March 06, 2007

FON が、やっと

WhiteBandLong.jpg もう一昨年のことになるのかもしれないが、大部分の地下鉄の駅で無線LANがつながるという記事を新聞で見てすぐに、ぼくはiBookを抱えて地下鉄のコンコースへ行った。つながったと思ったら、会員になって料金を支払わなければこの先には行けないよという。ホリエモンのやることだ、金になることしかやらないのは当たり前だなと、思いつつちょっとがっかりした。
 しばらくして、スターバックスも地下鉄の駅と同じネットワークに加わった。事務所の近くにあるスターバックスで試してみたが、地下鉄のときと同じことだった。
 ところが、今年のはじめ、まだ冬休みのあいだのことだ。用事があって事務所に寄った帰りに、同じスターバックスに行った。窓際のカウンターに向かい、椅子に腰かけてMacBookを開いてみると、うちの事務所のAirMacにつながるではないか。みんなの無線LANを、こうやって利用しあえばどこでも無線LANのラップトップがインターネットにつなげられるじゃないかと、すっかりうれしくなった。しかし、それにはあやしいやつがシステムに入り込めない仕組みが必要だ。

 ひと月ほど前、留守中にAKiさんから電話があった。「ちょっとおもしろいことがある」ということづけが残されたので、何だろうかと、さっそく電話をかけた。
 FONという、スペインから始まった面白い「ムーブメント」があるというのだった。無線LANの能力を二つに分けて、一方を自分のネットワーク専用に使い、残りをFONに登録した人に公開するという方法で、いわゆるユビキタス状況をつくろうというのだ。費用は、無線LANの機械を買うための1980円だけで他には何もかからない。ぼくが思い描いたようなことが安全にできるのだ。しかもgoogleMapで世界中にあるfonの無線LANの場所を示してくれる。
そのうえ、持ち主の専用ネットワークの名称が、なんとMyPlaceというそうだ。ぼくのこころざすMyPlaceとは言葉の意味する範囲が微妙にちがうけれど、お互いのもっている領域の一部分を利用しあおうという基本精神は同じだ。
 AKiさんはすぐに機械を注文して、着々とFONのネットワークが構築されていった。が、ぼくの方はなかなかうまくいかない。
やっとのことでつながることはつながったが、位置が地図上に表示されない。表示されたら、スタバに行ってエントリーしようと思っていたのに・・・・・という状態がしばらく続いた。それが、やっとのことで昨日になってオレンジ色の小さな円で表示されるようになった。まだ、ぼかしのグリーンの円は表示されないけれど、たいしたことではない、いずれできるだろう。

 公開するネットワークの名称は頭に「FON_」というのをつければ、あとはすきなように決められる。ぼくは、FON-FairGroundとした。fairgroundとは「移動遊園地の開かれる場所」のことだ。「The First of a Million Kisses」というアルバムの一曲がFairground Attractionというタイトルで、演奏するグループの名も同じFairground Attraction。はじめ、てっきり野球のファウルグラウンドに対するフェアグラウンドなのかと思ったが、辞書で調べて納得したのだった。
FONはまだ完全ではない、住所もまちがって表示される。しかし、もう待っていられないぼくはMacBookを連れてスタバに来た。
FON-Maps.jpg FON Mapsを開くと、いつも世界地図から始まる。目的地に達するまでがまだるっこしいのだが、ユーラシアとアメリカ大陸が二つずつある世界地図は、どこだって地球の一部で、中心も周縁もないんだということを言いたいのがわかる。
左の地図をクリックするとFON Mapsに飛ぶはずだが、いまはブラウザーがFireFoxかExplorerでないとうまく開かない。safariでは地図がでてこないのだ。まだまだFONのシステムは完成していないが、それだって、できるだけ早く公開しようとしているからだと、ぼくは肯定的に評価して見守ってやる気になっている。「ユビキタス」というものには不気味な力を感じてしまうところがあるが、こんなふうにあれこれ接続に苦労したり地図を見たりしているうちに、具体的な人や場所を思い浮かべられるようになる。そのおかげで、なんとなしの安心感ができた。
いつのまにかカプチーノがすっかり冷えてしまった。

*追記 0327/2007 :さきほどaiさんから、やっとつながったというコメントをいただいた。盛岡に行く機会があれば、かならずうかがいたいと思っている「藍クラフト」のお店の場所がFONの地図で確認できた。市役所の近くに、うちの事務所と同じオレンジの丸印で表示されている。盛岡市役所と書かれている文字の下だ。


