December 17, 2008

「図書」臨時増刊号「わたしのすすめる岩波新書」

Shinsho70.jpg
きのう、AKiさんが突然いらした。そのときに岩波の「図書」の最新号を見せられたのをぼくが興味深く見たので、「また本屋でもらうから」と置きみやげになり、それがさっそくaki's STOCKTAKINGにエントリーされた。コメントを書きはじめたらかなり長くなりそうなので自分でエントリーすることにした。

 218人が3冊ずつ人によっては1冊もしくは2冊の岩波新書を選んで、それに簡潔なコメントを書いている。その中からさらに「各界の読書人218人のアンケートから精選した50点54冊」を選び創刊70周年記念フェアをおこなっている。
 先日亡くなったばかりの加藤周一「羊の歌」を選んでいる人も多いが、加藤周一自身も選者のひとりであるはずだから彼は何を選んでいるのかと思ってさがして見ると、「万葉秀歌 上・下」「物理学とは何だろうか上・下」「昭和史 新版」という、すこぶる基本的原理的なものを挙げている。そんなぐあいに見てゆくと、ああ、この人はこういう本を選ぶのかと納得したり、これを読みたいなと思ったりして、すこぶる楽しい。無料でくれる小冊子なのに永久保存版にしたくなる。

 選者たちが書き残したコメントはとても短いのだが、おそらくだれもが本気で記憶を洗い出して選び、それらについてとても丁寧に考えたものにちがいない。ざっと流し読みすると、書かれた時代と著者と選者、さらに、対象となっている世界の起伏ゆたかな地形が眼下にひろがっているようで、Google Earthの画面を思い浮かべた。

なにしろ増刊号だから、「図書」では異例のカラー表紙で絵が描かれている。宮崎駿の手になる三枚翼の飛行機が沢山の乗客を乗せて離陸したばかりで草を揺らしている。AKiさんの説明によれば「伊カブローニ社の Ca48 旅客機」なのだという。もしかすると、この飛行機に乗って、Google Earthのように世界を一望にしようよと、宮崎さんは言いたいのではないか。
 アンケート以外にも岩波新書についての興味深い文章が書かれていて、その中に、宮崎駿の表紙のわけが潜んでいるように思った。吉野源三郎が岩波新書の創刊当時のことを書いた文章がある。企画がはじまったのは創刊前年の1937年のことだったそうだが、ナチの台頭以後ドイツで出版が弾圧されて日本に入らなくなり、ペンギンブックスやペリカンブックスのようなアメリカの本がリベラルな思想を運んで来た。こういう本をつくらないかと、同じ課にいた小林勇と一緒にとりかかり、そこに三木清を引きこんで50冊ほどの目録を決めてあれこれ練っているころ、新しい小説も含まれていた。「そういううちにサンテクジュペリの「夜間飛行」がはいっていたのを覚えています」と、吉野は書いているのだ。宮崎駿はサンテクジュペリの「夜間飛行」が好きで、かつてNHKの「わが心の旅」という番組で、サンテクジュペリが不時着した砂漠に行ったことがあって、ほんとうに無邪気なよろこびをあらわしていた。表紙に宮崎さんを選んで飛行機の絵を依頼したのは、そんなわけだったのではないかとぼくは思った。

もしも毎日、朝から晩まで本を読んでいることができたら、このなかの本のを手当たり次第に読んでいくと何日で読み終わるだろう。きもちのいい「昼夜飛行」だろうが、あちらこちらで不時着することになりそうだ。

投稿者 玉井一匡 : December 17, 2008 11:52 PM
コメント

wakkykenさん
ああ時間がすぎてしまった。
先日は、わざわざこんなになってしまった東京にいらしてくださり
ありがとうございました。
wakkykenの殴り込みは、とてもありがたいカルチャーショックを
いつも残します。
ことしもよろしくお願いします。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2009 12:30 AM

masaさん
あーあ、濹東タイブのエントリーをまだしていないうちに年が明けてしまいました。いろいろな刺激をありがとうございました。
もう今年ですが、ことしもよろしく。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2009 12:27 AM

ああ、時間がない。
今年もお世話になりました!!

Posted by: わきた・けんいち : January 1, 2009 12:00 AM

もうこのエントリーに書いてしまいます(^^; 写真集完成時には、思いっきりの応援をしてくださいまして、本当に本当にありがとうございました。あの一連のエントリーをいただいたこと…決して忘れることはありません。
もうすぐ新年になります。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

Posted by: masa : December 31, 2008 11:52 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?