August 24, 2007

NAT KING COLE EN ESPANOL

 Click to PopuP

 amazonの正方形の段ボール包装が宅配便で事務所に届いた。iGaさんからではないか。急いで開いてみると、予想通りCDだった。NAT KING COLE EN ESPANOL。
うーむ、MADCONNECTIONのエントリーに書かれていた、あのION iTTUSB05 USB Record Player をつかってLPからGarageBandでMacに取り込んだやつからつくられたCDだ。「こんど会ったら聴かせてね」という、かわいいコメントを書いたので、残暑見舞いとして送られたのだろう。人間、正直でなければならないということだなあ。サンキュ、iGaさん。
さて、さっそくCDプレーヤーに入れてみた。

 なかなかの音ではないか。スクラッチノイズは聞こえない。いつのまにか、素直にナット・キング・コールの美声にひかれてしまう。音のジューシーなところは少々減るのかもしれないが、それは音楽そのものの力によって補われるのだろう、期待以上の音だ。iPodに入れて一晩、冷凍庫で冷やしてから海岸に持って行って日向のキャンバスチェアに寝転がって聴くなら、とてもしあわせだろう。なんとかダイキリを片手に・・・、なんてことを言えないのが悔しいですが。
 と、思ってヘッドフォンで聞いてみると、この時代と今の音作りの違いというものか。スピーカーで聴いた音からすると、すっかり魅力が減ってしまう。スクラッチノイズを消すときに一緒に消されてしまうものがあるのだろう。CDで、オジさんらしく落ち着いてスピーカーで聴くというのがよさそうだ。Macの内蔵スピーカーで聞いても、ヘッドフォンよりもずっといい。
キング・コールの歌だけは、スピーカーでもヘッドフォンでも魅力を失わないのは、さすがだなあ。
iGaさん、あらためてありがとうございました。

投稿者 玉井一匡 : August 24, 2007 04:10 PM
コメント

塚原さん
ありがとうございました。塚原さんは一般人ではなくマニアですから、マニアの場合ですらノイズをなくすには単純に洗う、つまり原因をなくすというのがいちばんというのは当たりまえのことですね。
この季節だからなおさらなのでしょうが、このアルバムは、聴くほどに好きになります。そう思いながら、だれかのピアノを聴いて、キング・コールはピアニストの道を諦めたという話をきいたことがあるが誰から聞いた話だったっけと、記憶を辿っていました。塚原さんからでしたか。ひとの運命を決定するほどのピアノを実感したいのですが、テディー・ウィルソンのどんなアルバムがいいのでしょうか?もしかすると、それも山口さんの本に書かれているのでしょうか。

Posted by: 玉井一匡 : August 30, 2007 01:39 AM

玉井さん、私も10年近く前にレコードのCD化に苦労しました。どのメーカのCD−Rがよいか色々試し、コダックの金メッキされたCD−Rを秋葉原で買い占めたりしました。電気的にノイズを除去するより、レコードを洗ってゴミを取ってから再生するのが一番です。
ナット・キング・コールは、アルバム「Love is the Thing」に収められている「スター・ダスト」を装置のチェック用によく聴いていますし、車のCDプレーヤには何時もこのCDが入っています。キング・コールは、そこそこのジャズピアニストでしたが、テディー・ウィルソンのピアノを聴いて歌手に転向したというエピソードがあります。テディー・ウィルソンが女性ボーカルと共演する「イネス・カヴァーノ/タイムズクラブ」もいいですよ。
昨年、一昨年と、ヘミングウエイとダイキリで有名なキューバ、ハバナにあるレストランバー「 Floridita」に寄りましたが、玉井さんと同じく酒が飲めない私は、ただ眺めているだけでした。
上記レコードについては、山口克巳著『LPレコード再発見』16、55ページを参照して下さい。
http://www.amazon.co.jp/LP%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%86%8D%E7%99%BA%E8%A6%8B%E2%80%95%E5%86%86%E7%9B%A4%E3%81%AB%E6%A3%B2%E3%82%80%E9%AD%94%E7%89%A9%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E3%81%AB%E8%BF%AB%E3%82%8B-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E5%85%8B%E5%B7%B3/dp/4416103050/ref=sr_1_1/249-6763291-3115507?ie=UTF8&s=books&qid=1188406396&sr=8-1

