July 06, 2008

「住む」夏号・小さな平屋

SumuSummer2008.jpg「住む」夏号 2008年

 先日、季刊「住む」の夏号が届いた。特集は、「小さな平屋」
小さないえに住むということは、壁のむこう側に、まちや庭や自然が多いということだ
平屋に住むとは、天井と屋根のうえには空があり太陽があり、床の下には土があるということだ
ぼくたちが「小さな平屋」に好もしい思いをいだくのはのはそのためなんじゃないか
マンションでは、壁の向こうにも天井の上にも床の下にも隣人がいる
・・・ということをなんとかして忘れたいと思いながら暮らしているし
それを実現するよう心がけながら設計している
住むことを考える雑誌にとって「小さな平屋」は、すこぶる自然なテーマなのだ。

 春に、編集長の山田さんから電話をいただいた。
林芙美子のすまいについてのエントリーをブログで読んだが、次号の特集の「小さな平屋」のひとつとしてこのいえを取り上げたいから、それについて書いてくれないかと。
むろんぼくはそれをお引き受けしたのだが、それが「東西南北 風の吹き抜ける家 林芙美子の終の住処」という4ページになって「住む」夏号が届けられたのだった。
たくさんの小さな写真をちりばめた、スライドショーのような構成になっていた。

Sumu2008NatsuS.jpg このいえは、いまのものさしで面積や敷地を見れば「小さな平屋」とは言えないかもしれない。けれども、ここが芙美子の仕事場であり夫のアトリエでもあったことを念頭において差し引きしてみると、住まいはけっして大きくはない。しかも、苦労の末にベストセラー作家になってやっとつくりあげた「ついのすみか」だ、この際でかい家をつくりたいと思っても当たり前なのだから、それをもうひとつ差し引くと、やはり小さな平屋なんだと思う。
 芙美子が亡くなったあと夫の緑敏が住んだが、彼が亡くなったあとに新宿区が買い上げて、いまは林芙美子記念館となっている。通りがかりにときどき寄るぼくのような人間にとっても、すこしだけれど自分の場所の一部として感じられるということを、このブログで書いた。
「林芙美子の住んでいた家:林芙美子記念館」というエントリーだ。

Umihe1.jpg この「住む」を開いてみると、つい先日はじめてあったばかりの興味深い人もでていたので、やあ先日はどうもという気分になった。微生物が分解しやすくて川や海をよごさない洗剤をつくった人だ。
 6月2つ目の日曜日を前にした木曜日だったか、長女が電話をよこした。
「日曜日に洗剤の話を聞きに行くんだけど、一緒に行かない?父の日だから」
わざわざそんなことを言ってくるんだから、面白い話なんだろうと、わけもきかずに、行くよと答えた。
三軒茶屋のfrom Earth cafe オハナという店が会場で、参加者10人ほどが店の奥の席にいた。数本の試験管を店のカウンターに試験管を数本と沢山の市販の洗剤がならんでいる。それから、およそ3時間、きっとサーフィンのせいで日に焼けた、短パンの人物によって「界面活性剤」がどうやって汚れを落とすのか、それがなぜ海を汚すのかという実験がつづけられた。いくらでも質問を歓迎してくれるから、面白がっているうちに映画2本分の時間が過ぎた。
そのひと木村正宏氏のことが、「界面活性剤って何ですか?」として掲載されていた。父の日のプレゼントには、ちょっと変だけどと娘は言って、ゴムのツブツブを絡ませたタオルと葉っぱの形の布巾、洗濯洗剤を買ってくれた。洗濯洗剤の名は「海へ」という。ちなみに、食器洗剤は「森と」というのだ。

 あらゆる生物は、環境に合わせて自身の生き方と身体を変えて生き続けてきた。ただひとつの例外、人間という種だけが環境を自分に合わせて変えることで生きつづけてきた。人間だけが文明をもっていると言ってそれを誇りにした。その結果、環境がすっかり壊れそうになった。
 環境をまもるのは、つきつめれがかんたんなことだ。小さく生きればいい・・・この特集をふくらませると、そういうことになる。

現実のこの世界は、大きく生きるやつらと、細々と生きてもう少しで生きられなくなりそうな人たちが、同じ時間にいるのだ。


 

 