投稿者 玉井一匡 : March 6, 2007 10:45 AM
コメント

りりこさん 無事に開店ですか。着々と、というか少しずつというか、ふえて行きますね。ぼくも、あの地図で、何度もやってみたのですが、オレンジから緑への昇格ができない。そのうちに、苦労したことが笑い話になるのだろうと、思っていますが、ちょっと疲れてしまって、このところ挑戦していません。ひさしぶりに試してみようかな。

Posted by: 玉井一匡 : April 23, 2007 09:23 PM

FON_Toybox設置完了しました。

緑の○は、ルータの設定のページに
ルータの位置確認というコーナーがあり
住所登録と同じく地図があるんです。
そこで設定するとすぐ反映されるのですが。
Safariじゃ見えないんですね。
設定は、無線LANにつながっていないパソコンでもできます。
一番早いのはWindowsのブラウザをちょっと借りることかなー。

Posted by: りりこ : April 23, 2007 04:10 PM

fuRuさん 大歓迎です、FON仲間が増えるのは。点から線に、線から面に成長していくといいですね。ぼくも、先週末に新潟でFONステーションをつくろうとしていたのですが申し込み損ねました。近々、九十九でFONERAを買って設置するつもりです。

Posted by: 玉井一匡 : April 19, 2007 05:02 PM

tamさま
私も遅ればせながらルーターを注文いたしましたです。
うーん、届くのが楽しみですねえ。σ(^_^;)

Posted by: fuRu : April 19, 2007 03:24 PM

aiさん おめでとうございます。というより、仲間が増えてうれしいぞという感じですね。おっしゃるとおり、ほんとうに設定の仕方が、住所などとくにわかりにくい。地図で見ても、文字で表示されている住所と、地図上の位置がまったく食い違っているところがありますし、ぼくのところも、打ち込んだ住所と表示される住所がちがうんです。
そのうちにこれも笑い話になるでしょう。
Nokiaの携帯は使えるんですか、それは楽しみですね。ぼくは、iPhoneが出てくるまで今のauの携帯を使っています。どれどれ、盛岡の地図を見てみようかな。

Posted by: 玉井一匡 : March 27, 2007 08:26 PM

昨日から始めてやっと繋がりました。
繋がるまでに時間がかかったり、何処で設定するのかなどわかりくいですね。
盛岡でのポイントがあるのかなどもまだmapまで辿りつくことが出来ないので判らないのですが、一つ思いついたことがあるのです。
nokia対応の携帯がsoftbankから発売されているので(携帯を買うように昨晩娘に言われていたばかり)wiki接続でfonに繋げることができるらしのです。重いPCを持ち歩かなくてもいいということになるかもしれませんね。試してみるつもりでいます。

Posted by: ai : March 27, 2007 06:59 PM

aiさん FONの仲間が増えるのはうれしいなあ。まだまだシステムが発展途上なのか、思うように進まないところがありますが、盛岡にひろがるといいですね。
Fairground Attractionは、移動遊園地らしく、世代も場所も時代も自在にとびこえてしまうのですね。いま聴き直しても、時代とは無関係な普遍的なものをもっているように感じます。

Posted by: 玉井一匡 : March 20, 2007 03:22 AM

こんばんは~!
今一度コメントを打ったのに消えてしまい再度挑戦!
MayPlaceさんで拝見して思い立ってFONを申し込みしてみました。地方年ですからまだ申し込みしている方は少ないと予想されますが、出かけた時に小さなPCを持って歩いてそれでことが済めばこんな良いことはありませんから私も参加することに致しました(^^;。

「The First of a Million Kisses」は探しても行方不明で無かったのでamazonから取り寄せました。昔と変わらない価格で輸入版か買えるのですね。数年聴いていなくても耳に残る曲ばかりでなんともすてきなアルバムです。アンサリーさんがカバーしていてもあ!Fairground Attractionと判るほど秀逸なのですね。

おまけと言っては悪いかもしれませんが、鶴見俊輔の書籍を私も図書館に依頼してみます。一時期読みたくて古本やさんも探していた時期がありますが、なかなか出ないし価格が高い思想家のものは図書館もなかなか購入してくれないという…地方都市ですね~(^^;。JUNKUDOが出来ましたので四の五の言わずに買えばよいのですけれどね~。

Posted by: ai : March 19, 2007 11:50 PM

iGaさん、そしてaiさん ぼくは、このひとのこと、全く知りませんでした。どこの国のひとなんだろうと思ったら、在日韓国人だったんですね。いろいろとあることでしょうが、国籍や人種の壁を自在に乗りこえるのと同じように、ジャンルなんてものを通り抜けて生きていくことが、とてもいいなあ。子持ちであることも、そうだし。「The First of a Million Kisses」の中の一曲の「allelujah」を歌っているんですね。さっきから、そのメロディーがぼくの中で回っています。
大石芳野さんの本を調べていてみつけた「国境とは何だろうか」という鶴見俊輔の対談集を図書館にとりよせ依頼したら、それが届いたというメールも、ちょうど来ました。

