November 29, 2008

明治百話

meiji-hyakuwa.jpg 神楽坂をのぼり切って大久保通りを曲がると、ほどなく「theatre iwato」と書かれたビルがあった。(ここからストリートビューに跳ぶ・・・こんなふうに使えるのだ。1階部分を緑色に塗ったビルです)
調べてみると、そこは装丁の平野甲賀氏が館主の小劇場で、黒テントの本拠地なのだった。平野甲賀氏は、晶文社でつくられた本の大部分の装丁を手がけ、サイのロゴマークも彼の手になるものだ。今にして思えば、ぼくはまずデザインに惹かれて晶文社の本を手にとったことが多かったようだ。もちろん中味を味見してから本を買うのだが、まずデザインが声をかけてきたのだ。
 そんな話をしたら、あそこはいい小屋だからそのうちライブをやりたいと思っているんだと夕海が言っていたのだが、こんど、かりんといっしょにiwatoがプロデュースする芝居に参加することになったと聞いたときにはまだ数ヶ月さきのことだった。それがもう数日で始まることになって、いまは稽古の真最中。それをkai-wai散策でエントリーしてくださった。

MeijiHyakuwa.jpgClick to PopuP

 この芝居の原作は、明治20年ころに書かれた「明治百話」という本だ。岩波文庫、同じくワイド版、角川選書などがある。説話集のような内容なのかと思わせる題だが、市井の人たちの話の聞き書きだ。新聞記者だった著者篠田鑛造は、現場主義とみずから言うように、その人が実際に体験したり目で見たことを語らせてそのことばだけを書いた。代々首斬りをしてきた山田浅右衛門にはじまり、芸者、くるまひきなどあらゆる人におよぶ明治時代の話がほんとうに興味深い。歴史からはかならずこぼれおちる細部から明治のまちと生活がじつにいきいきとよみがえってくる。同じ著者の「幕末百話」という本も、前年に出版されている。
ぼくはまず図書館のサイトで予約して取り寄せて読みはじめたらひどく面白い。しかし一気に通読しておわりというよりは、そばに置いて時々開いてみるという種類の本なので、さっそくamazonに注文した。

 iwatoのプロデューサーである平野公子さんは、長年この本を芝居にしようと構想をあたためていたのだという。明大演劇科の大学院で研究をしている稲津真という若い女のひとに1年半の時間と構想をわたし脚本を任せた。演出は黒テントの若手の河内哲二郎。それにやはり黒テントのベテラン役者が脇をかためる。
そういう構成の中に、役者と芸者という役で夕海かりんは置かれることになった。神楽坂で芸者をやるっていうのは挑戦的だね、いちど試しにお座敷に上がってみたらどうだ。とかりんに言っても動じない。なんたって箏弾き、三味線も腕におぼえなのだ。そういえば近くには宮城道雄記念館もあるのは知ってるんだろうな。

 先日、BSのブックレビューで「おかしな時代/ワンダーランドと黒テントへの日々」という本が紹介されていたので、テレビを見ながら図書館のサイトを検索したらすぐにみつかったから予約した。数日後にメールが来たから受け取りに行くと新着本だ。それによれば、この本の著者・津野海太郎は大学を出てすぐに友人の戯曲集を追悼出版する。そのときにやはり武蔵美を出たばかりの平野甲賀に出会っている。ほかにも黒テントの佐藤信や、「アメリカの鱒釣り/R.ブローティガン」などを翻訳した藤本和子、別役実、唐十郎、植草甚一などが登場する時代の熱さと豊饒に胸が躍る。先に読んだほうがいいよと夕海にわたしたら、これほどのことを私たちはできているだろうかと言いながら稽古に通っている。
 天照大神が岩戸を開いて現れるか否かは、ひとえにそのまえで演じられる「明治百話」の出来次第なのだ。
11月30日12月1日は公開稽古だそうです。よかったら見に行ってやってください。
ぼくは、行けないのだが。


投稿者 玉井一匡 : November 29, 2008 11:15 PM
コメント

iGaさん
いろいろと、ありがとうございました。
いろいろと、偶然にもお引き合わできたことはよかった。
光代さんにでかい肉まんを食べさせられなかったのは残念ですが。

Posted by: 玉井一匡 : December 6, 2008 12:26 PM

nOzさん
ありがとうございました。日帰りでいらしてくださったのですか!
smartが病床にあるというのに。
それに、お会いできなかったのが残念です。
運のつく猫は、スピーカーの上にのって運を引き寄せてくれています。

Posted by: 玉井一匡 : December 6, 2008 12:25 PM

う〜〜ん、残念です。
昨日は日帰りだったのですぐに神楽坂を後にしてしまいました.....肉まん....じゅる、

Posted by: nOz : December 6, 2008 12:07 AM

あらら、nOzさん、惜しいニアミスですね。
昨日は別件で玉井さんの事務所に伺い、それから玉井さんと大阪の光代さんと神楽坂の坂上にある中華・五十番(肉まんで有名)で食事をしていたら、そこへ偶然、公演を終えた夕海さんとかりんさんら三名が登場....でした。

Posted by: iGa : December 5, 2008 08:07 PM

昨夜、会場に一番乗り(駅からあまりに近かったので(^_^;))、最前列のかぶりつきで、夕海さんの熱い演技を拝見して来ました!小劇場ならではの熱伝導率の高さが心地よかったです。
自分のブログに書かなくちゃ、と思いながらもなかなか出来ないので、まずはコメントで.....。
原作もこれから読んでみようと思っております。

