June 23, 2007

平底船:ナローボート

 いま、masaさんがオクスフォードに滞在して興味深いイギリス便りが送られてくる。その中に、ボートの浮かぶ水路の写真があった。ぼくはイギリスにはたった一度しか行ったことがないけれど、推理小説を読んでいると、水路とそこを行き来する船の描写に出会うことが少なくない。船は平底船という名で書かれている。masaさんの写真は、小説で思い浮かべていた通りの風景だ。
 推理小説では先を急ぐ勢いに負けてしまうから、いくつかの疑問を抱きながらぼくは何も調べないままに通り過ぎて読み続けていた。たとえば船が人力で動いた時代には、水路を上る時は両側の土手の上を人間や馬がロープで引っ張るのだったと思うが、橋と交差するところはどうしたんだろうかという疑問は小説の中に残したままだった。

 masaさんの写真は、その疑問に対する答えのひとつを示してくれた。橋がはね上がるのだ。もうひとつ、土手の上を人が通れるほどの高さの橋をつくるという手もあるはずだ。インタネットで調べてみると、平底船は英語ではnarrow boatというらしいと知ってwikipediaを開いてみた。川が浅いので船の底を平らにしているのだろうと思っていたが、水路が狭いので船の巾を小さくしているということなのだろう。たしかに、水路を人工的につくるなら巾を小さくして、深さで水量を調節する方がつくりやすいにちがいない。橋も短くてすむし、両岸の距離が近いから、心理的にも川が分断することもない。
 スエーデン出身でイギリスで仕事の多かった建築家ラルフ・アースキンが平底船を事務所に改造して製図板を並べていた写真を見て、とてもうらやましく思ったことがある。その船の事務所にあった美しい階段については、AKiさんのブログで「水無瀬の町家」というエントリーで言及されている。かなしいことに日本の都市の川に係留されている船たちが粗大ゴミと化しているさまをぼくは思い浮かべてしまうから、アースキンの事務所も動かない船だろうと思っていた。narrow boatの大方は観光のために動いているのだと思いつつさらに探してみると、ちゃーんとボートの売買のサイトの一部をnarrow boatのカテゴリーが占めているのだ。長さ60ft前後、巾7ftくらいの大きさが大部分で、価格は40,000から80,00ポンド(今日は247円/1ポンド)ほどで売りに出ているものが多い。たとえば冒頭の写真の船は45,000ポンド、このサイトには船の内部やエンジンの写真も用意されている。これを見れば、ボートのおおよそは分かってきた。ここで生活している人もいることだろう。うらやましいことだ。

 ぼくたちの日本では、都市の川の多くは暗渠に埋葬してしまい、その亡骸の上を勝者たるクルマたちが行き来している。川として都市に残されているとしてもコンクリート三面張りの索漠たるものだし、アルミ製の不細工な手すりが胸の高さまでふさいでいる。農村地帯でさえ両岸をコンクリートや鉄板の壁で支える情けないありさまだ。それにひきかえオクスフォードの写真をみれば雍壁はレンガで橋は木製のままで使われている。
 こうした豊かなイギリスのインフラストラクチャーは、アフリカやアジアやアラビアそしてインド、中国でも、そこに長い間生きて来た人たちの犠牲のもとにつくりだした財産をイングランドの島に注ぎ込んだおかげであることは、どうしたってぼくたちの頭と心の中から消えることはない。それでも、これらがそうやって他者の犠牲のもとにつくられたものであればなおさらのこと、車を速くたくさん走らせたいなどというたったひとつの理由で、すでにあるものたちを簡単に壊してしまうといことはしないのだとこの国のひとたちを思う。

投稿者 玉井一匡 : June 23, 2007 09:13 AM
コメント

ナローボーターさん
コメント、というよりはご回答をありがとうございました。
やはりそうなんですか、こんどイギリスに行く機会があれば、ナローボートに乗ってみようと思います。それにしても、江戸時代の地図を見ると、江戸に張り巡らされた水路のネットワークがとてもよく、これがそのまま残されていればよかったろうにと思います。それを簡単に暗渠にしたり埋めてしまうわれわれ日本人と、長い間つかい続ける精神との違いは、けっして表面的なものではなくて、深いところにあるのでしょうが、そこを見極めたいと思います。

Posted by: 玉井一匡 : August 7, 2007 02:55 PM

はじめまして。
「ナローボート」で検索してやってきました。

非動力船の時代、馬がどうやって橋を超えていたかという点についてのご推察はお見事です。ただ、多くの橋では曳船道も橋の下を通っていて、馬もそのまま橋をくぐっていました。曳船道が対岸に移る場合は、「ロービングブリッジ」と称するらせん状の橋で、ロープを付け替えずに移ることができたようです。

お邪魔いたしました。

Posted by: ナローボーター : August 7, 2007 01:43 PM

masaさんお帰りなさい。
コメントおそくなってごめんなさい。masaさんのエントリーをみるたびに、古いものすでにあるものを、どうしたらこんなふうに大切にすることができるのか、思わずにいられませんでした。
それにひきかえわれらの国は情けない。先日、何年ぶりかで成城に行って町を歩きました。あちらこちらで区画が小さく分割されたり、建て替えられたものはいかにも成金趣味であったり、おちついたまちがすっかり変わっています。成城という地名の記号性だけで土地の価格が上がり、じっさいのよさを消費してゆくのですね。
ところで、ナローボートの話、楽しみにしています。

Posted by: 玉井一匡 : July 6, 2007 11:41 AM

英国滞在中に、このエントリーを拝読し、とても良いヒントをいただいたことになりました。時間が許すかぎり、運河沿いを歩き、できるだけ多くのナローボートを写真に収めてきました。運河とボートに関する資料も、充実とまではいきませんが、入手してきました。なかには、The River Thames Society 会員のみに販売されるガイドブックもあります。近々、それらの資料持参で、事務所をおたずねしたいと思っています。いずれ、ナローボートでの旅をしたい…という気分で帰国しました。

Posted by: masa : July 5, 2007 06:41 PM

AKiさん
AKiさんのコメントを読んで、水無瀬の町家のエントリーのアースキンの階段について書くのを忘れていたと思い出しました。付け加えておきます。
narrow boatは、舟の巾を目いっぱいせまくしたものなのでしょうが、ロンドンの地下鉄の、入り口のドアが屋根にまで回り込んでいる小ささと通じるところがあるような気がします。miniをつくり出したのも、同じものがあるのでしょう。

Posted by: 玉井一匡 : June 23, 2007 11:58 AM

masa さんの緑溢れる運河の写真を見て、玉井さんのお考えに納得です。
フランク・パターソンの自転車画で親しい、あちらの風景によく見る石造りのアーチ橋というのか太鼓橋は、船の通過のためだったんですね。
narrow boat の巾が7ftということであれば、きっと運河の巾は15ftで、日本国の道路の最小巾4mとたいしてかわりませんね。

Posted by: AKi : June 23, 2007 11:00 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?