Posted by: 玉井一匡 : March 8, 2007 07:22 AM

アン・サリー(Ann Sally)なら公式サイトがあります。
http://www.annsally.org/index.html
Fairground AttractionのオリジナルもAnn Sallyのカバー、その両方ともiTunes Storeから楽曲が買えます。

Posted by: iGa : March 8, 2007 02:24 AM

aiさん おもいがけずそういう話をうかがうと、とてもうれしいです。ジャケットの写真と「The First of a Million Kisses」なんていう、しあわせそうな1950年代風のみかけと中身はちょっと違って、写真も歌もしたたかで、ちょっとかなしいけれど楽しくて、とても好きなんです。ぼくがこのアルバムを買ったときはLPの時代でしたが、2年ほど前に、娘がCDを買ってきました。今日は、aiさんからも声がかかってきて、なんだかとても楽しい気分です。春も近いしね。あたらしいアルバムも探してみます。「アン・サリー」と検索したら、糸井重里の「ほぼ日」に彼女のことが書かれていました。

Posted by: 玉井一匡 : March 7, 2007 11:36 PM

"Fairground Attraction " の名前が出て少し驚きです!
最近このときのヴォーカルの女性のアルバムがでているけど、どう?と聞かれて、まだ反応できなくておりました。アン・サリーさんが"allelujah"をカヴァーしてるのをいただいたのですが、耳に残るアルバムでした~。何処にあるか発見できなくていますが・・・。
何処でもネットの時代に突入しているのだと思うと何とも!まだ携帯も持たずに暮らしているというのに。

Posted by: ai : March 7, 2007 07:38 PM

AKiさん やはりそうでしたか。乗り換え駅という意味だというようなことをうかがった記憶があります。トランス型のビルって、たむらさんのようでもありますが、AKiさんの好きなサンテリアも思い浮かべます。
ところで、FONで儲けられるということになると、機械を改造してやたらに強くするやつなんかが出てきそうだから、BILLはなくしたほうがいいんじゃないかと、思うようになりました。じつは、かくいう私も、BILLにしたらスタバの客でもうかるかもしれないなんて邪心を、ちょっと抱いちゃったんですけどね。

Posted by: 玉井一匡 : March 7, 2007 02:38 PM

原宿にあった transfer は私が名づけました。
trans.......にはなんだか思いいれがあって、トランス(transformer)形の建物があって、そこの中に transfer なんていうバーがあって.......なんて、iGa さんのお友達のたむらさんのような風景を考えたりしているのです。
私が親しかった頃の Bar FAIRGROUND はカウンターと大テーブルだけ、何にも余計なものがない場所でありました。

Posted by: AKi : March 7, 2007 01:09 PM

移動遊園地ではなく移動遊園地の開かれる場所というのが、時間的にも空間的にもひろがりがあって、いい感じのことばですよね。下戸がいうのもなんですが、いい店なんだろうなと、行きたくなります。そういえば、transferというお店もありましたね。すてきな名前だなと思っていました。AKiさんがgodfatherだったんですか。

Posted by: 玉井一匡 : March 7, 2007 11:53 AM

fairground は下北の行きつけのバーの名前でした。
最近、無くなっているのに気がつきました。迂闊にも名前の意味を考えることをしていなかった。バーを経営しているのが中村さんとおっしゃるその業界では著名な方だが、なかなかのセンスですね。
ところで、忘れてしまうのは、やっぱり無線のせい.......ですね。

Posted by: AKi : March 7, 2007 11:14 AM

AKiさん ご指導ご鞭撻のおかげで、なんとかここまで漕ぎつけました。ぜひ、いちどお試しください。skypeは、さすがにテラス席でしょうね。それでも、iBookに話しかけるオジさんを、まわりの人たちがどういう目でみるのか、楽しみです。
ぼくも、AirMacExpressは持ち歩き用にしようと思って、さっそく叔母の家でつかったら接続したまま忘れてきてしまいました。

Posted by: 玉井一匡 : March 6, 2007 02:18 PM

いやいや、ご苦労様でありました。
私も iBook を下げて、神楽坂のスターバックスの FON-FairGround に出かけてみようと思います。そこで玉井さんにskypeしてみようかな。まずは電話してからね。

Posted by: AKi : March 6, 2007 01:18 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?