57 PM

fuRuさん 「不都合な真実は読んでから観る」だと思っているうちに映画はおわっちゃったのですか。ぼくは、まだ見ていないぞ!「恐怖の存在」は読んだが、まだエントリーしていない!
安倍が何をしたのか知らなかったからゴア批判かとインタネット上を探したら、そうじゃないんだ。ポチのお気に入りがブッシュの仇敵に同調するとは、さすがに、妖怪と言われた人間の孫、したたかですね。次のアメリカは民主党だろうと見込んで、「私はブッシュのポチではありません、アメリカの子分なのです」と言いたいのでしょう。

Posted by: 玉井一匡 : March 3, 2007 12:48 AM

なんと日比谷では本日最終日。
ということで観てきました。
平日の昼間なのに満員御礼です。
グラミー賞効果か安部効果か。

Posted by: fuRu : March 2, 2007 07:34 PM

kawaさん CO2と放射性物質とでは、地球の汚し方の格がちがうってことを平気で忘れさせようとしている。CO2は、もともと地球上に自然の状態であるものだから、仮に人類が減ったり滅びたりしても地球そのものと他の生物は残るだろうけれど、放射性物質は、あらゆる生物と地球を傷つけてしまうということを、ぼくも忘れちゃいそうになります。

Posted by: 玉井一匡 : February 2, 2007 08:31 AM

最近の、オール電化や原子力発電をco2の少ないエコな物という文脈は、誰が得をするのか見え見えです。踊らされてロハスなんて言ってる奴を見るとハラがたちます。こうした目論みを粉砕する根拠を持ちたいものです。でも俺、勉強嫌いだしな。

Posted by: kawa : February 1, 2007 11:42 PM

iGaさん ありがとうございます。ぼくが「恐怖の存在」を呼んでみたいと思ったのは、クライトンがどのような論理で温暖化の予測を否定するのか、それよりも優先させるべき差し迫った問題とは何なのかを知りたかったからです。
 五十嵐さんのあげてくださった資料を読む限り、クライトンの主張にはうなずけないという気がします。少なくとも、CO2の排出を減らすことには、途上国に足かせをするということ以上には問題がなさそうだし、優先させるべき緊急の問題とはテロだというのでしょうか。もしもそういいたいのだとすればブッシュの主張と一致するわけで、ホワイトハウスに呼ばれた時には、嬉々としてでかけたことになりますね。でも、とにかく図書館で借りて読んでみようと思います。

Posted by: 玉井一匡 : February 1, 2007 07:52 PM

「恐怖の存在」の解説という問題点を指摘したA4で6頁のPDFがありました。
http://www.pewclimate.org/docUploads/Comments%20on%20State%20of%20Fear%20%28Japanese%29%2Epdf

Posted by: iGa : February 1, 2007 05:46 PM

AKiさん クライトンて、AKiさんと同じ年齢なんですね。たしかに、映画化の話を進めながら書いているのかもしれないという感じはありますね。ジュラシックパークが日本語訳されたときには、もう映画化決定と、腰巻きに印刷されていたのを憶えています。じつは、昨年読んだ「プレイ」というナノロボットをテーマにした小説は、ちょっと中身が薄いという感じで、この本も自分で買うのはためらわれるのです。

Posted by: 玉井一匡 : February 1, 2007 02:12 PM

マイクル・クライトンの「アンドロメダ病原体」を読んだのが最初ですが、彼の小説って、最初から映画にするのが前提のようにできていますね。この「恐怖の存在」も解説を読む限り、いかにも映画的な話の展開ですね。
ところで、「不都合な真実」は、まず、映画から.......と思います。映画の後、本です。

Posted by: AKi : February 1, 2007 12:32 PM

まったくの余談ですが、クライトンが2mを超す長身だとはきいていましたが、日本人の女の人と並んだのをはじめてテレビでみると、ほんとうにでかいやつでした。

Posted by: 玉井一匡 : February 1, 2007 07:46 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?