October 24, 2007

やせがえる・後日譚、というよりも先日譚

Click to PopuP

 スソアキコさんが著書を送って下さった。まずは読んでからエントリーしようと思っているうちに時が経ってしまい、遅ればせだがお礼のメールを送り、「ぼくのblogのカエルのエントリーを読んでみてください」と書き添えた。じつは、スソさんはこの部屋を仕事場として借りていたことがある。
これを読んだ彼女から、すぐに返信が届いた。とてもおもしろいのだがコメントに書くには少々長いので、新たにエントリーすることにした。もちろん、公開することは、ご本人から了解を得ている。
このイラストは、いまの日立の掃除機のコマーシャルで使われている、ゴミーズと呼ばれるキャラクターたち。スソさんのしごとだが、彼女のイラストに登場するのは、こんな風にちょっと屈折したやつが多い。

   *  *  * 須曽さんからのメール *  *  *
カエルの写真大変驚きました。実は、ほぼ同じことが私がいるあいだにも起きたのです。
あまりに状況が似ているので、もしや私が掃除をしないで放置したのではと一瞬思ったくらいです。

わたしもあの障子はめったに開けなかったのですが、
あるとき大家さんのところにお邪魔したあと、部屋に戻る際になんとなく目にはいったのです。
ガラスの向こう側にジャンプするカエルがいたのでした。
後ろ足が伸びきっていて、瞬間冷凍保存されたような姿でした。
ガラスにもたれかかって立っていたのです。
しかし生気なくひからびていました。
なんだかすぐに部屋の中から取り出す気になれず、そのまま見てみないふりというか、
知らなかったふりをして、たぶん半年以上そのままだったように思います。
とうとう引っ越すことになり、意を決して取り出し、土に還してあげました。
はじめに見た時よりもちょっと小さくなっていたような気がしました。

わたしは光をもとめてジャンプした瞬間に死を迎えてしまった様子に
恐怖を感じていたのかもしれません。
それに比べて、送っていただいた写真はなにか穏やかな感じがします。
わたしはカレともカノジョとも思わなかった気がします。
話はそれますが、道を横断するカタツムリを見付けたことがあります。
車に轢かれてはかわいそうだと思い、また
その先には植物もなかったので、気を効かせたつもりで
逆側の紫陽花の葉に乗せてあげました。
翌日、同じ場所、道のまんなかでカタツムリの殻がこなごなになっていました。
再度道を横断しようとしたのかどうかはわかりませんが
鳩のはなしを読んで想い出しました。
              *  *  *  *  *  *  *  *  
ぼくが見たやつは、眠るように即身仏のごとく蹲踞の姿勢を保っていたが、スソさんの時には、ジャンプしたまま凍り付いたように乾いていたという。
どうして生きているときの瞬間を保存したような姿勢でいたのか、それに、どうやってこの隙間に入り込んだのか、不思議な話だ。
メールを受け取ったあとに、もっとくわしく話を聞きたくて電話をかけた。
スソさんは、写真を撮っておかなかったことを、ひどく後悔していたので
「スソさんはイラストを描けばいいじゃない」と言った。

投稿者 玉井一匡 : October 24, 2007 08:04 PM
コメント

わきたさん
いや、ほんの付録のようなものです

Posted by: 玉井一匡 : October 29, 2007 03:51 AM

玉井さん、今気がつきましたが、「そろそろ、かえるので」って、例の、駄洒落ですか(^0^)?

Posted by: わきた・けんいち : October 28, 2007 04:37 PM

わきたさん
この前も同じことがあったんですが、わきたさんの「金魚人」のところにコメントを書いたのに、「投稿する」のボタンを押したら、消えちゃったんです。これも壊し屋たるゆえんというものなんでしょうか。
そろそろ、かえるので、おやすみなさい。
うちに帰ったら、娘のMacを借りてわきたさんのblogのコメントに再挑戦します。

Posted by: 玉井一匡 : October 27, 2007 12:17 AM

玉井さん、こんばんは。
「壊しちゃった」のではなく「こわれちゃった」のですがね。>玉井さん
(^^;;;、そ、そうですよね、「こわれちゃった」んですよね、Macのほうに問題があったわけですね。すみません・・・。
固まっちゃったカエルのはなしも不思議でしょ、反応してよ。>玉井さん
それでは、反応します。ちょっとお時間くださいね。ケロケロ


Posted by: わきた・けんいち : October 26, 2007 10:55 PM

わきたさん
さっそく、わきたさんちに飛んでいきます。
その前にMacのことですが、そうなんです。こわれちゃいました。以前から、筐体のそこにパリの道路のように放射状のヒビができて、段々ひろがってきたのです。機能には支障がないのでビニールテープで補修しておいたのですが、そろそろヒビの拡大が目に余るものがあり、とうとうアップルストアに行きました。「壊しちゃった」のではなく「こわれちゃった」のですがね。
ところで、金魚人が面白いのはもちろんだけれど、固まっちゃったカエルのはなしも不思議でしょ、反応してよ。

Posted by: 玉井一匡 : October 26, 2007 06:28 PM

玉井さん、この『金魚人』を拝見したときの感動を記録しておこうと、拙ブログにエントリーしました(^0^)ゞ。こういうシモネタはOKですよ、僕も。で、またまたパソコン壊しちゃったんですね・・・やっぱり・・・。

Posted by: わきた・けんいち : October 26, 2007 05:54 PM

わきたさん
そうそう、たしかに、スソさんのイラストはどこかで見ているなというのがありますね。もちろん、実際にどこかで見ていることもあるんだろうけれど、どうも一人一人の中にこういうできごとやふるまいがあって、スソさんの漫画やイラストを見ると、「ほらね」といって、それを見せてくれるんだという感じがするのです。わきたさんがはまるっていうのは、よく分かる。
イラストの人々はちょっとした毒やひそやかな悪意のようなものを見せるけれど、ご本人はそれをちっとも感じさせません。スソさんはムーミンのミーが好きでしょうときいたら、案の定、いちばんすきだと答えました。
わきたさんになんと言われようと、金魚人のシモネタ(というより糞尿譚か)にはついつい爆笑してしまいました。
カエルの話もいつかイラストになるでしょう。
じつは、またMacBookが入院してしまい、夜中にはblogをみられず、コメントが遅くなりました。

Posted by: 玉井一匡 : October 26, 2007 12:05 PM

玉井さん、こんばんは。スソアキコさんというお名前、初めて知りましたが、スソさんのイラストは「どこかで確実に見ているよな」と確信しています。で、彼女のサイトの「あかしあ第一小学校」が、むちゃくちゃ気にいってしまいました~!!「金魚人」、ぞくぞくしました~!!なんだか、自分にピッタリのお話しばかりで。好きだな~こういう作品。

Posted by: わきた・けんいち : October 25, 2007 11:30 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?