July 19, 2007

ヤマカガシ(じつはアオダイショウのチビ)


新潟の、母の家で玄関のチャイムがなった。
「おっ、どうした」ちいさなお客さんだった。
「玉井さん、うちにヘビがいた」
「へえ、つかまえて食うか」
「森に放すんだよ」なんて、いいことをいう。
行ってみると、その子のうちの玄関ポーチの隅に小さなやつが丸まっている。
捕虫網のフレームの一部を直角に曲げて、角に押し付けてその中に追い込もうとしても、頑固に丸まって動こうとしない。網の棒でつつくと、口を開いて一人前に威嚇する。
やがて、5、6センチの球体から40cmほどの長さの曲線に姿を変えて移動して出てきたので、首の後ろをつかまえた。

Yamakagashi1.2.jpg「ほら、よく見るとかわいい顔をしてるよ」
ぼくの左手に巻き付くやつを見せると、子供たちの表情がもっとかわいい。
好奇心とちょっとこわいのとの混じりあいだ。
「さわってごらん」
手を伸ばして、そっと触れる。
「・・・・・・」ことばにならない。
「ヘビと記念写真をとろう」というと、ふたりにはちょっと安堵の表情が浮かんだ。
「さて、逃がしてやろうか」小さな「森」の中に放してやると、するすると草の下をすべってゆく。子供たちにとっては小さな冒険、ヘビにとってこれまでの生涯一番の恐怖の時が終わった。お母さんたちによれば子供たちのお父さんは二人とも、朝に起きた柏崎の地震のために休日の途中で急遽出勤になったという。

 ヤマカガシは、ぼくたちが子供の頃には毒のないヘビだと言われていたのだが、このごろでは毒ヘビとされている。やたらにヘビを怖がるなよと伝えたくて子供たちに触わらせたりしたけれど、そのことを言わなかったなと思い、googleで調べた。
wikipediaによれば、かつて毒がないと思われていたわけは、ヤマカガシは口の奥の歯が毒を出すために、口の中に指を入れたりしないとそれにやられないからで、しかも、ヤマカガシは臆病だからマムシとは違ってむこうから襲うことがない、しかし、毒はなかなか強いのだという。こどもたちに、もうちょっと説明しいなくちゃあならないと思った。

■追記
コメントに「通りすがり」さんからコメントをいただいた。
こいつは、ヤマカガシではなくアオダイショウのチビだということが分かりました。つまり、毒ヘビではないということで、ひと安心。
アオダイショウの幼蛇の写真はここ
ヤマカガシの写真はここ

投稿者 玉井一匡 : July 19, 2007 08:23 AM
コメント

通りすがりさん
ありがとうございます。いろいろと写真をみたら、おっしゃるようにこれはアオダイショウのチビだったんですね。大きくなると、あの紋様は消えてしまうわけですね。
鳥は、ヒナの時は地味なのに大きくなると派手な姿になるやつが多いようですが、イノシシは子供の時にはストライプがあるのに大きくなるとなくなってしまいますね。
追記しておきます。ありがとうございました。

Posted by: 玉井一匡 : July 15, 2008 04:27 PM

webサーフィンしていて立ち寄りました。
子供達にヘビに対しての偏ったイメージを持たせたくないですね。
結構触ってもヘーキな子も多いです。

ところで画像のヘビはヤマカガシではなくて、アオダイショウのベビーですね。
カワイイサイズです。

Posted by: 通りすがり : July 15, 2008 02:36 PM

kadoorie-aveさん
さすがに、栴檀は双葉より芳し。女の人でヘビがともだちという人は、滅多にいませんね。後年、高校の先生がanimalよおっしゃっただけのことはあります。女の子がヘビやカエルにキャッというのが嫌なので、うちの娘には小さい頃からガマガエルをだっこさせたりしました。しかし、幼稚園に行ってからちゃんと女の子文化に影響をうけて、いつのまにかカエルが苦手になってしまいました。もしかすると、むしろあれがむしろ逆効果だったのかもしれません。
そういえば、栴檀てどんな木なのか知らなかったのでウィキペディアを見ました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3