Posted by: nOz : December 5, 2008 06:52 PM

秋山さん
ありがとうございます。初日の報告を書きかけていましたがMacBookの具合が悪く、昨日、またしても入院し、自宅では書けなくなってしまいました。
生傷が絶えず入退院を繰り返し、これが人間だったらDVと疑われるところです。ちっとも充電できなくなり、とつぜん電源が切れたりするバッテリーの取り替え。もうひとつはキーボードの面のひび割れで、これは無償交換です。

Posted by: 玉井一匡 : December 5, 2008 12:08 PM

明日土曜日の回に家内と伺うことにし予約メールをしたところ、早速受付けのメールをいただきました。

Posted by: 秋山東一 : December 5, 2008 09:49 AM

fuRuさん
どうもありがとうございます。ぼくは、昨日の初日の舞台を見てきました。今日中に、そのことをエントリーするつもりです。
ぼくはいま、またMacBookの健康相談でアップルストアに来ているのです。スイッチをいれたとたんに、このコメントをしらせるメールがとどきました。

Posted by: 玉井一匡 : December 4, 2008 02:37 PM

明日のチケット、予約しました。(*^^*)

Posted by: fuRu : December 4, 2008 02:30 PM

iGaさん
そういえば、ぼくも平野甲賀さんの本に造本と書いてあるのを見て、そういうのかと思ったおぼえがありますが、なぜかそれきり造本という言葉をわすれていました。造本ていうのは、装丁よりも広い概念なんでしょうね。これまでは造本ということを考えたこともなかったけれど、すこし分かってきたような気がします。

Posted by: 玉井一匡 : December 1, 2008 11:34 PM

>iGaさん
なるほど…「造本:平野甲賀」なんですね…。なにかピンと来たものがあります。ご紹介ありがとうございました。

Posted by: masa : December 1, 2008 11:34 AM

そういえば、椎名誠・原作でたむら君が絵を描いた絵本の装丁を平野甲賀氏がされたことがありますが、奥付を見ると「造本:平野甲賀」となっていました。う〜む、本のアーキテクトの心意気で仕事をされているのだ、と思いました。

Posted by: iGa : December 1, 2008 08:18 AM

いのうえさん
植草甚一の編集した実物大のジャケットの写真集を、ぼくも持っています。ずいぶんジャケ買いをしましたが、いいデザインやいいタイトルというのは、中味のよさを表していることが多いですね。本もそうだと思います。
このチラシ、実物とこの写真はずいぶん色が違いますが、印象深いですね。これは、美術・宣伝デザインを担当している片山中藏さんという人の仕事なんだと思います。ぼくは平野甲賀さんのデザインだと思いましたが、ちがうんだよと夕海が言っていました。とはいえ、平野さんの影響を受けたデザインでしょうね。

Posted by: 玉井一匡 : December 1, 2008 02:15 AM

やあ、あかねこさん
ぼくがあかねこさんのお名前をきいたのも、御所浦の森枝かあさんからでしたよ。その調子で、いろいろなまちを自分の場所にしてください。それが、このブログのテーマなのですから。

Posted by: 玉井一匡 : December 1, 2008 02:03 AM

玉井さんこんにちは。明治百話のチラシ、カフェ杏奴にて拝見しました。素晴らしい発色の逸品ですね。植草甚一が70年代に美術手帖のコラムで「LPはジャケットのデザインが良ければ音楽も良いのだ。」と言い切っていたのを思い出しました。

Posted by: いのうえ : December 1, 2008 01:57 AM

夕海さんやかりんさんが出没するところに私も出没するようになって、いろんな場所を知った気がします。天草も然り。
東京でもまだまだ知らないところがたくさんあるなぁ、といった感じです。神楽坂もおそらく今回行くのが初めてです。どんな街なのだろう?と楽しみになります。
もちろん、お芝居もすごく楽しみです。

Posted by: あかねこ : December 1, 2008 01:45 AM

iGaさん
平野甲賀さんもときどき、なにもいわずに稽古を見ていて、翌日に短い感想を紙に書いて貼っておくというようなぐあいだそうです。
神楽坂には、外からはなかなか分からないところで、そういう環境が日常と隣り合わせにあるのがいいですが、午前中に三味線が聞こえるというようなことも少なくなったような気がします。かりんはその芸大の先生にも教えを受けたわけですね。
観光地化が進んで、デジイチを首に下げた人が歩く姿や、そとからやってきた企画型の店などが増えているように思います。
津野氏は、そういう雑誌もつくっていたんですか。

Posted by: 玉井一匡 : November 30, 2008 12:50 PM

夕海さんのブログにあった「シアターiwato小屋番夫妻」は装丁家の平野甲賀氏でしたか、気付きませんでした。黒テントと晶文社という結びつきも知らなかった。
津野海太郎氏が総合編集長をしていた『季刊・本とコンピュータ』に平野甲賀氏が登場してるのも、そーゆー深い関係があったのですね。

「theatre iwato」の近くに高校時代の先生が住んでますが、元々そこは奥さんの実家で、義弟は芸大で邦楽の教授をしてますが、亡くなったお義母さんが、粋な人で、よく小唄や都々逸を聴かせてくれました。神楽坂は普通に生活している人でも芸事に長けていて、奥が深い町ですね。

Posted by: iGa : November 30, 2008 08:19 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?