May 24, 2008

「時差ボケ東京」を開く

JisabokeFrontS.jpgClick to PopuP

 昨日の昼前、たまたま矢切にいるときにmasaさんがぼくの携帯電話を鳴らした。
LOVEGARDENに「時差ボケ東京」を納品にいくところなんだという。矢切から飯田橋に帰る途中で電車はLOVEGARDEN最寄り駅の曳舟を通るので、近いうちに寄りたいと思っていたことだし、「時差ボケ東京」を早く見たくもあった。LOVEGARDENで落ち合っていっしょに京島で昼メシを食べようか、ということになった。もちろん主題は昼食ではなく、本と、そこに写された写真だ。
 ぼくが店について少しあとにmasaさん、いやフォトグラファー村田賢比古が現れた。滅多にクルマを使わないmasaさんは、案の定、フレーム付きのバックパックに本を詰めて来た。フレームを開くとスツールになる仕掛けだが、masaさんはそれを写真撮影のときの脚立として使う新兵器。
さて、写真だ。かねてから、masaさんは写真集をつくることにしたと言っていたが、kai-wai散策の路線ではないという。今までだれもやったことのない手法の写真なので、事前に知られてマネをされたりすると台無しになるから、それを避けたいということもあって出版の方法をさぐっていた。が、結局は自費出版という暴挙に踏み切った。昔から、どの世界でもあることだが、何食わぬ顔で他人の苦労してつくったネタをパクる輩が絶えないのだろう。著作権などという金の問題とは別の、人間の誇りにかかわることだ。
デザイナー安田喬氏とふたりでコツコツと作業を進め。印刷や製本もデザイナーの人脈で依頼、ISBNコードさえ個人で取得した。
masaさんによれば、誰が見ても何が違うのかが分かる写真だということだったが、どんな手法で撮っているのか、ぼくは何も知らなかった。ただ、まちを撮ったということだけ。
できた本を見て、ようやく、どんな写真なのかがわかった。

LoveGarden-yukimasa-S.jpgClick to PopuP
 表紙のふしぎな写真を見ただけでは、どうやって撮ったのか、ちょっとわからない。けれども、いくつかの写真を見るうちに謎が解けてくる。周囲の建物や景色がボケているのに、動いているはずのもののどれかにピントが合っている。まちの中を移動するものたち・・・ひと、クルマ、バイク、電車、舟・・・それらの動きに合わせてカメラを動かしているのだ。だから、動くものが静止し、地上に固定したものの画像が動いているという逆説。

 しかし、被写体の動きは一様ではない。あるものは速く、あるいはゆっくり。移動する方向は・・カメラと平行に、斜めに。遠ざかるもの近づくもの。カメラの視線は、あるときは上から見下ろし、あるいは見上げる。フォトグラファーは、あえて難しいさまざまな被写体と動きと位置を選んで、カメラを手持ちして早さ向き方向をそれに合わせて動かす。三脚は、固定された軸を中心に回転するしか能がないから、こういう被写体に使うわけにはゆかない。難易度はきわめて高いのだと、日頃はあれほどに謙虚なmasaさんが言い切るのももっともだ。カメラをきわめて複雑に動かさなければならないのだ。
走るF1を撮るような写真はあるが、F1はどんなに速くても、方向も走る道路もあらかじめ分かっている。三脚を置いて軸の上で回転させるだけだ。こんな複雑な動きを止めた写真を、ぼくたちはこれまでにみたことがない。村田賢比古はそれに気づいて、それに挑戦し、捕らえたのだ。

 もちろん、その結果がすてきな写真になっていなければ、何の意味もないことだが、この写真たちはどれも美しい、魅力に満ちている。動かし方の前に、構成を光の分布を読み取って長方形の枠の中に切り取らなければならない。見開きに並べられた写真は、デザイナーの周到な配慮のもとで組み合わせられているんだと聞いて見直すと、なるほどと思う。本のデザインにかかってから撮り直した写真も少なくないそうだ。
モノとしてのまち東京はボケて抽象のなかに潜み、動くものたちはくっきりと画面に刻み込まれることで、都市はかえって様相を明らかにし美しくなる。ぼくたちは、じつはまちをこんな風に見ているのだ。だから、混乱をきわめる都市にも耐えられるし、ある日空き地になってしまった土地に、それまでどんな建物があったのか思い出せないことが多いのだ。

