October 14, 2008

EFFEIL TOWER/TOUR DE 300 METRES:エッフェル塔

Effeil1S.jpgClick to PopuP
先日、友人からメールが来た。
 ランドマークタワーの横浜有隣堂書店で「エッフェル塔の図面集」(TOUR DE 300 METRES)を買った。シュリンクパックだったので内容を見られなかったが、5,900円で衝動買いしたけれど、帰ってから見たら図面がきれいなのでびっくりした。残念ながら重たくて持って行けないので、今度うちに来たときに見ていってください。あとで調べたら有隣堂以外では15,000円だった・・・という。
 メールには写真も添付してなかったけれど、これは自分のそばに置いておきたい本だと思わせる説得力と彼の眼を信用して、こんど横浜まで取りに行くから買っておいてくれないかと、すぐに返信した。土曜日、国立博物館で「大琳派展」を見たあと、横浜にいくことにした。石川町で待ち合わせて本を受け取った。

Effeil3S.jpgClick to PopuP
 昼飯を食べたあと、自転車屋によって大桟橋まで行ったあとに、珈琲を飲みながらやっとおちついて本を開いた。パラパラと見ただけで、すっかりうれしくなった。
本が大きい。縦45cm横30cmだからA3サイズ。
そこにびっしりと書き込まれた図面が美しい。
見開きでA2の図面が47枚。それをディテールの図と文字が埋め尽くしている。
そのうち実に21枚がエレベーターの図面なのだ。エレベーターというものが、エッフェル塔にとってかくも重要なものだったということを図面の構成が物語っている。たしかに、建築としては3階建てとペントハウスがあるにすぎないのだ。
巻頭に、8カ国語でそれぞれ3ページずつをつかってエッフェル塔の背景と概要があって、日本語は最後の8番目。図面の書き込みがフランス語というのが難点だけれど、日本語で読んだ解説をガイドマップにして、40年以上も前に習ったフランス語の記憶を発掘しながら隙間なく書き込まれた図面を見ていると、そうだったのかと新しいことを知り、すぐさまそこからあらたな疑問が生じるのがうれしい。

Click to PopuP
 エレベーターは水圧式と概要に書かれているのだが、水圧をどうやってエレベーターの移動のための動力に変換したのかわからない。パイプがめぐりタンクが各所に置かれているのを見つけたが、いまだにぼくには謎が解けずにいる。wikipediaによれば、1889年にOtisが電動エレベーターを開発し、1890年には日本で初の水圧式電動エレベーターがつくられたという。
 じつはぼく、まだエッフェル塔に昇ったことがないから、なおさら面白いのです。2階のフロアは、四面の外周を展望ギャラリーがめぐり、その内側を半階高くして劇場がひとつとレストランが3つ置かれている。レストランのひとつがフレンチなのは当然だとしても、残りのふたつがロシアレストランとRestaurant Americainアメリカレストランであるのはなぜなのだろうという疑問といっしょに、ギャラリーをめぐる人々の興奮、その頭越しにカフェのテラスから町をみる客、かれらのたてるざわめき。この塔が、いかに重要なすてきな機械だったかということが、いたるところがらよみがえる。
 この本のことを話したので秋山さんが調べたところ、amazonで26ドルちょっとだったという。早速調べたらその通りだったけれど、ちっともくやしいとは思わない。5900円+消費税という価格も、この内容を比べれてみれば、それだって充分に安いという気がするのだ。

■追記
*山梨県の清春芸術村にエッフェル塔の螺旋階段があるそうだと、秋山さんに電話でうかがいました。ラ・リューシュ (LA RUCHE)とよばれる、正12角形の平面型の宿泊施設の中で使われているそうだと。ぼくは、清春芸術村には行ったことがあるのに、そのことを知らなかった。RUCHEを仏和辞典で調べると蜜蜂籠、蜜蜂房のことで、1900年のパリ万国博のときに、エッフェルが設計してつくられてワイン蔵とそてつかわれた建物のことを、当時そう呼んだのだそうです。・・・この追記について秋山さんからコメントの書き込みがあって、螺旋階段は屋外にあるんだよと指摘された。大切なものを雨ざらしにしていいのかと、ぼくはちょっと気になったのだが、考えてみればたしかにエッフェル塔の螺旋階段だって吹きさらしのところにある。近々、見に行かなきゃだな。
清春芸術村
La Ruche/Wikipedia

投稿者 玉井一匡 : October 14, 2008 08:26 AM
コメント

光代さん
コメントを書いてアップしたつもりで忘れていたようです。
もう、今日あたり届くわけですね。通天閣は、エッフェル塔のデザインを真似たそうですから、大阪では、それを較べて楽しむこともできる。
秋山さんは、円高のおかげもあって本当に安く買えましたね。でも、梱包がいい加減で、角がぶつけられて傷んでいたよと、気遣いを忘れませんでした。

Posted by: 玉井一匡 : October 27, 2008 09:29 AM

玉井さん!
今日発送したと アマゾンからメールが来ました。嬉しいな〜。
4,157円だそうです。秋山さんは 破格の安さですね。
ワクワクで待っているところです!

