May 21, 2007

新宿文化絵図

ShinjukuBunkaFront.jpg
新宿文化絵図-重ね地図付き新宿まち歩きガイド
新宿区地域文化部文化国際課 編集・発行 1,260円

「新宿区の中央図書館の建物は、新宿区の図書館で一番古くてきたないかもしれないけれど、資料がとても充実しているんですよ」
「そうなんですか、23区の図書館でいちばん陰気で、ボロくて、なんだか入りたくならないとおもっていましたが」
ひさしぶりに寄ったカフェ杏奴で、もっとひさしぶりにChinchiko Papaといっしょになったので、あれこれ新宿のことが話題になった。この本のことは話題になったわけではないが、その日の夕方に本屋に寄ると、入り口の近くに平積みになっていた。副題には「重ね地図付き新宿まち歩きガイド」とある。狭義の新宿ではなく新宿区についての本だ。手に取ってパラパラと中身をのぞいてみると、新宿区はなかなかやるではないか。あまり意識したことはないけれど、ぼくはこれまでの半分以上の年月を新宿区に住むか仕事をするかしてきたし、自転車通勤では毎日のように新宿区を横断するので、ここには少なからぬ愛着がある。
A4版219ページの本体に特別付録(初版限定)「江戸・明治・現代重ね地図」9冊もついてケースに入っているこの本の、腰巻きに書いてある価格を見て驚いた。1260円で、amazonに注文したら送料がかかるという値段は、どうみても普通の値段の半値以下だ。

 本体は2部に分かれ、「第1部 新宿町歩き10コース」9〜162ページと「第2部 新宿 漫華鏡」163〜205ページ、巻末に「新宿ゆかりの精選120人・新宿人物事典」という人名事典と最後に索引も用意されている。
 *第1部には、それぞれのコース順にまちと歴史と人について書かれた文章に写真と図版が豊富に加えられている。
 じつをいえば、はじめぼくはガイドマップがあるのを気づかずに、この本は「コース」といいながら地図を入れないのは勇気あることだといたく感心した。手厚い情報にならされていると、ついついガイドマップがあれば、そのルートに従って歩いてしまう。すると、せっかくの時間と空間と人の織りなす複雑な世界を、ひと続きの線状の理解に閉じ込めてしまう。だからあえてルートマップをなくして読者の自由な想像力に任せようというつもりなのかと、勝手に想像したのだった。しかしそれはぼくの早とちりで、実はれぞれのコースの扉にルートを描き込んだイラストマップがあった。ちょっと、興奮して損をしたような気がした。とはいえ、それでも力作ではある。

 *第2部の 「新宿漫華鏡」は、さまざまな切り口で九人の著者が新宿を書いている。たとえば川本三郎の「シネマの町新宿」、海野弘の「新宿戦後グラフィティ」、交通博物館学芸員の奥原哲志氏による「120年を超える新宿駅の歩み」などがある。

*別冊の「重ね地図」も力作だ。A3の厚手の紙を二つ折りにしてむろん表側は表紙だが内側の右に現代の地図がある。左側は凡例で、トレーシグペーパに印刷した江戸の地図の右端をそれにのりづけしてある。さらに、右ページの現代の地図の右端にはトレペに印刷した明治時代の地図の端を接着してある。つまり、現代の地図の左右に江戸と明治の地図があって、好きな方を折って現代に重ねれば、現代と比べながら見られるというわけだ。
 新宿区のサイトによれば,この本は初版5000部がつくられ区内の一部の書店で販売されているそうだが、ぼくは飯田橋の芳進堂という書店でみつけて買った。皮肉なことに、この本屋の入っているのは江戸城の外堀を埋めるという蛮行によって東京都が作ったテナントビル「ラムラ」なのだ。
重ね地図は、初版だけの特別付録なのだそうですよ。

*追記
新宿区中央図書館の建物をけなしているようだけれど、とかく公共施設は器ばかりに金をかけて中身がないものが多いことを考えれば、これは悪口ではなくてむしろ褒め言葉なのです。新宿区は、地域図書館はきめ細かく配置されているし、新宿御苑の入り口の近くの図書館は、数年前にあたらしく建て替えられた建物で区の出張所などと一緒の建物だが、とてもきもちよくできている。
ONE DAYで最近エントリーされた「図書館に行く!そしてカフェ杏奴でひとやすみ」でも、カフェ杏奴といっしょに新宿区の中央図書館のことが書かれています。このときカフェ杏奴でもOVE DAYとkadoorie-aveさんのことが話題になっていたのでした。

