August 30, 2008

存在しない少女

EfaNoSchoolS.jpgclick to Jump to Vietnam.
 「お母さんげんきですか?」と書かれた、左上の写真をクリックすると、「エファジャパン紹介映像」というページにゆく。そこにあるふたつ目の写真に「エファジャパンのCM」と書かれている。クリックするとベトナムの少女フォンを紹介するムービーが始まって、彼女の現在の生活とそれをもたらした環境、そこで彼女がどのように生きているのか、彼女をどう支援しているのかを伝える。
ムービーはわずか2分。フォンの屈託のない表情は見るものをむしろ元気づける。
それと同時に、制度というものについて考えさせられる。

 少女の母は刑務所にいる。麻薬を売買したためだ。だから、フォンはみずから生きる糧を手に入れなければならない。親がいても、子供の稼ぎに依存しなければならない家庭では学校に行けない子供たちは多い。ましてや親と暮らすことのできない子供が学校に行けるはずはないだろうが、たとえ母が帰ってきてもフォンは学校には行けない。出生届が出されてなかったからだ。
つまり、この子は制度の上ではこの世に存在しないことになっているのだ。

 少女が出生を認めてもらって学校に行くことは可能なのだろうかと、このムービーを初めて見せてもらったあとにエファの事務局長の大島さんにたずねると、できまないのだと言下にいう。
大島さんは、東南アジアのほかバングラデシュ、ソマリア、エチオピアなどで、何十年も活動を続けてきた人だから、制度がこの少女をどう扱うかをわかっているのだ。
「学校だけでなくて、あらゆる社会サービスを一生受けるられないんですよ。」
これからの数十年の長い時間を、彼女は制度の中には存在しない人間のまま生きなければならない。ここでは、そういう子供はすこしも珍しくないのだ。国が内戦のさなかにあれば、制度に裏打ちされた社会、逆に言えば制度を保証する主体さえ機能しない。建設の途上の国にあって、社会サービスの突出する国がとなりにあれば、そこにひとは集中することになるだろうから、彼女のようなひとを認知させるのは容易ではないわけだ。
 NGOは、国家の制度が作り出す排他的な境界をやわらげるために活動しているのだが、一方では投機として石油を売買し利益をあげ、それによって世界中に物価の高騰をひきおこす連中がいる。

エファジャパンは、旧インドシナ三国のこどもたちを支援しているNGOだが、つぎのような「ミッション」を掲げて活動していることを説明している。
「すべての子どもが生きる力を存分に発揮できる社会をめざし、子どもの権利を実現するために活動します」
・efaとは empowerment for all (すべてのひとに力を)の略だ。(「エファについて」というページを参照してください)
■関連エントリー:大石芳野写真展

投稿者 玉井一匡 : August 30, 2008 12:19 PM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?