December 15, 2008

nabaztaG

Nabaztag2.jpgClick to open nabaztaG site.

ちょっと魅力的なかわいいやつを見つけてしまった。
白いウサギだ。
だが歩くわけではない、手も足も省略されている。
しかし、ウサギだから耳は長い。
耳は電波を聞く。匂いもわかる。
それに、人間の言葉がわかるらしい。
知性派なのだ。

五カ国語ができるという。
フランス生まれで、仏語のほかに英語、伊語、西語、独語、葡語
それぞれ得意な言葉が違うのかもしれない。
まだ、いまは日本語は使えないらしいが、いずれ習得するそうだ。

電源を入れると、Wi-Fiとつながる。nabaztag.comにつなげ、名前をつけて登録すると、インターネットとつながるロボットになる。
メールの到着を知らせる・メールを読んで聞かせてくれる・あしたの天気は?ときけば天候や気温を知らせる。顔色が変わって何かを報らせる。耳をうごかす(動かしかたがかわいいのだ)。持ち物の匂いを嗅がせると、においで識別する。ときにはよそのnabaztaGと恋をするらしいから、もしかすると勝手なことをしてしまうかもしれない。
日本では来年の1月ころに発売されるそうだが、日本語のメールを読めるようになるんだろうか。日本の首相をみて、漢字の読み方に色々あるんだということを知らずに甘く見ているかもしれないが、なかなか苦労しているのではないだろうか。下手な日本語よりは、外国語を勉強するつもりで英語やフランス語のやつとつきあうのもいいかもしれない。

上の絵をクリックするとホームページに飛んで、この子がムービーで動き出し、何をするやつなのかどれくらいかわいいやつなのかが分かります。百聞は一見にしかず。
ところで、値段は約150ユーロだから、現在のレート124円で計算すると18600円になる。われらの国ではクリスマスの季節を逃してしまうのも、日本語対応に苦労しているからなのでしょう。
パリ情報のサイト、「カイエ・ド・パリ」のブログ「フランス・パリ ブログ:白猫・三毛猫のカイエ」に、このウサギのファッションショーのことがエントリーされています。

投稿者 玉井一匡 : December 15, 2008 10:14 PM
コメント

AKiさん
150ユーロが、30,000円になるってのはいかにも高いから、へたな日本語をしゃべるくらいなら、いっそ日本語なしでもいいですね。
迷惑メールなんか声に出されると恥ずかしいようなものが多いわけだし。
しかし、日本語のメールを日本語の分からないやつにしゃべらせたら、どうなるんでしょう。
耳の動きと形、それに、顔の色の変化を一種のメディアとしてつかっているところがミソなのではないでしょうか。このふたつで表情を表しているんですね。
と、考えているとウォーリーを思い出して、彼がどんなふうに表情を表すのかも知りたくなるし、早く映画を観なくっちゃ。

Posted by: 玉井一匡 : December 17, 2008 04:56 PM

やぁ、いいですねぇ。ちょっと欲しいかも.........。
「『Nabaztag(ナバズタグ)』2009年1月、フランスから日本に上陸!!」とあるから、もうすぐ手に入るようですね。

http://www.business-design.co.jp/nabaztag/

しかし、税込31,500円とある。それじゃぁ、日本語なんてしゃべらなくてもいいから........おっしゃるように「外国語を勉強するつもりで........ 」がよさそうですね。

Posted by: AKi : December 17, 2008 01:47 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?