March 20, 2009

土筆と桜

Tsukushi-S.jpgClick to PopuP
先週末の新潟で雑草の間からいくつもの土筆が顔を出しているのを見つけた。
浅い鉢をさがすと、去年の春に水仙をいれたのがある。
まわりの春の草たちといっしょに数センチの表土をすくい、鉢の中に春の野を切り取った
さらに二株ほどの土筆を取ってきて増やし、杉の枯葉と緑の松葉を散らした。
それを、東京に連れてきて窓際に置いたのが、数日で様子が変わってきた。
あのときにはまだ固く穂を閉じていたのに、昨日の暑いほどの一日で開いたやつに触れると花粉の霧を飛ばした。
まわりのヒメオドリコソウ(にしては葉っぱが赤くないなと思って図鑑を見ると似ているがホトケノザだった)も花をつけはじめているが、神田川沿いの桜はどうしているだろう。

Sakura2009s.jpgClick to PopuP
神田川のほとりの桜のつぼみも赤みをおびているのを見て、毎年いちばんはやい桜はどうだろうと自転車を走らせた。
昨夜の帰りがけに見たときには蕾だったのに、今朝はもう二、三分咲きの木が3本も対岸で枝を伸ばしていた。Googleマップでみると神田川のこのあたりは、桜の季節の写真をつかっているのでした。
そりゃあそうだろう、今日ももう3月20日だ、そう思ってこれまでの年はどうだったろうかと探してみると
2004年3月18日のエントリーに、桜が咲いたことが書いてある。
百年に一度だと枕詞のように言われるこんな年にも、例年とさほど変わらない頃にさくらが開いているのだと思えば、ちょっと安心する。
ぼくたちの国では、様々な問題を抱えながらいつまでも同じ過ちを繰り返すけれど、大災害に遭っても泣きわめく人は少ないし、大混乱が起きることも少ない。
人間界に何が起ころうと冬が去り春が来て葉をのばし花を咲かせる自然を、根はいいやつなんだとぼくたちは思っているからではないだろうか
少なくともぼくはそう思っているんだ。
■春の七草のほとけのざ
春の七草のホトケノザは、正式には「コオニタビラコ」と呼ばれるやつのことなのだそうだ。

投稿者 玉井一匡 : March 20, 2009 11:55 PM
コメント

あかねこさん
そうですか、明日の朝にさっそくためして報告します。
もう半世紀も前の子供の頃ですが、椿の花にはメジロがやってきて花の中をつついているのを見て、指先をクチバシ代わりに椿の花の中にいれ、それを嘗めてみました。
なかなか甘かったので、メジロはこれをほしかったんだと思ったことがありました。

Posted by: 玉井一匡 : April 2, 2009 09:50 PM

玉井さんぜひホトケノザの蜜吸ってみてください。花をちぎらないように抜いて吸うと甘いです。

Posted by: あかねこ : April 2, 2009 07:37 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?