November 25, 2007

アンカレッジ空港の水上機

Click to FlyToAirport

 飛行艇の写真を載せて坂本宏明さんのラジコン飛行艇を紹介したAKiさんのエントリーを見て思い出したことがある。
Google Earthでアンカレッジ空港に行ってみると、その北東の一部あるいは北東のとなりに、面白いものがあると、いつだったか本間さんが教えてくれた。ナスカの地上絵のハチドリような複雑な形をした池があるのだ。この地図をクローズアップしてみると、さまざまな色をしたちいさな飛行機たちが池の周囲に羽を休めているのが見える。水面を飛び立とうとしているやつもいて、いまにも動き出しそうだ。ハチドリの翼のでこぼこのかたちは、水上飛行機のための桟橋のようなものらしい。
Google Earthなら 、61°10'46.44"N 149°58'26.67"W

「紅の翼」でポルコロッソが水上飛行機を着水させていたのは、海に面する小さな漁港のような湾だったと記憶しているけれど、水上機にしてみれば海よりも池の方が波もないから離着水しやすいだろうし、塩分で機体を傷めることも少ない。たしかに、こういう水面の方が水上飛行機には向いている。映画「インソムニア」でアル・パチーノが舞い降りたのも湖だったように思う。大きな水面は、均す必要も雑草を刈る必要もない天然の滑走路なのだと、あらためて気づいた。
AKiさんのエントリーを読むと、飛行艇ということばと水上飛行機ということばが書かれているのだが、どうちがうのだろう。と、思ってwikipediaを開いてみると、さすがに丁寧な説明がある。胴体で直接に水に浮かぶやつを飛行艇、フロートのついているのをフロート水上機といい、それを総称して水上飛行機というのだそうだ。ポルコロッソが乗っていたのはフロート水上機というのだ。(ぼくの記憶をたよりにこう書いたら、コメントでAKiさんが間違いを指摘してくださったので、最後に追記しました。)

英語版のwikipediaには、もっと説明がくわしい。飛行艇はflying boat、フロート機は float planeというようだ。Air Boat, Sea Plane, Amphibious Plane なんていうことばもある。Amphibianが両生類。Amphibiousはクルマで言えば水陸両用車、水上機の場合には車輪が出てきて地上でも離着陸できるやつのことだそうだ。しかし、飛行機にしてみれば車輪を胴体にしまい込むのはふつうのことだから、飛行艇は大部分がAmphibiousなのだろう。

たいていの少年は乗り物が大すきだ。それは、別の世界やべつの場所に行けるからだが、それにもまして、別の世界や状態に移るということそのものがすきなんだ。Amphibiousの飛行機は、水と陸と空という三つの世界を移動するのだから、少年にとっては、たまらない憧れののりものであるのはあたりまえだね。

*追記
秋山さんの指摘によれば「ポルコロッソが乗っているのが飛行艇で、敵役のカーチスがフロート水上機」が正解だそうだ。眠気にまけておこたってしまった裏付け検索をすると、紅の豚の水上機のプラモデルと、そのパッケージの写真があった。なるほど、翼のためのフロートはあるが、機体の本体が直かに水に浮いている。

投稿者 玉井一匡 : November 25, 2007 01:34 PM
コメント

AKiさん
 Google Earthに乗ってKENMORE AIR HARBORに行ってきました。たしかに、アンカレッジのほうがいっぱい飛行機がいるようですね。しかし、KENMORE AIR HARBORの大きな橋の南側のたもとには、桟橋にボートでなく住宅が係留してあるようなところがあります。ここはちょっと行ってみたいと思いました。
と思って、もうひとつ思い出しました。ここから東に行って海峡を渡ったベインブリッジアイランドというところに、うちの愚妹たちの住んでいる家があるのです。Google Earthで見ただけでもうらやましい環境であることが分かりますが、元をたどれば、土地所有なんていう概念のなかったインディアンをだましたりころしたりして奪った国土なんだから羨やましくなんかない・・・なんて。

Posted by: 玉井一匡 : December 2, 2007 10:41 PM

五六年前、シアトルであった人が、娘の夏休みキャンプに水上機で行くんだと行ってました。
あの辺りも水上機じゃないと行けないところがありそうですね。シアトルには KENMORE AIR HARBOR なる水上機用空港があるようなので、GoogleEarth で行ってみましたが、水上機が陸に上がって甲羅干しというようなもので、アラスカにはかないません。
34°43'55.62"N 137°27'10.71"E

Posted by: AKi : December 2, 2007 02:10 PM

AKiさん
ありがとうございました。さっそく検索して画像を付け加えました。
Google Earthで見ると、なるほどアラスカでは水上機がタクシーのように使われるのだろうということが実感できますね。

Posted by: 玉井一匡 : December 2, 2007 12:16 PM

早速、アンカレッジ空港に飛んでみました。
やぁ、トンボみたいにたくさんいますね。アラスカって道路がなくても湖や沼はたくさんというわけで交通手段として必須のようですね。ここから釣やら何やら観光旅行にも出かけるようですし。
ところで、ポルコロッソが乗っているのが飛行艇で、敵役のカーチスがフロート水上機ということになります。

Posted by: AKi : December 2, 2007 10:47 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?