May 13, 2009

iMapMyRide:iPhoneをトリップメーターにする+地図に記録する

iMapMyRideS.jpgClick to PopuP
 ひさしぶりにApp storeを開いて見ていたらiPhoneを自転車用のトリップメーターとしてつかえるというアプリケーションを見つけた。平均速度、瞬間速度、走行距離を表示する。しかも無料だ。
その名をiMapMyRideという。
 おおかたの自転車のメーターは、車輪の寸法のデータを打ち込めば、あとは走行中の回転数から距離と速度をコンピューターが計算する。もちろんぼくの自転車にもそれをつけている。iPhoneには、もともとGPS機能があるのだから、それを利用して現在位置を把握すれば、それをもとに速度や走行距離を計算できるわけだ。

さっそくダウンロードした。シンプルで美しい画面ではないか。
数々の設定をしてから帰り道で試してみた。

 iPodを開いて音楽を流してみた。iPodと両立するかどうかを確かめるためだ。
 つぎにiMapMyRideをひらいて「スタート」ボタンにふれると時間が進みはじめる・・・はやくしないと平均速度がおそくなるなどとさもしくもあわててペダルを踏むのがなさけない。左手にハンドルとiPhoneの両方をもって表示の変化を見る。スピードの変化になかなか敏感に反応する。同時に、iPodの音楽は切れることなく流れている。
ホイールの回転から速度を計算するんだったらあたり前のような気がするのだが、人工衛星とぼく+自転車+iPhoneの位置を認識して、のべつ移動を確認しながら速度を算出することを思うと、なんだかうれしくなる。走りながら画面を確認。もともとつけているメーターの表示と較べれば反応が遅れるが、欠点というほどではない。途中で一度、操作を間違えて計測を中断させてしまい、以後はiPhoneを見ないことにした。
 うちについてからの楽しみがある。走ったルートを地図の上に落としてくれるはずだ。だからiMapMyRideというのだ。自転車を停めてSAVEボタンにふれ、それまでの走行記録を保存する。My Trainingというボタンをふれるとおだやかな褐色の地図に赤い線でルートが示された。地図が小さすぎるし、地名がローマ字だから、ここが日本なのだろうかと一瞬疑がった。親指と人差し指で拡大しようとしたが反応がない。それよりも、環6のちょっと外は地図がない。「Map data not yet available」と書かれている。
GoogleMapsを使うのかと思っていたがそうではないのだ。いずれおこなわれるであろうバージョンアップに期待しよう。

設定は、こんな具合にする。
・運動の種類:Run, Bike, Walk, Other から選ぶ
 こいつが測定するのは自転車のスピードではなくて、iPhoneの移動速度なのだ。だからそれが自転車に乗っていようと歩いていようとジョギングしていようと、構いはしないということなのだ。
・距離の単位:mi, km
・バックライトの点灯時間:スライドスイッチで選ぶ
 あまり長いあいだ画面を開いていたら、すぐに電池がなくなってしまう
・Voice Feedback Setup:間隔を時間か距離で設定すると音声でデータを知らせる。
・アカウントとパスワードの設定
MapMyRideというサイトに飛ぶと、もっといろんなことがありそうだ。

■追記
さらに調べると、iMapMyRideの有料版iMapMyRide+というのがあった。600円である。(責任上、有料版のiMapMyRide+をダウンロードしてみたが、いまのところ違いがわからない。)そのほかにもMapMyFitnessのシリーズには、有料無料をふくめてこんなにいろいろあるのだった。じてんしゃだけではないのだ。

投稿者 玉井一匡 : May 13, 2009 04:48 PM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?