April 29, 2008

マーフィーの戦い

MurphyNovel.jpg/「マーフィーの戦い」/マックス・カトー著 佐和誠訳/早川書房/今は古本しかないが初版1972年に560円

なぜか先週から新たに写真をアップロードすることができなくなってしまったが、原因がわからないままに、ふたたび写真をアップロードできるようになって、図書館から借りた「マーフィーの戦争」の写真を加えたので、初めての文字だけのエントリーはなくなった。
先日、aki's STOCKTAKINGでラジコンの水陸両用飛行機を紹介するエントリー「Grumman J2F5 Duck」があった。東事務所時代の秋山さんの同僚で、ぼくにとっては事務所の先輩である坂本宏昭さんが、映画「マーフィーの戦い」を再現したくなって、ラジコンのGrumman Duckをつくってしまったのだという。離着陸するDuckのビデオも添えられていて、ラジコンであることをつい忘れてしまい、胸おどらさずにはいられない。kawaさんとiGaさんのコメントへの返信コメントに、小説もあると書かれていたので、中野図書館で検索して注文したとコメントを書いた。するとAKIさんから電話の追撃。
ピーター・オトゥールがマーフィーを演じ、たったひとり水上飛行機を操縦して、アマゾンに浮かぶ島を舞台にドイツのUボートと戦うのだという。なるほど、ピーターオトゥールか。
「最後はねえ・・・・」と、AKIさんは続けようとした。・・・おっと、待ってほしい。
ぼくはまだ読んでもいない見てもいないのだ。まだ結末は聞きたくないと、なんとか押しとどめた。

弱い立場のやつが強いやつらを退治するという物語は、四十七士や高倉健の任侠ものから舞の海に至るまで日本人の大好きな判官贔屓だが、ホームアローンや真昼の決闘、ロッキーなど、ハリウッド映画にもたくさんあるところを見れば、世界共通の普遍的な好みでもあるわけだ。やむにやまれぬ弱者の力の行使は、いま目の前のチベットの抵抗も、古くはベトナム解放戦線やカストロという実例があったが、国家としてのアメリカは臨機応変に応援したりテロリストだとののしったりしている。

いまはGoogleマップやGoogle Earthという強い味方がぼくたちにはある。まずは、物語の始まるところ、ナイジェリアのラゴスの地形やまちを見る。物語に従って、ときに近づきあるいは上空に高くのぼり、地図に変え、マーフィーのあとを追う。戦いの背景に想像がふくらんでゆく。

おんぼろの艦載機をふるいたたせてUボートに戦いを挑む主人公の行動は、いってみれば常軌を逸している。にもかかわらず、読者も周囲の登場人物も、彼と行動をともにさせてしまうだけの現実感が、この物語にはある。しかもマーフィーは黒人にいわれなき差別意識をもっている。腹に蛇の彫物をつけ、女をまずはセックスの対象として見るようなやつだ。にもかかわらず、ぼくたちは彼を愛し行動をともにすることができる。それは、作者が配した登場人物のつくりかたに多くをよっているのだろう。学校にも行かなかったのに、マーフィーよりもはるかに知的な「二グロ」、いやマーフィーだって孤児だったからやっとのことで生き抜いてきたというやつなのに聖書やギリシャ古典の引用が口をつく。軟弱なやさしいフランス人、お祖父さんがアフリカ人だったベルギー人の看護婦。
Uボートに乗っているドイツ兵もひとりの人間として描かれているし、艦長はポーランド系だ。彼らにも奪われた平和なときや、享受すべき喜びがあったことも伝えられる。敵と味方、善と悪という単純なレイアで構成されているわけではない。もちろん、戦場の悲惨も充分に描かれる。シルベスタ・スタローンでなく、ピーター・オトゥールが演じたということをぼくは知っているから、それだけでも、読み方が変わるのだ。

図書館から借りてきた朝は雨が降っていた。
だから、ぼくは自転車でなく電車で行けることを喜んだ。本を読めるからだ。スワンタッチもつかえる。
にもかかわらず、その朝ぼくは、自宅にこの本を置き忘れてしまった、悔しい人として一日をすごした。
そして、以後、引き込まれた。
ストーリーの展開を書くわけにはいかないのが残念だが、面白かった。
TSUTAYAのサイトでは、レンタルのビデオもDVDもまだみつからないので、映画は見ていないのだが、離水するところが見たいものだ。Uボートも。