 この写真たちには、繰り返し繰り返し見てもそのたびに発見がある。しかもそれは、子供でもお年寄りでも素人でも理解し納得できる。なんとなしの気分だけのものがもてはやされる近頃の写真とは一線を画す写真という、masaさんの思いは見事に実現されている。だれにも理解できるが村田賢比古にしか撮れないという写真だ。さらに、いまの一眼レフ・デジタルカメラがなければつくれない初めての価値ある写真集でもある。高い感度(ISO6400、増感すれば25600にもなるんだからとんでもない)、早い連写(9コマ/秒)、短いタイムラグ(0.03秒)、もちろんフィルムを消費することもない。デジタル一眼レフの到達した、そういう能力を使い尽くしている。それらの性能のどれかひとつが欠けても、この写真集(写真の集合体)はできなかっただろう。
おいNikon!村田賢比古のひげ面に熱いKissを贈れよ。
もちろん、ぼくたちは勇気づけられる。ちょっと視点を変えると、この世界にはまだたくさんの発見が身近にあるんだと。

 写真のことをエントリーするというのに、またしてもぼくのデジカメはつづけざまに故障した。だから、このエントリーの写真は、PHOTOSHOPをつかってkai-wai散策の写真を加工したものだ。無断だが、もちろんいいよと村田賢比古さんは言ってくれるだろう。
そうそう、印刷会社の人たちは、「時差ボケ東京」の写真を見て、PHOTOSHOPでつくったものだと思っていたそうだ。
村田賢比古は、デジタル技術をつかって人間が楽をするのではなく、それを徹底的に使い尽くし、人間の手と頭と時間をそれに惜しみなく注ぎ込んで、あえて難しい撮りかたに挑み、美しい画像に沢山の発見を盛り込んだ、しかも集合となってさらに意味を深めるという写真集につくりあげた。ぼくの胸の高鳴りは、まだとまらない。

投稿者 玉井一匡 : May 24, 2008 11:53 PM
コメント

yukiりんさま
先日は、どうも商売の邪魔をしにうかがい、失礼しました。ブルーサルビア、青ジソやもうひとつの難しい名前とうつくしい色のブルーのやつも、ちょうどあのあと雨に恵まれて、すこぶる元気に初夏の清々しさを漂わせてくれます。
yukiりんに加えて杏奴ママ、kadoorie-aveさんと、つぎつぎに夏の花がさきほこる店は、まさしくLOVEGARDENであろうと、こちらの口元もほころびます。その花園で、いろいろにネタに取り上げていただいて、まことにありがとうございます。京島小町のお言葉と思えば、いっそううれしく有り難く、しかも、持ち上げておいてそのあとに、どういうオチがつくのかがよく分かるだけに、それをあえてお書かきにならないないという配慮も、yukiりんのやさしさの表れと、楽しく想像されます。
さっそく品切れになって、またLOVEGARDENに納品とのこと、本の評判のよさと京島の名花にちかづくよろこびに、村田氏・・やはりmasaさんだね・・・のあの笑顔がいっそう深みを増したことでしょう。

もうひとつ。いたずらを面白がっていただいて、ほんとにうれしゅうございます。じつは窮余の一策なのでした。借り物のカメラで撮ったyukiりんの写真を使うつもりだったのに、事務所で取り込んだデータを連れて帰らなかったのでした。今夜になるでしょうが、yukiりんとmasaさんのツーショットを追加しなきゃあ。

Posted by: 玉井一匡 : May 28, 2008 07:00 AM

kadoorie-aveさん
まささんが、この本を置く場所としてLOVEGARDENとブックダイバーを選んだのは、彼の写真を撮る漁場となっているからというばかりでなく、そこに行って、まちと一緒にこの写真たちを読み取ってほしいということがあったのでしょうね。
こんなところだったのかという思いは、こんな風に見えていたのかということでもあるのですね。kadoorie-aveさんが文章と写真とイラストでお描きになる香港や中国がとても面白いのも、こんなところがあるのか、こんな風に見えているのか、こんなふうにまちと接していらっしゃるのかと思うからなのですね。
描き手が、本当に好きだと思いながら描いていればいるほど、見る側も共感してしまう、ということなのでしょう。

Posted by: 玉井一匡 : May 28, 2008 06:35 AM

わきたさん
 はい、ドッキリは、そのせいです。
そういえば、わきたさんのあとにコメントをくださっているkadoorie-aveさんは、ミッションスクールの生徒時代には、なかなかの武勇伝をお残しになったそうですが、その後、先生をなさっていらしたそうです。このサイトをご一読下さい。ぼくは、この話が大好きなんです。
http://oneday55.exblog.jp/4765102