Posted by: 玉井一匡 : July 30, 2007 10:45 PM

さすがに今は積極的に触ることはなくなりましたが、小さい頃はヘビはお友達でした。庭にいるだけで、垣根にからまりながらニョロニョロ進むヤツがいたり。そいつは思った以上に大きくて感動しました。野山で蛇の抜け殻集めなんかしていました。ミミズを集めたり、バッタを観察したり...そういえば人間のお友達より、たくさんいましたね。野山の友だちが。
それなのに、わが息子たちときたら、小バエに大騒ぎ。ゴキブリに絶叫。公園で一緒に落ち葉に埋もれてウトウトしたりしたのに....「庭」とか「裏山」のほうがやはりいいなと思いました。

Posted by: kadoorie-ave : July 29, 2007 01:17 AM

Wakkyさん
「つかまえて食うか」というのは、さすがに冗談のつもりでした。しかし、釣りをするやつの中に「キャッチアンドリリース」なるものを、さもやさしい振る舞いのように言うのは、けしからんと思うのです。
われわれ人間にとってはあそびにすぎないけれど、彼らにとっては命がかかっているのだから、「釣るんだったらぜんぶ食うというつもりでやれ。食えないんだったらもうやめて帰れよ」とぼくは言ってやりたい。ときどき、気取って魚とファイトするなんて書いているやつがいますね。老人と海のじいさんならそういう発言をする資格があると思いますが。
おっしゃるとおり、動物も植物も、食うことを基本に接するべきですね。

Posted by: 玉井一匡 : July 24, 2007 12:10 PM

玉井さん、おはようございます。僕は、「『へえ、つかまえて食うか』『森に放すんだよ』」という会話に、世代による自然観の差を感じました(^^;;。ところで、爬虫類は、総じて美味しいと思いますが、このヘビは、食べるにはやはりかなり小さいですね。環境問題に強い関心をもって仕事をしていますが、僕は、だんぜんスズメバリバリの「食べる派」です。食いしん坊が食いしん坊であるゆえに、自然を大切にしたいと思う、そういう「食いしん坊のエコロジー」がよいと思っていますしね(^^;;。

Posted by: わきた・けんいち : July 24, 2007 08:33 AM

masaさん
これは、もちろん冗談ですよ。
こんなチビだと怖くないし、よく見ればかわいい顔をしている。爬虫類は体温が冷たいというだけで、心も冷たいいやなやつだと整理してしまうのは違うだろうと思うのです。このごろのように中国の報道が単純に偏っているのを見ていると、部分の中に本質的なものを読み取るのと、部分が全体を示すと思ってしまうのを区別しなければいけないなと、自省もこめて思います。

Posted by: 玉井一匡 : July 20, 2007 07:40 AM

Chinchiko Papaへ
Chinchiko Papalogを読みましたよ。落合の自然はたいしたものですね。日本の物語には昔からヘビやタヌキが出てくるのも、こうやって人間との接触が多かったからなんでしょう。落合のこういう環境を、なんとしても残したいですね。

Posted by: 玉井一匡 : July 20, 2007 06:43 AM

しかし、「へえ、つかまえて食うか」というのが、玉井さんらしい…と言いますか(^^; いや〜閉口いたします(^^;
でも、カメレオンの可愛さを教えていただいたのは玉井さんからですし、ヘビにもトライしてみる価値がありそうです。…と、エントリーを拝読しながら考えているところです。

Posted by: masa : July 20, 2007 01:17 AM

ある日の、わが家の風呂場での出来事。見つけると、裏の森へ
放してやるのですが、たびたび家の中まで侵入されてます。
http://blog.so-net.ne.jp/chinchiko/2006-07-08