投稿者 玉井一匡 : April 29, 2008 07:45 AM
コメント

Chinchiko Papaさま
もしかすると偶然かもしれませんが、新しい画像をアップロードすることができました。何が原因だったのかは、まだ究明できません。お騒がせしました、ということになるといいのですが・・・

Posted by: 玉井一匡 : May 8, 2008 12:07 PM

下記の件、了解いたしました。
でも、なんででしょう、イヤな症状ですね。わたしのブログの右テーブルの「読んでるブログ」メニューから、三度ばかり「MyPlace」が消えてしまい、「あれっ?」と思い設定を確認しますと、「接続が取れません」とのアラームが出ていましたので気になっていました。
最初はSo-net側が先日、3日がかりで実施した大規模メンテのせいだと思っていたのですが、度重なりましたので、どうもそうではない気がしてきて書かせていただきました。早く回復できるといいですね。

Posted by: Chinchiko Papa : May 8, 2008 12:50 AM

Chinchiko Papaさま
いや、あながち、このエントリーと無関係なコメントではありません。
このエントリーの始めのところで書いているように、画像のアップロードができなくなってしまいました。そのため、写真のデータ形式を変えたりしてアップロードを試みているからです。アップロードができなくなっていることと、RSSの障害とは、何か関係があるのかもしれませんね。
しかし、OSには手をだしていません。movable typeのバージョンアップもやってみようかと思っていますが、データが壊れてしまっても困るので、秋山さんがかいていらっしゃるロリポブログでも使うことにしようかとも考え始めました。

Posted by: 玉井一匡 : May 8, 2008 12:39 AM

書かれている内容に関係のないことでスミマセン。
先々週あたりから、So-netと「MyPlace」との間で頻繁にRSSが切れてしまいます。
何度か設定をやり直しているのですが、なぜでしょう。(システムのリブートを何度か
されていますか?)

Posted by: Chinchiko Papa : May 7, 2008 07:17 PM

kawaさん
ぼくも、"WAR"については気になりました。「戦い」は、BATTLEかなと、ぼくは思いました。FIGHTでは、「喧嘩」になっちゃうんじゃないかなあ。そのあたりは、AKiさんはひとことあるでしょう。
kawaさんが「あれでいいのかもしれないと思うようになった」という終わり方は、それまでの情熱から考えると、たしかにちょっと意外ではありました。しかし、彼が闘ったのは個人ではなくUボートだったということなのでしょうね。

Posted by: 玉井一匡 : May 2, 2008 01:55 AM

知りませんでした。マーフィーズウォーなんですね。
戦いだったらファイトかな。
’マーフィーの戦い’の方が耳には良いかも知れません。
でも、たった一人の戦争という所が、この話しのミソなのに。

Posted by: kawa : May 1, 2008 12:00 PM

栗田さんありがとうございます。
Macの小さな画面でも充分に堪能しました。が、これを映画館で見れば、さぞかし胸躍ることでしょう。
ぼくは、飛行機のことをよく知らないのですが小説では、ソードフィッシュにつぎはぎのフロートつけたものでしたが、映画ではちゃんとフロートのあるDUCKなのですね。ソードフィッシュってどんなやつだと思ってWikipediaで調べてみると、Duckはユーモラスなところがありますが、これは端正なやつですね。小説の中では、「フロートのついたソードフィッシュなんて見たことがない」とUボートの乗員が言いますが、日本語のWikipediaによれば、水上機もつくられたと書いてあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/フェアリー_ソードフィッシュ
もともとはSword fishというのは、メカジキのことなのだということも知りました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Swordfish

Posted by: 玉井一匡 : April 29, 2008 11:49 AM

ごぶさたしています。

>レンタルのビデオもDVDもまだみつからない
良い時代になったと喜んでよいのかわかりませんが、いちばん醍醐味のあるシーンを9分間だけ、UPしたムービーがYouTubeにありました。
お楽しみください!!

Murphy's War - 1971 - Preview [ War film ]
http://www.youtube.com/watch?v=e2Ta85RIWN0

Posted by: 栗田 : April 29, 2008 09:42 AM