July 23, 2009

「フラッシュ オブ メモリー」:三宅一生のニューヨークタイムズへの寄稿

IsseiNYtimesS.jpg これは太陽ではない。原爆なのだ。

 三宅一生が寄稿したメッセージを7月14日にニューヨークタイムズが掲載した記事の冒頭におかれた写真である。あるいは絵かもしれない。
三宅一生がニューヨークタイムズに寄稿し、自身が広島で被爆したことを明らかにしたうえで、8月6日の広島の平和記念式典へ参加することをオバマ大統領に要請した全文が掲載された。そのことを多くの日本のメディアが報道したのだが、そこには「服飾デザイナー」三宅一生が政治的なメッセージをニューヨークタイムズに表明したできごとという意味合いが強くて、このブログの、ふたつ前にエントリーした「ネオテニージャパン展」を伝えたときの「法廷画家」という扱いに共通するところがあるように感じた。寄稿の全文が掲載されていないことも、彼のメッセージの内容よりも服飾デザイナーが政治的がメッセージを明らかにしたことがニュースとして考えられているからではないか。
 しかも、三宅一生のメッセージの中に、「原爆を生き抜いたデザイナー」というようなレッテルつきで見られるのがいやで、これまでは被爆体験を公にしなかったのだが、核兵器の廃絶を目指すというオバマのプラハ演説に動かされて、このメッセージを送ろうと思ったというくだりがあるのも興味深い。
 
 世間やメディアがひとに貼り付けるレッテルから、ぼくたち自身も自由ではない。だからこのニュースも、三宅一生が政治的なメッセージを公にしたということに思いがけないものを感じて関心をもったのだろう。もともと言葉というものは、何が語られたかだけでなく誰がどんな状況で語ったかによって意味は違うものだ。とはいえ、何を述べたのかがもっとも重要であるのはまちがいない。日本の新聞のウェブサイトに全文を紹介するものが見つかるまで、自分で訳してみたものを以下に加えます。オバマの演説も、アメリカ大使館のサイトへのリンクとして末尾に加えてあります。

<三宅一生の寄稿の全文>

「フラッシュ オブ メモリー」

 四月、オバマ大統領は、核兵器をなくし世界の平和と安全を追求することを約束しました。しかも、核兵器を削減するのではなく廃絶すると。その言葉は、これまで私自身が触れたくないと思い、私の裡に深く潜めていたものをゆさぶって目覚めさせました。

 いまこそ私には、みずからについて語る道義的責任があるということに気づいたのです。オバマ氏が「閃光」と呼んだものに遭遇しながら、それを生き抜いたもののひとりとして、私は言葉にして伝えなければならないと。

 1945年8月6日、世界で初めての原爆がわたしの故郷、広島に落とされました。7歳の幼い私は、そのときその場にいたのです。けっして誰にも経験させたくない出来事のありさまが、目を閉じれば今も甦ります。
赤い鮮烈な光、たちまち黒雲が湧き出し
人々が一目散に四方八方に死にものぐるいで走り出す
だれもが、なんとしても逃れようと必死になっていた光景が、まざまざと目に浮かぶのです。
それから3年足らずで、母は被爆が原因で死にました。

 あの日の記憶であれ、それについての思いであれ、これまで私は誰とも分かち合ったことはありませんでした。その記憶をなんとか自分の背後に押しやって、破壊でなく創造を、そして美とよろこびをもたらそうとして、服飾デザインの世界に没頭したのです。それは、今の時間を信じ未来に夢を託す創造的な生き方であると考えたからでもありました。

 わたしは、自分の意志とかかわりなく遭遇させられた過去の体験によって、自分を規定されるのをいさぎよしとしなかった。「原爆を生き抜いたデザイナー」などというラベルを貼り付けられるのがいやで、ヒロシマについての質問はいつも避けてきました。「ヒロシマ」と耳にすると、どうにも動揺してしまったのです。

 しかし、いやしくも世界から核兵器を取り除こうとこころざすなら、ヒロシマについて論議することは避けて通れないと、いまでは確信しています。
いま、オバマ氏をヒロシマに招こうという運動があるのです・・・8月6日に毎年行われているあの運命の日の式典に。彼には、どうかその招請を受け容れてほしいと私は願っています。それは、過去にこだわるからではありません。むしろ、未来に核戦争のない世界をつくることをアメリカの大統領が目指しているのだという徴しを示してほしいと思うからにほかなりません。

先週、ロシアと米国が、核兵器を削減する覚え書きに調印しました。たしかに、これは重要なできごとではあります。しかし、わたしたちはそれだけで満足するほど、もはやナイーブではありません:一人の人間にはもちろん、ひとつの国家の力で核兵器を押しとどめることは不可能です。日本に生きる私たちは、核兵器で身を固める隣国・北朝鮮の脅威に絶えずさらされています。その他にも、核技術を手に入れようとしている国があるという報道があとをたちません。平和への希望を持ち続けるには、世界中の人々がオバマ大統領の声に自分たちの声をつぎつぎに重ねてゆかなねばなりません。

もし、オバマ氏が広島の平和橋を渡ることができればーーその欄干は日系アメリカ人の彫刻家イサムノグチによるデザインで、東西の架け橋となって憎しみを超えて何かを成し遂げようと考えさせますーーオバマ氏の行動は核の脅威のない世界をつくるために、現実に踏み出す一歩が象徴としての一歩として世界平和に近づくでしょう。

 三宅一生は服飾デザイナー、この原稿は、彼のスタッフによって日本語から翻訳された。

2009年4月5日 プラハにおけるオバマの演説日本語訳/アメリカ大使館の日本語版サイト
ニューヨークタイムズの記事の全文/nytimes.com:上の写真をクリックして見られるものと同じだが、nytimes.comで見られなくなったときのためにコピーして、見やすいよう横長のレイアウトにしました。
ISSEI MIYAKE INC.の公式サイトには、このメッセージについて何も書かれていない。

投稿者 玉井一匡 : July 23, 2009 01:54 AM
コメント

「フラッシュ オブ メモリー」というタイトルは、フラッシュメモリーを念頭においたものでしょう。フラッシュメモリーは、すぐに書き込めるけれど一瞬のうちに消してしまうことができる。
原爆の記憶は一瞬のできごとだったけれど、一生涯消し去ることができないし、消しすべきではないと、その対比を意識して一生はこれを書いたのでしょう。
毎年のように、変わる必要もないのに次々と上っ面を新しいものに変えてゆく、浮ついたものの代表のようなファッション デザインの中にあって、三宅一生というひとは、腰を据えて衣服のありように向き合ってきた人だと思っていました。そういう姿勢はこの寄稿に通じるものがあるのだと感じました。

 アメリカ人の大衆は、原爆を真珠湾攻撃という「卑怯な奇襲」に対する報いだという単純な位置づけをしているようだから、オバマが原爆の投下について否定的な発言をすれば、大きな意味があるでしょう。8月6日に日本に来なかったとしても、発言をしてくれないかという期待を、ぼくはまだもっています。

Posted by: 玉井一匡 : July 30, 2009 11:23 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?