Posted by: 光代 : October 25, 2008 03:53 PM

秋山さん
なかなか早く来ましたね。
1ドルを100円とすると、秋山さんは3,537円。
ぼくの場合は、5,900×1.05=6,195円でしたから、秋山さんは2,600円あまり安く手に入れられたというわけだから、もう1冊買えそうじゃないですか。TASCHENの本はもともと安く売る出版社ですが、ものによってはちょっと中味が薄い感じのものがありますが、この本の内容からすると本当にお買い得ですね。

Posted by: 玉井一匡 : October 21, 2008 10:43 PM

私の手元にも amazon.com から、本日到着しました。本は$26.39で、送料は$8.98、トータルで$35.37でした。
送料が一番廉価なのを選んだので、まぁ、忘れた頃やってくるかと思っていたら、郵便小包で一週間で到着でありました。
しかし、やや問題あり.......本の角が少々痛んでおりましたです。

Posted by: 秋山東一 : October 21, 2008 08:49 PM

秋山さん
失礼しました。訂正しておきます。

Posted by: 玉井一匡 : October 20, 2008 09:02 PM

玉井さん、ちょっと誤解されています。
清春芸術村のエッフェル塔の螺旋階段の一部はラ・リューシュの中にではなく、屋外にエッフェルの銅像と一緒にあります。

Posted by: 秋山東一 : October 20, 2008 08:53 PM

光代さん
お役にたったんですか。
日本のamazonが扱うようになれば、この本のことを知ってくれる人がもっとふえますね。
でもないか・・・
いつまでもガキのおーじさんだなあ。

Posted by: 玉井一匡 : October 19, 2008 11:34 PM

玉井さん
とりあえず 早速予約しちゃいました。
行動は迅速に! 
ご丁寧に有り難うございます。助かりました!

JEDIのおじ樣方、あ、まちがった、おーじ樣方は本当に皆さん 素敵なものを良くご存知ですね。
皆さんの子供時代を 覗いてみたい気分です。かなりな「ガキ」でいらしたろうと・・・・・。
 

Posted by: 光代 : October 19, 2008 10:42 PM

光代さん秋山さん
ちょっと留守をしていて、お役に立たないうちに解決したようですね。
ところで、いままでは見つかりませんでしたが、日本のamazonのサイトでもありました。税込みで4,157円です。発売日が2008/10となっていますから、日本のamazonに出したのは新しいのかもしれませんね。こんなことが付け加えられています。
・・・「予約商品の価格保証」対象商品。Pre-order Price Guarantee. 詳細はこちら。
ただいま予約受付中です。 在庫状況について詳しくはこちら・・・と

http://www.amazon.co.jp/Eiffel-Tower-Three-hundred-Anniversary-Special/dp/3836509032%3FSubscriptionId%3D08M7KT9XDNR3N95ANHR2%26tag%3Dbooklog.jp4-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D3836509032
エッフェル塔は、120年も前にできたんだとしみじみ感心していたのですが、その半分以上の年月を、ぼくは生きているのだと気づきました。

Posted by: 玉井一匡 : October 19, 2008 10:18 PM

秋山さん
良い情報、有り難うございます。

皆さんのブログを回っていると 欲しいものが増えて、困っちゃいますね。
当面 例のMacBookが 最強です!

Posted by: 光代 : October 19, 2008 08:09 PM

光代さん、大丈夫です。
私は、mamazon.com に注文してしまいましたが、本日、八王子の「くまざわ書店」に行ったらありました。Taschen ですから、大きな書店、美術書売場があるような書店にはあると思います。

Posted by: 秋山東一 : October 19, 2008 07:23 PM

どうしたら買えるか分からなくて、今 その有隣堂というところにメールを出してみました。
まだ在るんでしょうかね〜。

それにしても巨大な本のようですね。
置き場所に困るかもしれません。
それでも 欲しいと思いました。

Posted by: 光代 : October 19, 2008 05:22 PM

iGaさん
TASCHENって、分厚くて、CDでいえば3枚組のベストアルバムという感じの本を割安でつくってくれる出版社で、それだけに、こちらの求めるものとうまく合ってくれると、すごく得をした気分になるという感じがあります。この本の場合はベストアルバムというより、名盤の復刻という感じでしょうか。
起業の動機づけについて知らなかったのでホームページで読みました。これですね。そもそも安く売るということがその柱の一つだったということがわかりました。
http://www.taschen.jp/modules/tinyd0/index.php?id=1
本社のサイトはこれ
http://www.taschen.com/

Posted by: 玉井一匡 : October 16, 2008 10:56 AM

エッフェル塔は、光代さんの仕事と縁がないわけではないですね。
この本を見ていると、エッフェル塔は、金属を加工したものとして、もっともすてきなもののひとつであることがとてもよく分かります。
光代さんが惹かれるのは、とてもよく分かります。
きっと気に入りますよ。

Posted by: 玉井一匡 : October 16, 2008 08:08 AM

僕もエッフェル塔の真下まで行きましたが登りませんでした。
出版が最近良く見掛けるTASCHEN(タッシェン)なので調べてみたら、日本のオフィスは青学の傍にあり、ショールームは広島にありました。通信販売も行なっているようですが"TOUR DE 300 METRES"は置いてないようです。起業した動機付けが良いですね。
http://www.taschen.jp/

Posted by: iGa : October 16, 2008 01:42 AM

うわ〜〜〜!なんて綺麗なんでしょう!!
私だって 欲しくなるな〜。
こんなの持っていたら 毎晩 スコッチのグラスを傾けながら ひたすら見入ってしまいそう!

Posted by: 光代 : October 15, 2008 10:44 PM

秋山さん
行って、螺旋階段を昇ってみたいです。このことを知って、清春芸術村がなんだかとても好もしく思えてきました。
かつて近くに現場があったときに、一度だけ行ったことがありました。レストランでは昼飯を食べたのですが、エッフェル塔の階段があるとは全く知りませんでした。階段と、「ラ・ルーシュ」のことを追記しておきます。

Posted by: 玉井一匡 : October 15, 2008 10:01 PM

本書についてお知らせていただいてありがとうございました。
amazon.com に注文しましたが、発送してくれたようですから、程なく到着するでありましょう。この前、お話した日本唯一のエッフェル塔を親しく感じる場所、清春芸術村にまいりましょう。

Posted by: 秋山東一 : October 15, 2008 08:33 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?