October 29, 2008

野外ギンレイホールと水琴窟:日比谷公園ガーデニングショー2008

HibiyaCinemaS.jpgClick to PopuP

10月25日から11月2日まで、日比谷公園で日比谷公園ガーデニングショー2008という催しが開かれている。2004年から毎年の秋、噴水の前の芝生を中心にさまざまの展示や講演など行われる。
 去年から、NPO法人 日本水琴窟フォーラムがこれに参加して水琴窟を展示するようになった。
今年は、かつてギンレイホールで使用されていた映写機をつかって野外映画を見せることになった。ギンレイホール社長の加藤さんが、水琴窟フォーラムの中心をなす理事でもあるからで、いってみれば野外ギンレイホールだ。
演しもののひとつは「木を植えた男」。ひとりこつこつと植林をして森をつくった男の生涯を描いたパステル画のアニメーションは、いかにもガーデニングショーにふさわしい。ナレーションは三国連太郎だが、タイトルバックを見ると、もとのナレーションはクリストファー・プラマー(映画サウンド・オブ・ミュージックのトラップ大佐)だと書かれていた。そしてもう一本の映画は「岸辺のふたり」(原題:Fathr and Daughter)だ。淡い褐色の背景に描かれた無彩色の人、樹木、鳥が音楽に浮かんで流れてゆきながら8分に凝縮された数十年の時間。もういちど見たくなる。
すぐそばまで近づいて映写機を見ることができる。/入場無料
■ガーデニングショー 10月25日(土)から11月 2日(日)10:00~17:00(最終日15:00まで)
■野外映画   10月25日(土)から10月30日(木)(映写機の展示は10月31日まで)午後5:00から(雨天中止)/11月1日(日)までとガーデニングショーのサイトにあり、その旨書きましたが、10月30日までの間違いでした。ごめんなさい。(フィルム借出の都合なのだそうです)

HibiyaProjectorS.jpgClick to PopuP
ここで映画を上映することになったのは、映写機でスクリーンに映像を映す仕掛けを、機械の動くカタカタカタという音とともに実感して間近に見て欲しいと加藤さんが考えたからだ。同じ理由でギンレイホールの試写室のドアはガラス張りになっていて、そこから映写機の様子が見られる。
屋外に3m*6mほどの大きさのスクリーンを固定するのは、もともと壁や柱があればいいのだが、新たにフレームを組もうとすれば、安全や費用や運搬を考えるとなかなか容易なことではない。加藤さんはあれこれ悩んだ末に、フレームには、イベント用に使う立体トラスを買い込んで組み立てることにした。これからも巡回映画をすることが、彼の夢のひとつとしてあたためていることだからなのだ。
ぼくたちの子供時代には学校の校庭でときどき映画会が開かれたものだが、久しぶりの野外映画は格別の楽しさがあった。箱に閉じこもった闇の中で光の世界を見るのが映画館だとすれば、野外映画は周囲に夜の薄墨を染みこませて密かにそれを感じながらその世界を変えてゆくようだ。ぼくは、ときどき相談にのった程度だったけれど、主催者のまわりには、天気や風や騒音や明るさなど心配と苦労のタネがたくさんころがっている。ワールドシリーズも雨で中断すると、野球場を屋根付きにしたくなるのも分からないではない。

 本来、水琴窟は土の中に甕を伏せて地中に埋めるものであるのはいうまでもないが、さすがに一時的な水琴窟のために日比谷公園の芝生を掘るわけにはゆかない。ここでは、地上に甕を置いて、それが見えないようにまわりを包み、その上に水をおとして音をだす仕掛けをつくっている。2年前にニューヨークのギャラリーで水琴窟を展示するという機会があって、甕はそのときに常滑に注文して焼いたものだ。
 

投稿者 玉井一匡 : October 29, 2008 11:25 PM
コメント

masaさん
日曜日まで上映すると思っていたら、映写は昨日が最終日だということで、masaさんはギリギリ間に合ってひと安心でした。
「時差ボケ」の表紙の写真とリンクは、ずーっとやろうと思いながらついつい忘れちゃったのですが、ちょうどkai-wai散策が移動した機会に、あまりに遅ればせで恥ずかしいですが、やっと加えました。むしろ、おそくてごめんなさい。

Posted by: 玉井一匡 : October 31, 2008 11:19 AM

あ、忘れものをしました。拙写真集の表紙を貼ってまでご紹介くださいまして、ほんとにありがとうございます。夕海さんのうえになって…良いのかな…と思います(^^; 大恐縮しつつ、大変ありがとうございますm(__)m

Posted by: masa : October 31, 2008 02:50 AM

玉井さん、素敵な催しを教えていだき、ありがとうございました。この催しを支えた映写機と映写方法について、ギンレイさんの説明文の写しですが、拙ブログにエントリーし、このエントリーにリンクさせていただきました。ご報告かたがた…です。

Posted by: masa : October 31, 2008 02:46 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?