January 04, 2009

遅配エントリー:年末玉ノ井ダイブ

TamanoiDivMasaS.jpgClick to PopuP
 年末の、kai-wai散策の「JED-iPhoner's@東向島」というエントリーでつかわれた写真の大きなサイズのデータがmasaさんから送られてきた。ぼくだけが、このエントリーをしそびれたので、みなさんの写真と対になるやつを年明け早々に書いておくことにしよう。

 左の写真は、kai-wai散策のその写真をmasaさんが撮っているところだ。
こんな鋭角の三角形の、いまでは空き地になっている敷地には、かつてどんな建物があったのだろうかと思いながら、デジカメを低く構えてmasaさんをパースペクティブの土地に載せて撮った。Googleマップで見ると、航空写真には、まだ三角形の建物が残っている。じゃあストリートビューをと思ったが、残念ながらこちらではもう空き地になっていた。
 iGaさんのMADCONNECTIONの「放課後...みたいで...」の写真では二人のオヤジがなにやら一心に眺めているが、彼らの身体が邪魔をして肝心のものが見えない。右の写真を見れば、オヤジたちの興味をひいたものが何なのか分かります。

TamanoiDivCafeS.jpg 隅田川の水面をなめていっそう冷え切った北風が吹きぬけるまちを、おだやかな陽の光をあびているとはいえオヤジが五人、せまい商店街や路地を歩いているとすっかり身体が冷え切って、ひとやすみしようということになったが、下戸のぼくとmasaさんにはさいわいなことに、まだ日が射しているからアルコールではなく珈琲屋になった。その店内でiPhoneをつかって撮った記念写真を、秋山さんが「JEDI @玉ノ井」というエントリーで、怪しい写真に加工してエントリーした。ここは不思議な店だった。古いレンガ塀に囲われ田店の入り口の前には小さなお稲荷さんの社、その背後にはウィンドウサーフィンのボードが横たえられている。中に入ってみれば、小さくてすこぶるふつうだがやや古めかしい喫茶店だった。全員ホットコーヒーを飲んで心身を温めたあとに、もうひと歩きして冒頭の記念写真となったのだ。

その後、東向島から東武伊勢崎線に乗って隅田川を渡り浅草で下車、浅草寺裏のプロのための注連飾り市を覗く。4つめの写真は、車中で少年のごとく一心にデジイチのディスプレイを見る環境社会学者のほほえましい姿である。(画像の一部に不穏当な表現がありましたので改正いたしました)この座席の向かいの様子が、「MacBook」なるエントリーの一部に加えられた。
おじさんたちは体内に液体燃料を注入すべくホッピー通りに繰り出したのだが、ぼくは歯医者さんに行かねばならなかった。治療中の仮歯のとれちゃったのを処置するために、年末の週末に診察時間のあとなのに時間をとってくださったのだった。

投稿者 玉井一匡 : January 4, 2009 12:30 PM
コメント

わきたさん
了解しました。
ぼくは、このわきたさんの表情がとてもすてきだと思ったので
ここにアップしたのですから
できれば、このままがいいなと思っていました。
目が隠れちゃったら、すてきな印象が弱くなりますよね

Posted by: 玉井一匡 : January 6, 2009 11:55 PM

玉井さん、私のばあい、特にサングラスは不要です。このままでけっこうです。拙ブログのばあいは、なんとなく強い要望があるような気がしたものですから・・・。

Posted by: わきた・けんいち : January 6, 2009 10:39 PM

わきたさん
けっこううまくできましたね。
安堵しました。
なお、サングラスの着用についてはご本人のご希望に応じますので、ご一報下さい。
ご連絡なきかぎり、現状のままとしておきます。

Posted by: 玉井一匡 : January 6, 2009 05:06 PM

玉井さん、私の髪の毛、フサフサにしていただき、ありがとうございます(?!)。フォトショップの威力ですね。これが、実際にも威力をもっていてたらな~・・・。

Posted by: わきた・けんいち : January 6, 2009 02:47 AM

iGaさん
へえー、あぜ道として、このころからあったんんだってのは、すごいですね。

Posted by: 玉井一匡 : January 5, 2009 04:09 AM

わきたさん
 やはり素顔の方がいいでしょ。ふしぎですね、素顔で見るとすなおな少年のように見えるのに、黒くすると笑顔の口元がなんだか・・・

Posted by: 玉井一匡 : January 5, 2009 04:07 AM

そんな思いでお揃いのサングラスを掛けてみました...

あの三角敷地の路地は100年前の地図に畦道として存在してましたです。と云うことで拙ブログに徘徊ルートを100年前の道にプロットしてみました。

Posted by: iGa : January 5, 2009 12:54 AM

うひゃ、これだったら、顔が見えたほうがよいで~す(T0T)。

Posted by: わきた・けんいち : January 5, 2009 12:32 AM

わきたさん
ひとつ、書き忘れました。わきたさんが、まだ「・・・琵琶湖発」にはエントリーしていらっしゃらないのは知っていました。だから、わきたさんの場合はこの写真をアップしたのです。

Posted by: 玉井一匡 : January 4, 2009 11:29 PM

わきたさん
失礼しました。AKIさんもちゃんと黒ベタで塗りつぶしていらっしゃったのですね。でも、あれではかえって悪いことをしている人たちであるかのように見えるとぼくは思っていたのですが、AKIさんに倣って黒く塗ってみました。
電車の人物のカメラには、なにやら怪しいものが写っているかのように見えてしまうと、ぼくはおもうんだがなあ。

Posted by: 玉井一匡 : January 4, 2009 09:46 PM

あっ・・・(>- 最近、頭が薄くて…。外見(毛髪)だけでなくて、中身もなんですが・・・。こうなったら、私も「遅配エントリー:年末玉ノ井ダイブ」をエントリーしなくてはいけません!!じつは、私はまだエントリーしていません。これだけ顔写真が出てもOKということであれば、私も出しちゃいますよ~(^0^)。

Posted by: わきた・けんいち : January 4, 2009 07:13 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?