June 23, 2008

ゲリラガーデニング:Guerrilla Gardening

GuerrillaGardening5S.jpgClick to PopuP
 イギリスにGuerrilla Gardeningという活動をしているやつらがいると聞いた。
近頃ではゲリラという言葉が使われることさえめっきり少なくなったので、ぼくは言葉だけで深い好感と共感をいだいてしまった。昨今、マスコミが反政府ゲリラと呼ぶことも記憶にない。たいていは武装勢力といい、テロリストと呼び、それだけで暴力的で反社会的・犯罪的な存在であるように感じさせようとしている。かつて、ゲバラやカストロやホーチミンのように、ヒーローに使われたことばが犯罪者のためのものに置きかえられるようなった。
 それは、かつてのヒトラーとはちがって権力者の力の行使が巧妙になったからでもあり、直接にはかかわりのない市民を巻き添えにすることに、ゲリラが潔癖でなくなったからでもある。おそらくはマスコミが現在の権力者の流す情報を鵜呑みにするようになった怠慢のせいでもあるんだろう。
では、このゲリラガーデニングとははどういう行為なのか。

GuerrillaGardeningS.jpgClickToJumpToThisSite
 Googleで「Gardening Guerrilla」を検索してみると Guerrilla Gardening.ORGというサイトがある。
イギリスで活動している、すこぶる平和的なゲリラなのだ。放置されている公共用地を、夜陰に乗じて勝手に草を取ったり植栽したりしてしまうという。このサイトには、さまざまな活動(彼らはMissionと呼んでいるようだ)が報告されている。文章に加えて「BEFORE」と「AFTER」の写真もある。もちろん、このサイトからコミュニティへ(Community)への登録申し込み(Enlist)もできる。

 冒頭の「Welcome」は、こんなふうに書かれている。・・・なんといってもゲリラだ。戦闘的な文章にしておいた。
「このブログは、ロンドン周辺でわれらが企てた非合法の造園行為を記録すべく始めたものだ。
だが、それが見る間に拡がり深まりを見せるようになった現在、このサイトは公共空間をないがしろにする怠慢に戦いを挑むための武器庫(arsenal)と化した。のみならず、いまや世界中のゲリラガーデナーの集結する場となった。
 諸君!  同志として誓いをたてこの広場に集い、園芸戦の第一線から届けられる熱い報らせを分かち合おうではないか。」
・・・アーセナルはサッカーのクラブチーム・アーセナルFCが本拠地としているロンドン北部の地名であることは知っていたが、それが「武器庫」を意味することをぼくは知らなかった。
アーセナルのサッカーが攻撃的な人材が豊富なわけだ。

 たとえば、現在のところ一番はじめに書かれているMissionの例を見ると、冒頭に二つのデータがかかれている。行動の形式と場所、決行の年月日だ。
Maintanance Mission : Albert Embankment
Guerrilla Gardening:saturday31May 08
ここでは、ひとつひとつの行動をMissionと呼んでいる。テムズ川をはさんで国会議事堂の向かいの道路にある植え込みが雑草に覆われていて、いずれは植え込みそのものがつぶされてしまうのは必定というありさまだった。時は昼間とあって、役所の工事担当者に見えるようグリーンのつなぎを身につけて草刈りをしたら、すぐに見つけられてしまった。が、さいわいなことに彼女は彼らのシンパだったので、むしろトウモロコシとひまわりの種を寄付してくれることになった。・・・なんてことが書いてある。