Posted by: 塚原 : August 29, 2007 10:16 AM

塚原さん
コメントを書き込んでいただくことができなくなってしまい、失礼しました。このところ、ひさしぶりにスパムコメントが多くて、禁止IPアドレスを書き込んだ時に間違えたフォーマットでアドレスを書いてしまったせいで、コメントそのものが書けなくなってしまったのでした。修正しましたので、今度はだいじょうぶでしょう。どうか、もう一度書き直してください。

Posted by: 玉井一匡 : August 29, 2007 01:07 AM

nOzさん、ありがとうございました。
おかげで、暑さを楽しみ夏の名残を味わうことができます。
さっそくdaiquiriをウィキペディアを調べてみました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Daiquiri
これによれば、ダイキリというのはキューバのサンチャゴの近くの海岸、あるいはその近くの鉄鉱山の名からきている。ダイキリはヘミングウェイのほかにJ.F.ケネディも好きだったともあります。「ライ麦畑で捕まえて」の主人公ホールデンはダイキリが好きだと自分では言うのだが、いつも scotch and soda をのんでいるとか。じつはこのひとたち、かつてぼくが共感していたひとびとです。

まずは、ありあわせの材料でFrozen Tamai Daiquiriをつくって報告します。

Posted by: 玉井一匡 : August 26, 2007 05:20 PM

残暑を楽しむナッキンコール、シェアさせて頂きましたのでTBコメントです(^ ^;)
http://karakara.pepper.jp/blog/2007/08/nat_king_cole_daiquiri_1.html


Posted by: nOz : August 26, 2007 04:01 AM

iGaさん、どうもありがとうございました。デューク・エリントンでさえ「公爵」だったのにキングと呼ばれてブーイングがなかったのだとしたら、やはりこの人はすごいんですね。
シンバルというのは、ほどよくきこえると、とても臨場感が増すけれど、主張しすぎるとうるさいという楽器ですね。そういう音はスクラッチノイズと一緒に捨てられちゃうわけだ。でも、シンバルはいい音も削られそうだな。
ベースはそういう心配はなさそうだが・・・と、書いているところに、U-17柿谷がうつくしいシュート!

Posted by: 玉井一匡 : August 26, 2007 01:44 AM

理屈抜きで楽しめる、て云うか、理屈を寄せ付けないキング・コールって凄いですよね。夏バテにキング・コール、(^_^;)
Amazonに注文していたゲイリー・ピーコック(西落合に住んでいた頃)のEASTWARDが入荷できずにタイムオーバーでキャンセルになってしまったので、アナログLPからCDにしてみると、今まで気に障っていた村上寛のシンバルの音が以前ほど気に障らなくなったりとか、微妙に違います。

Posted by: iGa : August 25, 2007 10:00 AM

かきのきのくらさん
そうですね、あれもよかったですね、しかし、ぼくは持っていないのでamazonを探しましたが見つかりませんでした。オヤジさんがまだ若い頃のUNFORGETABLEは、CDのアルバムをもっているのですが。といっても、いつだったか次女にプレゼントしてやったものだから、ぼくのものじゃないですね。
次女の名前が紅帆というので、このアルバムにRed Sales in The Sunsetという曲があるのだとおしえてやりました。この曲から名前を考えたわけではなくて、姉とつながる名前にしようと、夕日に染まった帆を思ったのでしたが、無意識のうちにどこかでリンクしていたのかもしれませんね。

Posted by: 玉井一匡 : August 25, 2007 12:10 AM

ナット・キング・コールと娘ナタリー・コールの
「UNFORGETTABLE」合成デュエットは、
至極の名曲。時を越えてDNAが響きあうその歌声は、秋の夜長に最適です。
娘と言えば、玉井さんの娘さんのライブに、
ぜひお邪魔したいと考えています。
楽しみにしています。

Posted by: かきのきのくら : August 24, 2007 11:29 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?