March 22, 2007

さくら・3月22日・駒塚橋


 「なんという種類なんでしょう。ソメイヨシノじゃなさそうですね」
 ひとりのお年寄りにたずねられた。
 「さあ、ぼくにはよくわかりませんが、色が白いし房が小さいですしね。」
 「そう」
 そういえば、桜の種類をぼくはろくに知らない。
 しらべてみようと思ったことがない。
 桜は植物というよりも春のできごとのように感じられるからなんだろうか。
 「この樹が、いつもいちばん先に花をつけて、小鳥がつついて花を落としてくれるんですよ。」
 「ほら、あのヒヨのしわざだ」とご老人が指をさした。
 見上げると、ヒヨドリが一羽、枝に止まっている。

 いつもの年のように、神田川が椿山荘に出会う少し手前、駒塚橋、南のたもと西側にある桜は、このあたりの神田川岸の桜並木が数ある中で、一本だけ花を開かせた。通勤途中に、ぼくは自転車をとめて、樹の足許に落ちている花を拾い集めていた。ご老人も、ここを毎年のように楽しんでいらっしゃるようだ。
 去年は雀が桜を落としてくれた。去年、ぼくは毛糸の帽子に桜を入れて頭にのせていったが、今年はすくなかったから毛糸の手袋に入れて事務所に連れていった。去年と同じ、そして先日の桃の花と同じ白い長方形の皿に水を張って浮かべたけれど、白いうつわに白い花では春の華やかさにかける。この皿はもともとは写真の現像につかうもので、厚くて重い。aiさんのお店「藍CRAFT」のような上等なものがないけれど、器を代えてガラスに春をそそぎこんでやることにしよう。

投稿者 玉井一匡 : March 22, 2007 11:54 PM
コメント

yukiりん しばらくですね。そうそう、枝から落ちた花を水に浮かべてやると、道ばたの木からでも器にさしてあった花が落ちたやつでも、とても得をしたようないいことをしたような気分になりますね。花を2度楽しんじゃえるしね。

Posted by: 玉井一匡 : March 24, 2007 09:29 PM

桜って清涼な空気を周りに振りまいてるイメージがあります。
落ちている花を拾い集めてまた生かす…素敵ですね。切花よりも優しい感じがします。私も真似してみようっと。

Posted by: yukiりん : March 24, 2007 05:01 PM

aiさん ほかの木は、まだまだつぼみが膨らんできたというところなのに、毎年そうなのですが、この1本だけが開いているんです。それでも6、7分咲きでしょうか。
たしかにヒヨドリは可愛げが少ないですね。声もあんなだし、餌台からはメジロやシジュウカラなどの小さな鳥たちを追い出してエサをよこどりするふるまい、 それに、落とされた花。でも、自然の中に生きるものたちは、すべて環境に適合するべく行動や身体を変えて進化してきたのだし、ぼくたち人間は、すでにあるものやすでにおきていることの中にひそむ価値を見つけることが、環境に適合する生き方のひとつではないかと思うのです。

Posted by: 玉井一匡 : March 23, 2007 10:02 PM

iGaさん さすが、分かってくださいましたね。うふふ。スチール製本棚のうしろに鉄板をビス止めし、磁石をつかって掲示板にしています。紙製のiPhoneの中に磁石を入れて、鉄板にくっつくようにしてあります。Appleシールを透明のアクリに貼ったものを磁石に接着したやつもあります。
 ところで、午後に隊長がウチの事務所に来訪。スタバからfonがつながることを実験されました。

Posted by: 玉井一匡 : March 23, 2007 08:09 PM

こんばんは~。もう既に桜が満開なのですね。数年前にウソが大群で来襲してのきなみ桜の花を落としたとニュースになったことがあったのです。ヒヨドリはどうも庭に来ても可愛げがなく無視を決め込んでいましたが、意外にいい面があったのですね。
それにしても桃の花、桜の花を愛でる玉井さんの設計される家を拝見してみたいものです。

Posted by: ai : March 23, 2007 07:26 PM

うふ、ガラスにそそぎこまれた春の向うにペーパークラフトのiPhoneが、こちらも待ち遠しいものですね。

Posted by: iGa : March 23, 2007 05:32 PM

AKiさん 自分の庭に桜がさくというのは、とても贅沢な、ゆたかなものですね。下北沢の秋山さんの事務所は、とてもうらやましい春だと思われました。
小鳥たちは、食べるわけでもないのに、どうして花をつつくのかわかrないけれど、ぼくはむしろ感謝しています。

Posted by: 玉井一匡 : March 23, 2007 09:42 AM

昔、下北沢の事務所には立派な桜があって、その桜が咲くのを心待ちにし、そして、満開の桜を見ると、別に僕のものでもないんだけれど「立派な桜でしょう、見てください」と誇らしい気分になったものでした。
その桜にも小鳥がやってきて咲いたばかりの花をついばんで落としてしまう。最初の頃は鳥たちを追い払ったりしましたが、そのうち、きっと鳥たちもこの季節を楽しみにしていたんだろうと思い......許せるようになりました。

Posted by: AKi : March 23, 2007 09:28 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?