Posted by: 玉井一匡 : May 27, 2008 10:15 PM

こんにちは~玉井さん。
先日はご来店、ありがとうございました。
先ほどカフェアンヌの素敵なママさんがいらして下さいました。ご紹介して頂きありがとうございました。ただね、玉井さんから教えてもらった電話番号が違ったみたいで何度かけてもつながらなかたわぁ~とおっしゃってましたよ(^^;
昨日いらして下さった小野寺さんともお話ししましたが、「玉井さんって素敵でカッコよくて、面白いわよねぇ~」と盛り上がらせて頂きました。素敵でキュートな女性陣達に人気者ですね。
ところでトップ写真には驚きました。とっても面白いイタズラです。さすが玉井さん。
masaさんの写真集はやはり海馬が刺激されるのか、何度も眺めては新しい世界が広がり楽しいですね。
PS,帽子などの持ち物にも名前の記入を…(^^;


Posted by: yukiりん : May 27, 2008 06:36 PM

昨日、遅ればせながら.....でも、大層慌てて京島に行って参りました。本を開いて眺めていると、「ああ、東京って、日本ってこういうところだったのか」と切ないようないとおしいような気分になります。いいですねえ。私はこの本の判の形も好きです。
(玉井さんがこの間ラブガーデンにいらしたときの楽しいお話もyukiりんさんから伺いました。)

Posted by: kadoorie-ave : May 27, 2008 12:00 PM

玉井さん。ドッキリされたのは、「なにかチャンスがあれば、先生になってくださいね(^_-)-☆。」の部分でしょうか(^_-)-☆。「コップの底に顔があってもいいじゃないか!小学校時代から先生に反抗ばかりしてきた男が先生になつてもいいじゃないか!!」です。

Posted by: わきた・けんいち : May 27, 2008 08:22 AM

わきたさん
昨夜は、めずらしく早い時間に人事不省になり、今朝になってわきたさんのコメントを読みました。おかげで、早く起きたぼくは、小学校時代から先生に反抗ばかりしてきたから、わきたさんのコメントを見てドッキリして、すぐに覚醒してしまった。
「時差ボケ東京」に戻りますが、この写真もボケとツッコミで構成されているとも言えますね。ボケのおかげでツッコミをきわだたせると思わせながら、じつはボケることによって都市はその構造を顕らかにしているんだなあ。これは、見るたびにいろいろなことを考えさせてくれます。だから、エントリーの文章も、いつまでも手を入れたくなる。

Posted by: 玉井一匡 : May 27, 2008 06:19 AM

玉井さん、masaさん、こんばんは。
そうそう、そうなんですよ!!玉井さんがお書きになっているように、「じつはmasaさんをネタにして勝手に楽しんでいるのだ」なんですよ。僕は、なんといいますか、けっこう「確信犯」でしたよ(^^;;。だから、本当に、「こんなワクワクするチャンスを与えていただき、maasさん、ありがとうございます」なんです。

さて、玉井さん。話題は、『時差ボケ東京』から離れて(masaさん、ごめんなさい・・・(>o

Posted by: わきた・けんいち : May 27, 2008 12:07 AM

masaさん
ぼくたち、じつはmasaさんをネタにして勝手に楽しんでいるのだと気づきました。
こちらこそありがとうございますと、お礼を申し上げなければならないところです。それに、無断で写真を改造してしまい申し訳ありません。これも、masaさんをネタにして楽しむ方法のひとつですね。masaさんも楽しんでください。

Posted by: 玉井一匡 : May 26, 2008 10:31 PM

わきたさん
ボケとツッコミという役割が、変幻自在に移動するものだとは知りませんでした。ボケ型の人間とツッコミ型の人間がいるのだろうと思っていましたが、人間の型ではなくて、役割の型あるいはふるまいの型があって、それを時に応じて人間が身につけるということなんですね。
岩手時代のわきたさんのお書きになったものや発言も読みましたよ。写真も見たぞ。お若いですなあ。東北のただ中に孤立していながらいささかも引かないのは、関西の文化なのか個体いや個人のの性格によるものなのか、まだぼくにはわかりません。しかし、どちらがいい悪いじゃなくて、こんな小さな国でも、それぞれのところにそれぞれの文化や社会の構造があるということは、とてもいいとぼくは思います。
ぼくたちの時代は、大学に残るなんて冗談じゃないと思っていましたが、先生たちの会話を読んでいると苦労はありそうだが、おもしろそうだなあ。いや、学生になるのも面白そうだ。
おっと、「時差ボケ東京」の話なのに、東京をすっ飛ばして関西と東北のことになっちゃったぞ。