投稿者 玉井一匡 : May 21, 2007 01:25 PM
コメント

aiさん
この本は、初版限定の「重ね地図」がついている5000部はとくに、お買いになって損のない本だと思います。新宿にご縁が深いならなおさら。文化というものは、どの角度で見るかどのレイアを見るかで、すっかり別の見え方がするものですね。自治体が新宿区という枠の不自由のなかでつくったために、かえってそれを感じやすい本ができたと思います。aiさんのBlogを読み重ねてくるうちに、盛岡というまちの文化をさまざまに見て、とても厚みのある、いいまちだなという思いがつよくなりました。
リンクしてくださってありがとうございます。ぼくも、リンクさせていただきますね。なんだか、盛岡に一歩近づいたような気になります。

Posted by: 玉井一匡 : May 31, 2007 01:29 AM

新宿から遠い岩手に住んでいるのですが、この本欲しいような気がします(^^;。
ずい分昔に新宿に延べ13年通勤しておりましたが、駅の界隈だけでそんなに周辺は知らないのですね。
ところで、MyPlaceさんのLINKを貼らせていただきました。事後承諾で申し訳ございません。本当はあんまり教えたくないのですけどね。
よろしくお願いいたします。

Posted by: ai : May 30, 2007 05:25 PM

kadoorie-aveさん 
 毎日のように自転車で通勤する道に林芙美子の自宅があることは知っていたし、おりおりの庭を楽しむために何度か寄ったことがありました。でも、かつて落合に多くの画家や文学者が住んでいて、その人たちが何らかの影響を与えあっていたことは、ChinchikoPapaのブログを読むまで、ぼくは知りませんでした。
 この本には、さまざまな時代とできごとが重なりあっていることを伝えるために、さまざまな工夫がされていますね。しかし、行政区画としての町は区の境界で分かれているけれど、文化としてのまちはそれとは無関係につながっているのだから、豊島区や千代田区、文京区などのおとなりさんが同じようなものをつくってくれるといいですね。

Posted by: 玉井一匡 : May 30, 2007 08:01 AM

よい本を紹介してくださってありがとうございました。もちろん、もう手もとに届きました。本当にこんな価格でいいのかと心配になるような、充実の内容ですね。
変に堅苦しくないし、楽しく読んでいます。
読んでいると、Chinchiko Papaさんのブログをはじめ、杏奴にいらっしゃるブロガーの方々の記事などと関連のある場所やエピソードが出てきて、うれしくなります。ブログのおかげで、下地ができていてこの本を楽しめるなんて、ちょっと不思議なかんじです。

Posted by: kadoorie-ave : May 30, 2007 12:44 AM

AKiさん
内容と価格の両方から、すごく得をしたような満足な気分ですね。いまについても過去についても、新宿を見直しちゃいます。

Posted by: 玉井一匡 : May 25, 2007 09:08 AM

amazon からきました。
おっしゃる通り、充実した内容、重ね地図の凝り様、価格の廉価振り、満足の一冊でありますね。

Posted by: AKi : May 25, 2007 07:37 AM

Chinchiko Papaへ
都知事が軍都をもちあげたりするよりは、オリンピックの方がまだマシなのかもしれません。戸山が原も陸軍兵学校も、三島の決起も新宿区なんでしたね。決起と言えば、Chinchiko Papaの母上の「邪魔するんじゃないよ、どきな! 」という、226の痛快な啖呵を思い出します。ぼくはあれが好きで、ときどき読み直すのです。
まだお読みでない方は、下記のサイトを開いてみて下さい。
http://blog.so-net.ne.jp/chinchiko/2005-01-24
どういう魂胆であれ、新宿区を文化というキーワードで検索してみようという試みは結構なことだから、その気になってしまいましょうか。

Posted by: 玉井一匡 : May 23, 2007 09:00 PM

バブルがはじけてからというもの、都内でも豊かだった新宿区の財政がアッというまに傾いてしまったのを目の当たりにして、企業ばかりを優先する街づくりを見直したんじゃないかと想像しています。
企業以外からの人集め/住民集め(収入源)として、ようやく「そういえば、日本でもトップレベルの芸術の香りが濃厚な街でもあったっけ」・・・と、ホントに遅ればせながら思い出してくれたんじゃないかと。(笑) 中でも「落合地区」は、散策するにはもってこいだということで、にわかに「文化の街・新宿」のショウウィンドウ的な宣伝を始めたような気がしないでもないですが・・・。
“軍都”新宿が「思い出」されるよりは、はるかにマシだとは思いますけれど。(^^

Posted by: Chinchiko Papa : May 23, 2007 06:41 PM

AKiさん
重ね地図つきでないと、この本の価値は半減しちゃいそうだから、よかったですね。しかし、別枠で送料がいるというのは、ひとごととはいえちょっと悔しい。amazonからの発送でなくて、古本の場合と同じように新宿区がじかに発送するということなのでしょうか。
 先日お話ししたかもしれませんが、絶版の推理小説をamazonで探していたら古本が1円で出ていました。同じ本屋で3タイトルをみつけたので一緒に注文しようとしたら、古本の場合は送料がそれぞれにかかるということがわかりました。1冊ごとに手数料を古本屋は受け取れるから1円で売っても引き合うのだと安心はしたけれど、古本屋の手数料を三冊分払うのはいいが別々に発送するというのはシャクだし無駄な気がして、図書館で借りることにしてしまいました。ちょっとみみっちかったかなあ。

