September 21, 2009

「生物と無生物のあいだ」

Seibuts-Museibutsu.jpg「生物と無生物のあいだ」/福岡伸一/講談社現代新書
 近隣のブログでこの本が話題になっていたころ、ぼくはなにか他の本をよんでいて話に加わることができなかった。以来そのままだったのだが先日になって読みたくなってしまった。
福岡氏の本は初めて読んだが、なるほどおもしろい。おもしろいというだけではない、生命とは何であるかという、すくなくともぼくにとっては何よりも重要なことについて、明快な答えが示されている。
ひとがものごとを理解するには、まず、知りたいという好奇心が必要だ。好奇心があってこそ、ある事実を提示されたときにそれを貪欲に吸収し理解することができる。それよりもさらに激しい知的な飢餓感があってこそ、まだ誰も知らない事実の発見という地点に到達することができるのだ。
 福岡氏が文章にすぐれているという定評があるようだが、ここでは門外漢である読者さえ知的好奇心を抱くように導いて、研究者たちの知的な飢餓感を満たされたときのよろこびの一部を共有させるのだ。

 ここに書かれているルドルフ・シェーンハイマーの実験は、ネズミに重窒素を含むアミノ酸のある餌を与えて重窒素がどこにあるかを追跡する。体外に排出されるのは、その3割ほどにすぎず、7割ほどがすぐに別のかたちのアミノ酸として体内のあちこちの部分に取り込まれ古いものと置き換わることを発見する。アミノ酸は、つねに新しいものによって置き換えられつづけるのだ。この実験と発見は1935年という昔のことで、きわめて重要なことであるにもかかわらず、この実験そのものもそれがあきらかにした事実も、ぼくは知らなかった。
・・生物というものは、つねにそれを構成する分子が、体内に摂取された新しいものとごく短い時間で入れ替わり続け、古いものは捨てられる。・・・この「動的平衡」状態(つねに一部が替わりながら、同じ状態を保ちつづけること)と、DNAによって自己複製できることをもって生物を定義するというのだ。
wikipediaを探してみたら日本語のwikipediaには「ルドルフ・シェーンハイマー」の項目はない。英語に切り替えてみるとRudolph Schoenheimerの項目はある。あるにはあるが、この指摘の重要性からすれば書き方はけっして丁寧に書かれているわけではない。あまり重視されていないのかもしれない。しかし、ぼくには、とてもわかりやすく自然の根幹を理解させてくれた。

Seibt-MuseibtIse.jpgClick to Jump to 伊勢神宮website
 これを読みながら、ぼくは伊勢神宮の式年造替(しきねんぞうたい:伊勢神宮のサイトには「式年遷宮」と書かれている)を思い出した。式年造替は、20年ごとにまったく同じ社殿をとなりに建て、あたらしい建物ができると古いものを解体する。物体としての神殿を定期的につくりかえることによって、様式やそれをつくる技術などを維持し続けるという逆説的なありようがとてもおもしろくてぼくはすきなのだ。じつは、生物体内の分子レベルでも、それと同じようなことがはるかに短い時間で、つねにおきているというわけだ。
 そういう思いがけない一致にも、ぼくは神の存在を感じるわけではない。けれどもこの事実は、ぼくたち人間が、文字通り自然という大きな流動的なシステムの一部分であるということを証明してくれる。
 生物の個体であるぼくという人間が、分子のレベルでは他の生物の部分と共通のものからつくられ続けている。ぼくという生物は、文字通り自然の一部として存在するこの瞬間の状態のことなのだ。

 「生物学と有機化学の年表」/wikipediaによれば、シェーンハイマーの実験は1935年に行われた。
この同じ年には、コンラート・ローレンツによる「刷り込み」理論も発表されている。
なんという輝かしい年なんだろう。

■追記
 このエントリーを書いたとき、日本語のwikipediaには「ルドルフ・シェーンハイマー」の項目はなかった。久しぶりにこの本のことを思い出して、自分のブログを読み直した。自分がどう考えたかを忘れてしまうときに、とても役に立つから、本についての記述は、自分自身のための記録なのだ。ついでにwikipediaで検索すると、、ルドルフ・シェーンハイマーの項目がつくられているのをみつけた。英語版を翻訳しただけの内容だが、もう少し丁寧に書いてくれればいいのにと思う。

■近隣エントリー
生物と無生物のあいだ/aki's STOCKTAKING
生物と無生物のあいだ/MADCONNECTION
生物と無生物のあいだ/ CHRONOFILE

投稿者 玉井一匡 : September 21, 2009 11:03 PM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?