 日本でも植え込みの管理をすべき自治体がろくに手入れをしないところがある。そんなことなら、その前に住む住民に依頼して植物の手入れをしてもらうことにすればいいものを、見るにみかねてその前にある店が自分で植栽をしていると、ある日、やってきたひとびとが違法行為であるとして植栽を撤去してしまったと聞いたことがある。ゲリラは、そうですかといって撤去されたら、また植えてしまえばいいのだ。植物はいつのまにか伸びるものだ。
 道路のアスファルトの割れ目、排水溝のコンクリートとアスファルトの隙間に花をつける三時花(サンジカ)なども、植物自身が行うゲリラ戦の一形態だとぼくは思う。
ゲリラ活動をまじめに考えれば、植えた植物のその後の手入れはどうするのだ、やたらにはびこるような植物はまずいだろう、なんてことも心配しなければならないところはあるが、こいつは面白い活動だ。国・都道府県・市町村の公共事業は必要か否かに関わりなく、むしろ金を使うこと自体を、隠れたしかし第一の動機としているものが少なくないのは周知の事実だ。それがおよぼすマイナスの効果に戦いを挑み、あちらこちらでまちを気持ちよいものにするためのさまざまな戦い方が、ガーデニングにかぎらず、たくさんあるのではないかと考えさせてくれる。

■参考のために
GuerrillaGardeningBook.jpg「ON GUERRILLA GARDENING」という本がある。Guerrilla Gardening.ORGに紹介されているのをぼくはまだ見てもいないが、副題に「境界なきガーデニングのハンドブック」という副題があって内容は容易に想像される。Guerrilla Gardening.ORGでつくったものだ。

・ゲリラ:Wikipediaによれば、ゲリラの語源はスペイン語だと書かれている。フランス語のGguerreからきているのだとぼくは思っていたのだが。
・レジスタンス:じゃあ、Wikipediaでは「レジスタンス」をどう書いているのだろうかと気になった。電気抵抗などから始まって、「レジスタンス運動」についてはすこぶるあっさり3行ほどですませている。じゃあ、フランス語版ならくわしいだろうと思って、「他の言語」から「Francais」を選んでみたが、「Conflit politique et résistance」は2行にしかならない。英語でもそうなのだ。どういうわけなんだろうか。

投稿者 玉井一匡 : June 23, 2008 02:27 AM
コメント

iGaさん
いい話ですね。ありがとうございました。
でも、落ちた枇杷の実が道路を汚す「害」についての話ばかりで
食べたいというはなしがどうしてないんだろうと
食い意地のはっているぼくとしては、それが不思議です。
じつは、ビワってのは、買って食べようとすると高い果物だから
美味そうだと思いながら我慢しているやつも多いにちがいない。
ビワ、夏みかん、柿・・・いろいろありますね
食欲をそそられて気になる、よそのうちの庭の木の実が。
だからといって、「どうぞお取り下さい」なんていう立て札をしたら
やたら一杯独り占めしようとするやつがでてきそうでもある。
かつては、ガキが学校の帰りがけにもいでいくなんてことをしながら
自分のものとよそのものとの境界の読み取り方のセンスを
身についていったように思いますがね・・・
それなりにバランスが取れていたのでしょうが。

Posted by: 玉井一匡 : July 6, 2008 06:24 AM

今日の夕刊にこんな記事がありました。
【不法占用警告のビワ 『切らないで』投書実を結ぶ】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008070502000244.html

Posted by: iGa : July 5, 2008 05:20 PM

cenさん
よろしくお願いします。
プロの参戦は心強いかぎりです。

Posted by: 玉井一匡 : July 3, 2008 05:31 PM

玉井さん、こんにちは。
僕も遅ればせながら、この本が手中に…届きました。ありがたき幸せであります。こうしてゲリラの仲間入りを果たしたからには、即実践…でありまして、まずはご近所で…と思いきや、なんとすでに…ゲリラオバサンたちに占拠されております。よし、次なる手段を…!

Posted by: cen : July 3, 2008 01:21 PM

おのさん
じつはぼくも、同じようなところを思い浮かべていました。
日本のガーデニング ゲリラには、いろいろなタイプがあるように思います。
ぼくは自分で生活した実感があるわけではないのですが、北のヨーロッパは日本では考えられないくらい雑草が生えないといいますね。
逆に言えば、モンスーン地帯のアジアには雑草が多い。
植物が育ちやすい環境があるというわけで、植物の生き方が、もともとゲリラ的な生態をもっているのですね。
だから、日本では、まちの植物の育て方もゲリラ的にするのが合っているのかもしれないですね。