Posted by: 玉井一匡 : May 23, 2007 10:32 AM

Chinchiko Papaへ
ぼくも、ときどきやっちゃいます。無意識にダブルクリックしちゃうんでしょうかね。
ところで、この本で落合や中村彝についての記述がなかなか豊富なのは、Chinchiko Papaのせいに違いないと、ぼくは思っています。新宿区は、歌舞伎町型の新宿文化に対置して落合型新宿文化を置こうとしているようですね。オリンピックの招致となにか関係があるのでしょうか。
ぼくはアルコールがからっきし駄目なのですが歌舞伎町型新宿も大好きなので、むしろ落合型新宿はChinchiko Papaに教えられたようなものです。

Posted by: 玉井一匡 : May 23, 2007 10:27 AM

amazon に注文したのが、発送されました。ちゃんと重ね地図付のようです。
送料をケチるため、文庫を一冊追加して注文しましたが、結局、別送とのことでありました。

Posted by: AKi : May 23, 2007 07:55 AM

すみません、ボタンを2回押してしまったようです。お手数をおかけしました。

Posted by: Chinchiko Papa : May 22, 2007 11:52 PM

Chinchiko Papaへ
同じコメントがふたつ届いたようなので、ひとつを削除しておきました。
たしかに、いくら新宿区がそのきになったところで、ディベロッパーが新宿の2割増で買いますなんて約束をすれば、ふつうのひとはそれに惹かれてしまうでしょう。それを、金がすべてじゃないよと蹴るには、自分の育った場所に対する愛着や意地や、もしかすると見栄のようなものの後押しが必要なのでしょう。なにしろ明治以来、おカミのすることといえば神道一元化といい町名変更といい、既にあるものに対する愛情を切り離すことばかりで、金が価値の最大の指標となる世の中をつくってしまったのだから、長州の末裔、満州でひと財産つくった妖怪の孫ごときに「うつくしい国」などと言われたかあないですね。

なにはともあれ、あの写真の家がまた元気になれそうだというのは、うれしいことですね。古い家を改修するには新築ほどの費用がかかるけれど、あれほどの家であればなおさらですが、それによっておおかたの場合、新築の数倍もすてきな家ができるのだから、ちょっと物差しを変えれば、だれも眼を向けなかった価値を生き返らせることができると、せいぜいひろげましょう。

Posted by: 玉井一匡 : May 22, 2007 04:00 PM

新宿区がいくら保存をしたがっても、価格の面で所有者の方と折り合いがつかなければ、もうどうしようもないんですよね。ただ、ほんの少し希望があるとすれば、区は刑部邸のときよりもかなりポジティブだということでしょうか・・・。
それから、土曜日に写真をお見せしました、佐伯祐三の「下落合風景」に描かれた家で、唯一現存するお宅(日本家屋)ですが、建て替えではなく“古民家再生”の手法による修復だそうです。さっそく、お住まいのTさんへ取材して判明しました。1919年(大正8)築だそうですが、あと50~60年は大丈夫なように大がかりな修復を施すとか。神楽坂にある、古民家の再生を専門にしている建築事務所に依頼されたそうです。
また、Tさんのおばあちゃんが、諏訪谷界隈を描く佐伯祐三をご記憶されているようで、こちらも興味津々です。(^^

Posted by: Chinchiko Papa : May 22, 2007 02:05 PM

chinchiko papaへ
あのときに話に出たのは、この本のことだったのですか。新宿区は、文化を大切にする区であることを表明しようというのがこの本なのでしょうから、某アトリエの件を「前向きに」進めているんだと受け取っておおいに持ち上げましょう。えぐり取られた刑部邸のあとを見れば、それくらいのことをしてくれても当然のように思います。

Posted by: 玉井一匡 : May 22, 2007 01:07 AM

わたしも、出たときにさっそく手に入れたのですが、一部個人がお持ちの某アトリエ建築を、他の新宿区の所有になっている公園とともに、住所まで入れて紹介してしまってもいいのかな?・・・と、ちょっと危惧をおぼえました。
でも、あっ、これは「確実に保存します!」・・・という新宿区の決意表明あるいは意思表示なのだなと、良いほうに解釈することにしました。この本で、区は手形を発行してくれたのだと。(^^
空手形で終わりませんように・・・。(笑)

Posted by: Chinchiko Papa : May 22, 2007 12:19 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?