投稿者 玉井一匡 : July 6, 2008 07:00 AM
コメント

kl8vggajfp9wopoa
qvroyam yxpq
http://zstcrtlm.com
oyzks zcfwkgip
http://oujsvd.com
drbfsbe gwuqmvo
http://ilhasgp.com
aecqhs gtgnrur
http://rgwodwhaz.com
kexex qmskefgq
http://asustzhseqsv.com
bxhblq ihygeodg
http://fwvsoqhrclcm.com
kzmskw fogmge
http://nuuczpdpevrh.com
vdwabbe sakr
http://eufeoq.com
phncsw bvcrdzcd
http://jfslnqrvhngq.com
rpirfa kfjdofd
http://tassci.com
dqznkc bhnuisxt
http://waoojo.com
pxqutte kgzbkchs
http://cwvvkn.com
rrqfj voxtdp
http://oyeiaxkuczf.com
cmcddil taru
http://dnnoqelyh.com
lodbr hbzdjypc
http://mxpjdfg.com
dlvbpav lzgf
http://eiaecdtajkzs.com
qmdvbp fnsodlaw
http://ngzyrrpo.com
dvpzsvs bbobagm
http://ihspkyrvxf.com
rbuei uumn
http://wvkinkn.com
jdcci mgueua
http://ivbrmsaku.com
omwfg ughmj
http://tkrfwj.com
ezfod ogtcgj
http://mihpejosbvch.com
cfmbt iapy
http://hxjuckjburi.com
jaxafr mgsais
http://fxnxwje.com
ctewu gpwcgnm
http://votnleued.com
pkudi tpvjri
http://volcwm.com
oihrth wnkfmgi
http://uriuafoivfwi.com
wrtwgo lycu
http://ntqozapgyjki.com
ybudzuw msgxkkp
http://xnjbrr.com
arfky iyzhql
http://wrcmthdcwgo.com

コメント

Posted by: Nicole Barrett : May 3, 2009 04:22 AM

kl8vggajfp9wopoa

コメント

Posted by: Antonia Pennington : May 1, 2009 06:05 AM

iGaさん
昨日、とおりがかりにカフェ杏奴をのぞいたら、ママがその記事の取材に来たという話をしていたので、五十嵐さんは東京新聞だから教えておかなくちゃと言ったのを、今朝の電車の中で思い出しました。もしかすると、新宿区のローカル版かなとも言っていたのです。
東京新聞のウェブサイト版にも掲載されるそうです。

Posted by: 玉井一匡 : August 9, 2008 12:42 PM

今日の東京新聞朝刊の界隈ルポは『中井“宝物”つまった住宅街』
妙正寺川沿いに林芙美子記念館からcafe杏奴まで紹介されていました。

Posted by: iGa : August 9, 2008 11:44 AM

いのうえさん
刑部邸が取り壊されてから、ぼくもあの前を通るたびに痛々しい思いがよみがえるので、足が遠のいたとおっしゃるのはよくわかります。取り壊されたあと、やっと、長谷川逸子さんの設計で集合住宅ができあがったので、いってみるかという気分になったいのうえさんの気持も分かります。それでもやはり、残してほしかったと改めて思います。ぼくは長谷川逸子さんを尊敬しています、もちろん、ディベロッパーが設計施工でゼネコンにやらせるよりは、はるかによかったとは思います。しかし、中に入ったわけではないから前を通るときに見るだけの範囲でしか知らないけれど、刑部邸の大切にしていたなにものかを受けついだというところはないように思われます。
刑部邸は、ぼくが学生時代に建築学科の主任教授だった吉武泰水の父上である吉武東里の設計になるものだったのですが、そのことはChinchiko-Papaログで知りました。
いまならまだ、Googleマップの航空写真には刑部邸があります。変わらないうちにと思って、保存しました。

Posted by: 玉井一匡 : July 22, 2008 07:44 AM

玉井さん こんにちは。刑部邸が取り壊されてから足が遠退いていた林芙美子記念館でしたが本日再訪してきました。蔵が小さなギャラリーになっているのを初めて知りその開設時期をみたらもう一年以上前の事だそうです。そんなにご無沙汰していたんですね。庭の蚊の大歓迎をうけました。いまは杏奴ママお勧めの中井駅近くにあるCafeひよこの巣でペンネを食べ終わったところです。

Posted by: いのうえ : July 21, 2008 03:36 PM

えっ栗さん
お読みくださって、いや、そのまえに本をお買いくださったんですね、ありがとうございました。ふつうは、記念館といえば博物館の一種のようなものですが、あそこは今でも、芙美子の生活の仕方が住宅というかたちで残されているような感じなのです。季節ごとにうつくしい花をつける庭の野草も、とてもよく手入れされています。
せひ、いらしてみてください。よかったら、一駅分お歩きになってカフェ杏奴にもよってくだされば、ママも歓迎してくれますよ。

Posted by: 玉井一匡 : July 20, 2008 10:59 PM

「住む」買いました!!林芙美子邸の事は、今まで知らなかったのですが、流れる空気というか、品のある造りというか、いい住処ですね!是非今度、友人と一緒に訪れてみたいなあと思っています。

また元々平屋が好きなので、他の頁もとても興味深く読みました。以前何度か買ったことのある雑誌ではありますが、今回玉井さんがblogで取り上げられてたことで、タイミングを逃さず手に入れられて良かったです。ありがとうございました!!