Posted by: 玉井一匡 : May 26, 2008 10:12 PM

出遅れてしまいまして、割り込む隙がありませんが、とにかく、いつも、こうして支援してくださいまして、本当にありがとうございます。そして、制作期間中にも、ご相談にのっていただいたこと、改めて御礼いたします。これからも、ひきつづき、宜しくお願いいたします。

Posted by: masa : May 26, 2008 09:13 PM

玉井さん、こんにちは。ボケについてですが、今回のmasaさんのタイトルのように「時差ボケ」と限定されると、東京の方とほとんど理解の仕方は違わないと思います。それに対して、「ツッコミ」に対する「ボケ」は、かなり違います。東京では「アホ」=「馬鹿」ということなのでしょうが、「ツッコミ」に対する「ボケ」は、ちゃんとした知性がないとできません。

以前、こういう文章を書きました。ホームページの奥の奥のある蔵のなかから出してきました。かなりカビ臭いですかね(^^;;。以前、岩手県の大学に勤務していたときに書いたものです。ご笑覧いただければ幸甚です。
http://www.soc.ryukoku.ac.jp/~wakita/kansai1.htm

Posted by: わきた・けんいち : May 26, 2008 04:02 PM

fuRuさん
土曜日の昼ころに杏奴に寄って、ママにこの本を見せてあげました。
「yukiりんに会ってみたいし、今度の休みにLOVEGARDENへ行って買ってこようかしら」って。
木村伊兵衛賞をおくってもらいましょうか。

Posted by: 玉井一匡 : May 25, 2008 09:10 PM

わきたさん
今頃は、もうわきたさんのお手元にも届いているかもしれませんね。
ぼくは、今も何回も見直しては面白がっています。
ぼくのいたずらも喜んで下さいましたか、ありがとうございます。
それにしても、ぼくのMacもデジカメも、よく壊れるのは否定のしようがありません。「玉井の手は神の手」と、口の悪い友人に言われています。
お祓いでもしないといけませんね。
ところで、関西の方が「ボケ」という文字をごらんになると、われわれが感じるのとは別の意味が加わるんだろうか。ボケとアホは、どう違うんだろうか、なんてことも思いました。こんど、お教え下さい。

Posted by: 玉井一匡 : May 25, 2008 09:00 PM

AKIさん
AKIさんをうらやましがらせるのは、滅多にあることではありませんが。
いい気分です。なるほどね。
表紙の写真を見ると、なんだかヒトが湧いて出てくるような気がするのです、私は。なぜなんだろうと見てみると、手前の左右にある建物の間にいる人たちがはっきり見えるので、右の建物からハッキリビトが出てくるのだというように感じるのかもしれませんね。

Posted by: 玉井一匡 : May 25, 2008 08:44 PM

玉井さま
僕はたぶん、LGのお二人、玉井さん、Niijimaさんに続いて、写真集を開くことが出来た、のかな?
技術的なことは、写真を見れば見るほど凄すぎるのですが、技術は手段でしかないと、この写真集ほど納得させられる写真集はお目にかかったことがありません。
うーん、すごい。

Posted by: fuRu : May 25, 2008 04:58 PM

玉井さん。こんにちは~。玉井さんは、村田ファンのなかでいち早く『Kai-Wai散策』を入手され、村田さんの説明も受けられたのですね・・・なんと贅沢な・・・(^o^)。羨ましいですね~。村田さん=masaさんのエントリーで拝見した「海馬」についての話しと、玉井さんの解説から、いろいろ勉強させていただきました。こうなると、後のものほど、この『時差ボケ東京』に関してエントリーしにくくなってきますね~(^^;;。あっ、fuRuさんもすでにエントリーされていますよ。あ~あ、仕方ありませんね~。ところで、このエントリーの写真、最初は「ええっ!!そんなアホな・・・」と一瞬絶句してしまいました。まいったな~。それから、玉井さんのデジカメは故障中なんですか。なにか、いつもちょっとずつ何か故障させておられますね~(←これは↑に書いたように玉井さんが羨ましいので、ちょっと憎まれ口)。

Posted by: わきた・けんいち : May 25, 2008 01:01 PM

まだ、手に入れていないので.......いいなぁ。
そうですか。とても合点がいきました。あの表紙の写真左手に向かう人達はボケていないけれど、周辺風景はボケている。そして、右手に向かう人は激しくボケている......ということは.......だな、ふむふむ、と思っていたのであります。
他にどんな写真があるのか.........楽しみです。

Posted by: AKi : May 25, 2008 10:29 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?