October 23, 2009

High Line:ニューヨークの高架鉄道あとの再生

HighLineTop.jpg
Click carries to this WebSite.

 つい先日知ったニューヨークの話が、ぼくはうれしくてならない。
と同時に、このコンペの開かれたことを知らなかったのがとても残念でもある。 
マンハッタンのウェストサイド、 ミートパッキング地区から北へ10番街と11番街 の間の西34丁目まで、1930年に貨物輸送用の高架鉄道がつくられた。それが1980年を最後につかわれなくなり、軌道には雑草が生い茂りすっかり荒れはてた。それはそれで、とても魅力的な侘び錆びの風景なのだが、土地の地主たちがその解体と土地の返還を求め、ジュリアーニが市長だったときに解体が決定された。
それを、近隣の住民たち ( Friends of the High Line ) が立ち上がって保存運動をおこし市を動かして公園にするという計画を実現させた。今年の6月にそのうちの1/3ほどがいちおうできあがった。デザインはコンペによって選ばれた。

HighLineMapS.jpg 「いちおう」とが書いたのは、High Lineにはたくさんの植物があってつねに成長したり枯れたりし続けるからでもあるけれど、ここから見えるニューヨークの風景もHigh Lineの一部なのだろうと思うからだ。だとすれば、まちはいつも変化をつづけるのだから、これが完成することは永久にないのだ。
 住民たちがみずから立ち上がってこういうことを実現できるのは、アメリカのほんとうのいいところだ。自分たちが直接に社会をつくっているという意識が強いのだ。ケヴィン・ベーコンデヴィッド・ボウイまで運動に参加したというのもニューヨークらしいではないか。ぼくたちだって、ウェブサイトから申し込んで会費を支払えば、すぐにメンバーになることができる。周囲の店で割引などの特典を受けられるのだが、それより、滅多に行けるわけではなくてもちょっとした仲間になれるというわけだ。

 これと対照的なものとしてワールドトレードセンターが思い浮かぶ。むこうは、世界一の高さを誇示しながら島の先端に屹立して、歩いて近づくという気にはなれないという気分を発散していた。まわりと競争し相手を蹴落とし、世界で一番になるというアメリカ合衆国のひとつの側面のシンボルのようだった。だからテロの標的になったのかもしれない。けれどもHigh Lineがつくられるに至った経過は、WTCと対極にあるようだ。
HighLineBook.jpg 一方が競争における勝利を誇るなら、こちらは協力を実らせたものだ。WTCが「周りよりも自分が・・」という主張であれば、High Lineはまわりのまちをすてきにするためのインフラストラクチャーだ。むこうが、ピカピカdであるなら、こちらは古びたコンクリートや錆びた鉄骨の上を走るレールの間を雑草が埋め尽くす線路だった。
 WTCはアメリカの絶頂のときにつくられたが、High Lineの鉄道がつくられたのは1930年の大恐慌の時代だったし再生の決まったのが2002年、9.11の翌年という時期だったというのも対照的だ。おそらく、このプロジェクトは、9.11から立ち直ろうという思いも後押ししたのだろう。

 それに、南端にある起点が「meat packing district」だというのも興味深い。1900年代に、250もの屠畜場がひしめく「250 slaughterhouses and packing plants」としてはじまったというんだから、かつては港からここまで牛や豚を満載した貨車が、鳴き声と匂いをニューヨークの街に充満させながらひっきりなしに往復していたわけだ。もしかしたら、この細長い公園の上で牛や豚を飼うことになるかもしれないぞなんて想像もひろがる。
行ってみたいところだが、代わりにとりあえずぼくはamazonをさがしてみた。「Walking the High Line」/Joel Sternfeld, Adam Gopnik, John Stilgoe 著 という本を見つけて、ちょっと高いけれど注文した。ロンドンの古本屋から8〜10日でおくられてくるそうだ。

■High Lineのウェブサイトから
High Lineの地図
プロジェクトの紹介/スライドショー
来訪者による写真 /スライドショー

■関連エントリー
「Walking the High Line」/MyPlace
運河に浮かぶ遺構/kai-wai散策

投稿者 玉井一匡 : October 23, 2009 07:30 AM
コメント

masaさん
 ぼくは、ますます惹かれます。
なんとかの高上がりっていうやつです。
友人に言わせると
玉井は自分がどこにいるのか忘れちゃうのが危険なんだそうです。

Posted by: 玉井一匡 : July 31, 2010 03:17 PM

はい、URLペーストなさった場所です。しかし、鉄橋の両側は、線路があるだけで、手すりも何もありませんから、ゲリラガーデニングのターゲットとしては危険に過ぎる(^^;と思います。こいつを花でいっぱいにしたらきっと素敵には違いありませんが...。

Posted by: masa : July 31, 2010 11:40 AM

masaさん
 kai-wai散策のエントリーを見ました。読みました。
こいつをなんとか生かすために国交省に働きかけるのがいいかとも思いましたが、いや、こいつこそゲリラガーデニングにもってこいのターゲットなのではないかと思い始めました。まずは、行ってみます。
ここですね!
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E6%99%B4%E6%B5%B7%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE&sll=37.0625,-95.677068&sspn=44.52365,61.875&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%97%A5%E6%9C%AC,+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E6%99%B4%E6%B5%B7%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE&ll=35.658796,139.789674&spn=0.01121,0.015106&t=k&z=16

Posted by: 玉井一匡 : July 30, 2010 09:41 PM

こんばんわ。拙ブログに、晴海運河をまたぐ廃線と鉄橋の写真をアップしました。
http://kai-wai.jp/2010/07/post-1445.html
それが、NYの二番煎じにはなりますが、東京のHIGH LINEにできそうな感じがします。また、そうもしなったら良いな...という期待も込めて、このエントリーにリンクさせていただきました。

Posted by: masa : July 30, 2010 03:25 AM

AKIさん
卒業制作のようなことを実現できてしまうところが、まだアメリカにはあるというのが、ぼくたちにとっても光明であるように思うのです。

Posted by: 玉井一匡 : November 15, 2009 07:11 AM

なんだか、卒業制作なんかを、こんなテーマでやってみたい感じがいたしますですね。今は、こんなテーマは古いのかな……。

Posted by: AKi : November 15, 2009 12:16 AM

おひさしぶりですねcenさん
「VISITOR PHOTO」をスライドショーにして見ていると、とてもいい気持ちになりますね。ビルの間から見える景色もたのしいけれども、もっと楽しそうなのがHigh Lineそのものに育てられている植物たち。
 そういえば、Love Gadenも改装が完成だそうですね。

Posted by: 玉井一匡 : October 29, 2009 09:24 PM

玉井さん、これはたまりまcen ! ご無沙汰しております。ゲリラガーデナーとしても、…モー♪って唸ってしまいます。この風景写真も、…しかりです。

Posted by: cen : October 29, 2009 06:55 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?