Posted by: えっ栗 : July 20, 2008 08:31 PM

kadoorie-aveさん
先日は、カークさんのところですれ違ったそうで残念でした。
じつは、近くでmasaさんとじんた堂さんとコーヒーなんか飲んでいたのでした。
そうか、小さな平屋での生活といえば、 kadoorie-aveさんは経験者だったんですよね。この時代に東京で小さな平屋のいえで生活したことのあるひとって、滅多にあるものじゃありませんよ。いえとまちと生活の関わりを、モデル化した実験のようなものですね。
一連の「すみたい家は。」シリーズなどは、その蓄積がものをいているのでしょう。湿気の苦労だって、過ぎてしまえば仕事のネタ人生の肥やしというものですかね。

■「すみたい家は。」は、 kadoorie-aveさんのblog「ONE DAY」の10回にわたる連載。5回目に、湿気があるけれど楽しかった小さな平屋のことが書かれている。
http://oneday55.exblog.jp/7244664/

Posted by: 玉井一匡 : July 8, 2008 03:24 PM

平屋に住んでいると、暑いときは太陽の力をジリジリと感じ、雪の積もったときは何かひっそりと頭の上に静かで重いものが乗っかったのがわかります。猫が屋根をいくカリカリ、ミシミシというかすかな音も。四方の窓からは光や風だけじゃなくて、様々な音が聞こえてきます。そういうものがどの部屋にいてもすぐ近くにあるかんじなので、小さな平屋は寂しくありません。育った家も、今の住まいの前に住んでいたボロい貸家も小さな平屋でした。)
「住 む」、出てすぐに買ってきました。開いたらそこが「林芙美子終の住処」のページで、お名前を見る前に「これは玉井さんの記事だな」とピンと来ました〜♪

Posted by: kadoorie-ave : July 8, 2008 12:56 PM

aiさん
そうですね。軒高が低く抑えられていることや庭の取り込み方など、こまかいところは建築家と職人の力によるものでしょうがが、まずそういう人たちを選んだのは彼女自身であることはまちがいありません。さまざまな調度品も、見る目のよさを物語っています。
 それに、なによりも生活のしかたについて確固たるものを持っていたのだろうと思います。
「住む」に書きましたが、じつはぼくも今回初めて気づいたことがあります。多くの部屋の開口部の建具が、板張りの雨戸、網戸、紙障子だけなのです。つまりガラスがない。
高気密高断熱の現在から見れば無論、この時代でもなかなか思い切ることではありません。暖かいということ以上に、庭や季節と一体になることを大切にしたわけです。しかも、ガラス窓があるのは母の部屋と女中部屋です。そういう配慮をしていることからも、あえてガラスをなくしたことが意識的であったことがわかります。
自分の撮った写真を見て気づいたので、翌日に、実物をたしかめに行きました。
 
 もうひとつ、これは「住む」にも以前のブログにも書いたことですが、彼女にそういう考えかたをさせたのは、自身が培ったものであるのは間違いないでしょうが、それと同時に、かつての日本の文化のもっていた力によるものでもあると思うのです。それを思うと、いまはこんなになってしまったけれど、このくにの伝えてきたものの底に流れるものを信じられるかもしれないと思うのです。

Posted by: 玉井一匡 : July 7, 2008 05:47 AM

林芙美子この家は、驚くほどすてきですね。
これは建築家もよかったのでしょうけれど、この依頼をされた林芙美子にもびっくり?!
大変な思いをして作家になって行ったのに、日常の美的なセンスも抜群だったのだと再認識したのです。
>父の日のプレゼントには、ちょっと変だけどと娘は言って、ゴムのツブツブを絡ませたタオルと葉っぱの形の布巾、洗濯洗剤を買ってくれた。
なんてすてきに育っていらっしゃるのでしょう?!
素直に一緒に「洗剤のはなし」を聞きにいく玉井さんもすてきなお父様だからでしょうね~。

Posted by: ai : July 6, 2008 06:03 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?