April 29, 2007

ナガミヒナゲシ:生き残るための美しさ

Click to PopuP

 2,3年前からだろうか、道ばたにオレンジ色の芥子の花が雑草のように咲いているのを目にするようになった。芥子の花はうつくしいけれど、どこかに影がひそんでいて、ちょっと触れると花びらがはらりとおちてしまうところが、あぶない魅力を感じさせるのだが、こいつには芥子らしからぬ健康な若々しさがある。
 いままで名前を調べようと思いはしなかったのに、今年はこの花がとくに多いようだからなのかGoogleであれこれ探したすえに「ケシ 道ばた 空き地」を入れてみたら「ナガミヒナゲシ」という名前にたどりついた。
ウラをとるためにBotanical Gardenで調べると、「地中海沿岸から中欧原産の帰化植物で,生命力旺盛なようです」とある。

ちょっとした空き地や歩道の植え込みなどあれば、そこを借りて勝手に咲いている。なぜか、余裕のある空き地でも、道路の際を選ぶ。だから通りがかリには目につかれずにはいない。かわいいものだから文句を言われることも引き抜かれ捨てられることもないのだろう。「こんにちは!」と、明るい声でさわやかに言われると、ついつい「やあ、元気かい」と答えてしまう。

 いまごろの季節には、もう花が散って雌蕊が実に変わったのがたくさんいるので、なぜ「ナガミ」と名付けられたのかがわかる。ふつうのケシはもっと丸っこい形をしているけれど、これは「長い実」をつけるからなのだ。
 道路のきわの、縁石とアスファルトの間のわずかな隙間でもあれば、その下の土までしたたかに根をのばして平気な顔をしてうつくしい花をつけているのを見ると、こんなわずかな土で生きているのかと思う。芥子はタネが小さいので、わずかな隙間をすり抜けて土のあるところまで到達する。そいつらがこんな花を咲かせるのだ。
 ややくすんだ美しいオレンジ色が群生していると、さすがにぼくも気づく。入り口はわずか数ミリの隙間かもしれないが、じつはこのアスファルトの下にあるのは僅かな土などではなくて、直径が12,000kmの、でっかい土の球なのだと。アスファルトやコンクリードで覆われた表面は、この先の数十年あるいは数百年も、日も当たらず雨も落ちることがない。地球の大きさからすれば大したことではないのか、それとも少しずつ地球を蝕んでいるのだろうか。

追記
Niijimaさんがくださったコメントにアドレスが書かれている。そこには、一年前に撮影されたこの花の写真がありました。
ぼくはそれを見て、同じ花が、モノクロの写真でかくも美しく伝えられるのだと、今さらだが何か新しい世界を知ったようなゆたかな気持ちになった。本来ならこういうときのためにトラックバックがあるはずなのに、スパムトラックバックに辟易して閉じてしまったことをどうしようかと考えてしまう。

投稿者 玉井一匡 : April 29, 2007 08:55 AM
コメント

Niijimaさん
モノクロを想像していなかったのでなおさら、こういう見方もあったのだと、美しさが印象的な写真でした。
ぼくは見ることのできなかったあのライブ、ちいさな器に集まってくださった人たちの持ち寄った力が、少しずつ広くしかし深く伝わってゆけば、インターネットのもつ可能性とちょうど重なり合うかもしれませんね。ホクレア号という小さな船の冒険を、世界中のすこしずつの人々が共有することができるように。

Posted by: 玉井一匡 : May 2, 2007 08:30 AM

こんばんは。先日はナガミノヒナゲシの写真を載せたページにコメントを残してくださり、ありがとうございました。

人の想い、伝えようとする意思が、様々なことを引っ張り込むことがあるようですね。必然的につながってきたのかもしれません。
さらに周囲の方々が皆とても素敵な表情をなさっていて、これも素晴らしいことと思いましたです。

Posted by: M.Niijima : May 1, 2007 08:57 PM

Niijimaさん きのうはありがとうございました。雨がひどかったので車でおくってやりましたが、チケットが売り切れていましたからNiijimaさんにはお会いできませんでした。
ホクレアとの思いがけないつながりがつぎつぎと見つかった興奮をいっぱい抱えて、夕海はかりんのクルマで送ってもらい遅く帰ってきました。
Niijimaさんの写真の美しさにうたれました。

Posted by: 玉井一匡 : April 30, 2007 01:56 AM

こんにちは。
昨夜、とても気持ちの良いものに包まれ、今日は少しぽぉうとしています。
ナガミノヒナゲシの薄い花弁に惹かれて、昨年近所にあったものを少し摘んで、写真を撮ってみました。
地球とつながっていたときは、陽の光に向かってピンと、背筋を伸ばしていたのですが、部屋に連れて帰ると、頭を垂れてしまい、そしてその晩にはヒラヒラと花弁を落とし始めまして、とても切ない気持ちになったことを思い出しました。

そのとき撮ったものはこちらです。(長いURL貼れるかしら)
www.mniijima.com/blogger/2006/06/study-still-life-papaver-dubium-may-06.html

Posted by: M.Niijima : April 29, 2007 01:03 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?