September 24, 2007

ioraのライブを カフェ杏奴で

Click to PopuP

もう一昨日の夜、またしても一斉エントリーに乗り遅れた。
通常の営業をとりやめて、カフェ杏奴でiora(アイオラ)のライブが開かれるドアを開けると、ぼくの顔見知りの一団は、すでに中二階の天井桟敷を占めていた。小学校から高校まで、学校の遠足などでバス移動するときには、いつもなぜか最後尾の席に陣取っていた。
演奏を生で聴くこともデュオの二人に会うことも初めてのことだったが、ぼくは杏奴においてあったCDを1年ほど前に買って聴いていたから音楽は知っているつもりだった。が、ききはじめるとギターの助っ人がひとり加わっただけで電気の力は何も借りていないのに、演奏はCDとは比べようもないくらい厚みと力があって心をさわがす。
どこからも見えるように聴けるようにするために選んだ結果、ステージは入り口のすぐ脇にある。ギンレイ会館地下のポルノ映画館「くらら劇場」の、スクリーンのすぐ横から客が入ってくるという非常識を思い出した。
外を走る車たちがひっきりなしに背景を横切る。ガラス越しに歩行者がのぞき込む。
こういう夾雑物が、演奏のためにつくられた場所にはないたのしさを増幅する。
ioraの音楽は、カフェ杏奴のありかたと近いところにあるのだ。
毎日のように、ここにやってきては作詞をしているそうだから、それも当たり前なのかもしれない。

「今日は、かなり年齢の上のかたもいらっしゃるので、カバー曲を歌います。」と、われわれに配慮をしめして歌ってくれた久保田早紀の「異邦人」を聴いて、彼らの音楽の方向が分かるような気がした。
市場、ざわめき、移動。

アンコールの2曲目、最後の最後に杏奴のママに一曲が贈られた。 「カフェ杏奴」
こんな歌詞ではじまる曲は、シンプルなメロディの繰り返しと、おだやかに漂うような間奏がここちよい。
歌詞に描かれる店の様子とそれぞれの記憶を重ねあわせて、共感の笑いがこぼれる。
思いがけぬ贈り物に涙ぐんでいるママの様子も伝染した。

11時を過ぎた頃に
少し早めのランチタイム
おてんとさまとご一緒に
カフェ杏奴にでかけましょう
カランコロンとドアベルが
鳴ればママさんお出迎え
好きなお席にどうぞどうぞ
地下と1階、中二階
カフェ杏奴、カフェ杏奴、カフェ杏奴、カフェ杏奴
詩:Momo/iora

Click to PopuP
ioraの女声ヴォーカル、「桃ちゃん」には、もうひとつ特筆すべき特技がある。フェルトでいろんなもののミニチュアをつくってしまう。写真は、箱に入ったピザ、直径2cmくらいのサイズにトッピングはきっとサラミだろう。ピザケースの右下にはグリーンの瓶にはいったタバスコもある。切り取った一切れは、チーズが溶けてすこしこぼれようとしているのだろう、台よりもすこし大きい。芸がこまかい。こういうミニチュアが、杏奴の店のあちらこちらにたくさんおいてある。

じつは演奏の間ずっと、ぼくは音楽と胃袋の誘惑に引き裂かれていた。いや、両方の誘惑に身を委ねていたというべきかもしれない。小野寺さんから、少し遅れそうだという電話があったときいてわれわれが浅ましくも期待したとおり、両手にたくさんの料理を抱えて彼女は演奏開始直後に到着していた。そのメニューは、小野寺さんのブログに書かれているが、手作りの塩玉子の月をいれた手づくりの月餅を初めてごちそうになった。そこに写真のない酔鶏(酔っぱらい鶏)、それに椎茸のエビ餡詰めの写真を、ちょっとピンぼけだがぼくの記憶のために加えておきたい。

投稿者 玉井一匡 : September 24, 2007 09:16 AM
コメント

kadoorie-aveさん
ごちそうさまでした。天井桟敷という位置取りも、落ち着けてほんとうによかったですね。グラスは、kadoorie-aveさんのお力だったんですか。連鎖させて申し訳ないような、仲間が増えてホッとしたような気分です。ぼくはお皿を落としたのに皿は大丈夫だったことに、かえって驚きました。おかげで、余分に食べて得しちゃいました。

Posted by: 玉井一匡 : September 25, 2007 09:47 AM

fuRuさん
昨夜、返信コメントを書いたのに送っていなかったようで、おくれました。
大銭はないけれど、小銭なら任せてください。(でも、スーパーのレジでおつりを渡す時には「大きい方から」と言って1000円札をくれますけどね。)
「カフェ杏奴」のCDのことや「低音質ライブ録音」のことについては、こんど杏奴ママとioraご当人たちに相談してみなきゃですね。

Posted by: 玉井一匡 : September 25, 2007 09:33 AM

酔鶏と、椎茸のエビ餡詰めの画像をありがとうございました!
私には、何故いま自分がこんなステキな場所にいてioraさんの歌を聴いているのか、何故いまこんなにすてきな人たちと一緒に楽しんでいることができるのか...???とても不思議な気分でした。豊かな時間でありました。

Posted by: kadoorie-ave : September 25, 2007 02:53 AM

小銭のない私に
1000円札を一枚お貸しいただきありがとうございます。
おかげさまで、ioraのCDも買えたし
ふたりのサインもいただくことが出来ました。

それにしても、あの「カフェ杏奴」という曲、すごく良かったですよね。私も家に帰ってからも耳から離れません。

ママさんにプレゼントしていた音源をカフェ杏奴限定で発売しても良いんじゃないかと思っていたのですが、人の笑い声も混じるヴァージョンはそこにいた者としては愛おしいですね。

Posted by: fuRu : September 25, 2007 01:23 AM

masaさん
ぼくのデジカメに、マイクのアイコンの書いてある機能があるのを知ってはいましたが、使ったことがありませんでした。「カフェ杏奴」を贈られたときのママの表情を見て音を残しておきたいと思い、その機能を試してみました。音入りの静止画像をとるのかと思ったら、音だけが記録されました。
それを聴いてmasaさんとデッドのことを思い出しながら歌詞を起こしました。まわりのひとたちの笑い声が残されていて、なかなかいい感じです。でも、ほんとはioraにOKをもらわなきゃいけませんね。

Posted by: 玉井一匡 : September 24, 2007 11:29 PM

いのうえさん
そういう場所をつくりあげるには、いのうえさんが少なからず貢献していますね。そもそも、そこをぼくに教えてくださったことを、ありがたく思っています。
なんていう言い方はちょっと固くて、サンキュというのがふさわしいかもしれません。とにかくいい一夜でした。「下落合にやたら詳しい人」の不在が残念ではありましたが。

Posted by: 玉井一匡 : September 24, 2007 11:21 PM

玉井さんの、キレがありながら暖かく優しい感性…というフィルターを通過したこのエントリーを拝読しますと、改めて、この夜の豊かさに気づかされた…という気分です。そうだったんだよな…と。素敵です。

Posted by: masa : September 24, 2007 09:54 PM

杏奴のなかでママさんが毎日育んできたいろんなモノが時を経て熟成し、ある一つの善いカタチになって生まれ出てきたようにも思える特別な夜でした。 いやあ杏奴リピーターにとっては実に素敵な一夜でしたね。 

Posted by: いのうえ : September 24, 2007 09:15 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?