Posted by: 玉井一匡 : June 30, 2008 06:32 AM

知っている喫茶店(ゲリラなので名前は書けません(笑))が、
都か区の用地であろう"元・街路樹があった場所"に
色々植えちゃってるのを知っていますが、
街路樹のまわりの土の部分で勝手に植木を育てたりしているのを
日本型ゲリラと呼んではいかがでしょう?
局地戦ですけどねー(笑)

Posted by: おのふみと : June 29, 2008 11:58 AM

AKIさん
わあ、そうなんですか。
ぼくも注文しようと思っていたところです。ありがとうございます。
ゲリラのハンドブックとしては、ハードカバーよりもジーンズのお尻のポケットにつっこめるように、ミシュランのような細長い版型がいいのかもしれませんね。この本の売り上げは、ゲリラの活動資金になるわけですね。

Posted by: 玉井一匡 : June 26, 2008 04:37 PM

さきほど。amazon.com から「On Guerrilla Gardening」が Priolity で到来しました。
玉井さん分として一冊ありますので土曜日お会いした時にお渡しします。立派なハードカバーで載っている写真は全部カラー、値段に似合わずの本です。

Posted by: AKi : June 26, 2008 02:23 PM

iGaさん
どうもありがとうございます。いつもながら東京新聞は、よそとは違う記事を載せるようですね。日常的には、ガーデニングという言葉は趣味的な庭作りというような概念のカタカナ語として受け取られてきたと思いますが、これはもうちょっとひろい概念としてとらえていますね。ちょっと違うカテゴリーにあるものを同列に並べてみると、ガーデニングというものは、末端の消費者が生産者でもありうるという、特別なものだということがわかります。しかも、生命を生産するんだからなおさらですね。
ところで、このリチャード・レイノルドさんはON GUERRILLA GARDENを書いた人ですね。

Posted by: 玉井一匡 : June 26, 2008 02:06 AM

さっき届いた東京新聞夕刊【新世界事情】のテーマは【ガーデニング】
米国 高層ビルで野菜水耕栽培の試み
タイ 『女王』ランの本場
台湾 蒋介石夫人が愛したバラ
そして
英国 空き地に無断『植栽ゲリラ』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/newworld/CK2008062502000248.html
ゲリラ・ガーデナーのリチャード・レイノルドさんへのインタビューが...

Posted by: iGa : June 25, 2008 05:10 PM

kadoorie-aveさんAKiさん
植物のタネというのは、昆虫や魚の卵と同じように、とてつもない数がとれますね。それが全部そだっていったら「このひろい野原いっぱい咲く花」状態もそれほど難しいことではないはずですが、自然に任せているだけではそうはならない。それは、ある意味では自然の秩序をまもる能力であるわけですから、それももまた大したことだと感心します。
それを乗り越えて、自然にあらがうような花一杯の野原をつくるには、チームであれ個人であれゲリラのおでましが必要だというわけですね。

Posted by: 玉井一匡 : June 25, 2008 02:08 PM

下北沢の事務所(桜があった)の前は小さな公園ですが、公園になる前に空地だったことがあります。雑草ばかりと思っていたら、春先だったと思いますが一面に黄色い花が咲きました。
どうして....と思っていたら、世田谷区役所の公園課の職員が種を蒔いていたとのことでした。役所の事業としてやっていたわけではないようですので、これもゲリラの仕業ですね。

Posted by: AKi : June 25, 2008 11:10 AM

こんなに素敵なことではないのですが、私の地下活動について。(地表活動か!?)
住んでいるのがマンションなので、種を買ったりいただいたりしたときに、余ってしまうことがあります。そういった種を.....こっそり蒔くことがあります....よそさまの敷地に。手入れが比較的チャランポランなところの道路際などを狙ってそっとパラパラ。
みなさんごめんなさい。

Posted by: kadoorie-ave : June 25, 2008 10:40 AM

えっ栗さん
おそらく、現場に来るのは役所から依頼された植木屋さんでしょうから、そのままにしておいたのを「何とか管理課」のひとが見たら、叱られて次から仕事が受けられなくなるのでしょう。だから、そこに来る人に文句を言ってもしかたないんでしょうね。
それでも、一言二言三言何かを言ってしつこく繰り返しているうちには、それがどこかに伝えられて何かが変わってくるでしょう、きっと。