東京じゅう、タヌキだらけですね。(^^;

Posted by: Chinchiko Papa : July 20, 2007 12:20 AM

yukiりん、久しぶりです
ちょっと、ギョッとしてもらおうと思い拡大写真を入れたんです。ギョッとしてくれてありがとうございます。とてもかわいらしかった。小学生の頃に、ヤマカガシのチビを飼ったことがありましたが、何を食べさせたのか憶えていません。コオロギでも捕まえてきたのかな。
われわれの頃のガキは、生き物を自然に還してやろうなんていう殊勝な心がけなんかなくて、レンガの罠でスズメを捕まえて飼おうとしたりしていました。かごに入れておくと、たいてい翌日には死んでいるのを見て、ドキッとするのです。大人たちも焼き鳥屋でスズメを頭からバリバリと食べたりしていました。
まだ、自然は多少荒っぽく扱ってもビクともしないと思われていたんですね。このごろは、そういう自然の扱いにしっぺ返しをされているようです。
せいぜい、原発をなくせるようにエネルギー消費を減らしましょうね。

Posted by: 玉井一匡 : July 19, 2007 09:47 PM

かきのきのくらさん
ウナギだったら誰でも食べちゃいたいと思うのが人情というものでしょう。これがウナギで、川に放そうなんて言われたら、ぼくは「オレに任せろ」と説得したでしょう。子供相手に、魚屋さんは大人げないんじゃないでしょうか。で、結局くらさんのウナギはどうなったのか、とても気になります。お母さんに頼んだのでしょうね、きっと。

Posted by: 玉井一匡 : July 19, 2007 09:10 PM

Chinchiko Papaへ
たしかに、表面の模様はちょっとマムシに似ていますね。ただ、頭の形が三角形ではないところはあきらかに違うから、よく見れば間違うことはないでしょうに、マムシ酒のつもりでヤマカガシを漬けているひともいるかもしれないですね。
落合には、タヌキだけでなくてヘビもいるんですか。
ところで、豊島園にいる友人の家には、このところ毎晩タヌキがでるそうです。

Posted by: 玉井一匡 : July 19, 2007 08:55 PM

一瞬 ギョっとしたのですが、こんな小さなヘビなら少し可愛く思えますね。
子供達の表情も可愛らしい。我が子にもヘビ体験させたいなぁ。その前にコチラが触る訓練をしなくちゃです。^^
あの地震の時は新潟にいらしたのですか?お母様も驚いたことでしょう。
この夏も帰省する予定でしたが原発問題などを考えると新潟の海に入りづらくなりますねぇ。悲しいです。

Posted by: yukiりん : July 19, 2007 05:00 PM

小さい頃、近所の川でウナギを捕まえました。
「川へ放そう」なんて、いいことはいわず、
魚屋さんに持って行って、
「蒲焼きにして」とお願いしました。
もちろん断られました。

最近は身の回りに本物の自然が減りつつありますが、
「自然は子供の大教室」。
学ぶことが多いような気がします。
大人になった私ですが、まだまだ学力不足の劣等生。
庭という分校通いが続いています。

Posted by: かきのきのくら : July 19, 2007 03:50 PM

うちの近所でも、ヤマカガシの子供(30cmぐらい)を見たことがあるのですが、
ちょっと見た目にはマムシと間違えられるらしく、殺されてしまうことが多いよ
うです。いつでしたか、親ヘビが自動車にひかれているのも見ました。
数からいうと、近所やシマヘビやアオダイショウのほうが多そうですので、
ヤマカガシの生息域はかなり圧迫されているのかもしれません。
わたしやオスガキたちは、ヘビをかわいいと思うのですけれど、どうもそうじゃ
ない方が多いようで、ときどき家中やご近所から絶叫が聞こえてきます。(笑)

Posted by: Chinchiko Papa : July 19, 2007 03:16 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?