Posted by: 玉井一匡 : June 25, 2008 12:14 AM

yukiりん
そうかあ、そういう鉢物なんかがあるんですね。こういう活動って、とても下町っぽい感じがしませんか。路地にたくさんの植木鉢を並べるのも、もともとゲリラ的な感じがしませんか。ホントのところ、公道に勝手に植物を置いちゃうわけですからね。でも、たいていの人は道を歩いていて楽しいと思うでしょう。それを、もうちょっと、自分のうちから離れたところにやれば、ゲリラガーデニングになっちゃう。

Posted by: 玉井一匡 : June 25, 2008 12:01 AM

こももさん
そういえば、夜陰に乗じて花を折ったりする奴らがいましたね。
犬の糞を放置しないくださいなんていう立て札をよく見かけますが、正直なところ、あの立て看板と犬の**は、景観をそこねるという意味では似たようなものだなと思うことがあります。もちろん、あれを放置していくやつを肯定しているわけではありません。そういうやつらのおかげで公園に犬を入れるのを禁止するなんていうことを書かれるのだから、代わりに罪滅ぼしのつもりで、すこしなりとも雑草を抜いたりします。ほかに特別な理由がなさそうなら、ぼくは犬を連れて入っちゃいますけどね。
yukiりんもと同じく、タンポポにフッと息を吹きかける様子が目に浮かぶと、たのしいゲリラだなあと思います。

Posted by: 玉井一匡 : June 24, 2008 11:47 PM

街に植物を植えちゃう!こんなゲリラ活動は、微笑ましいし、広まって欲しいものですね。

玉井さんが書かれている日本でお店の方が植えたものを、お役所系の人々が抜いたというエピソードは今まで知りませんでしたが、情けないというかマニュアルどおりの対応しか出来ず感じる心がないというか・・。植えられた方は、その街が好きで植えられたのでしょうから、むしろ褒めてもらってもいい位だと思います!

Posted by: えっ栗 : June 24, 2008 10:12 PM

フムフム、さすが玉井さん、いい宣伝攻略ですね。ま、売り上げとしてではなく、当店も売れ残った苗木を処分せずに差し上げたい。土に植えると大抵は生き返りますからね。日本でも盛んになって欲しいなぁ。

家の近所では、キレイに花を咲かせると鉢ごと持っていっちゃう花泥棒が頻繁に起こっておりますが、その花を可愛いと思う気持ちを泥棒としてではなく、平和なゲリラとして町中を花だらけにする行動に生かして欲しいな。

こももさんコメントの たんぽぽの綿毛をフーって、いいですよね。可愛いゲリラですね。

Posted by: yukiりん : June 24, 2008 02:48 PM

こういうゲリラならば大歓迎ですねー。細かいことは抜きにして。
地元の商店街は全長約1kmに花壇があり、年間を通じて、地元の学校や商店の協力で
お手入れをしています。でも、どこにも心ない人はいるもので、花にタバコが刺してあったり、
ちぎられていたり…。せつなくなる事態も時々目撃してしまうのですが、やはり草花の生命は
どんな小さなものでも和みますものね。
思えば、たんぽぽの綿毛をふーっ!としまくったアレは、ちょっとしたゲリラ活動だったのかな?
なんて思っています。いまは、そのたんぽぽすら街の中では見えなくなりましたものね…。
あれ?なんだか的はずれなコメントでごめんなさい!

Posted by: こもも : June 24, 2008 11:14 AM

やあyukiりん
こういうのが盛んになるとLOVEGARDENの商売も繁盛するかもしれないね。Guerrilla Gardening.ORGのCommunityというページに世界の各国の活動が報告されていますが、その中に数は少ないけれど日本での活動もあります。なにしろ今日現在で8例だから、いまやればちょっと自慢できます。と、言ってLOVEGARDENでセールをやったらどうですか?

Posted by: 玉井一匡 : June 23, 2008 05:28 PM

素敵なゲリラ活動ですね。

Posted by: yukiりん : June 23, 2008 03:54 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?