November 21, 2009

THIS IS IT

ThisIsIt.jpgClick to Jump to the site of "THIS"
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見た。
 この映画のことを知ってすぐに、売り切れを心配して前売券を買った。どれくらい歌えるのか、どれくらい身体を動かせるのか、そして、どんなステージがを自分の眼でみたかったのだ。
YouTubeで見たら、ちゃんと踊って歌っていることに安心してそのまま日が過ぎていき、いつのまにか見ないまま終わってしまいそうになった。娘たちは、ぜったいに大画面で見た方がいいという。光代さんからは、ぜひ見るといい、もう三回見たとメールをいただいたし、田んぼ仲間の木村君は、今まではマイケル・ジャクソンにはなんの興味もなかったけれど、きのう初めて映画でみたらほんとによかった、ああいうメッセージを伝えようとしていたなら、殺されたというのは本当かもしれないという。

 どこの映画館にしようかとあれこれ悩んだ末に有楽町の丸の内ピカデリーにした。新宿は満員だということだったが、9時近くに始まる回だったせいか5割ほどの客だった。ひさしぶりに大きな画面だったので見上げるようにするとステージを見ているようだった。

 上映を待っているうちに、ここでマイケルと一緒に踊っていたかもしれない日本人の話を僕は思い出した。Kento Moriという。
この映画のことを知る前に、たまたまウェブサイトの記事で読んだのだが・・・彼はマイケルにあこがれてダンスを始めアメリカに渡り腕を磨くが、マイケルのステージはない。そこで、おそらくは激烈な競争を勝ち抜いてマドンナのステージのダンサーのオーディションにパスする。そのあとで、マイケルのロンドン公演が開かれることを知ると、オーディションに挑戦せずにいられない。彼はそれにも選ばれる。マイケルはマドンナに電話をかけると、Kentoを使わせてくれないかと頼むのだがマドンナはそれに応じなかった。
しかし、マドンナはそれだけでは終わらせない。マイケルの死後に、Kento へすてきな贈り物をしたという、とてもいい話なのだ。この 「ガジェット通信」というサイトに詳しく書かれています。

 この映画には、マイケルが大好きだという表情のこぼれる若者がたくさん、楽器を抱え、歌い、踊り、登場する。そのひとりひとりが、Kentoのようにマイケルジャクソンへの思いと年月を重ねて腕を磨いてきた日々があるにちがいないのだ。彼らの二倍ほどの50才になったマイケルは、若者たちと一緒に踊っていても、いささかも衰えを感じさせない。マスコミにたたかれながら、この状態を保ちあるいは回復させたことに、ぼくはのどの奥があつくなった。
 目標としてきたマイケルと一緒にリハーサルのステージに上がる若者たちは、背後にいてもマイケルの光に隠れるのでなく、彼らもさらに輝きを増しているようだった。マイケルは自分の思うところを決して曲げないのだが、仲間に対して威圧的にならずに、ひとつのステージが築かれてゆく。観客を歌と踊りで引き込んでゆくのと同じように、みずから歌い踊り、語りかけることで共演者たちを引き込んでゆくのだ。
 初めてマイケルを見た東京ドームの「BAD TOUR」コンサート、いまかいまかと主役の登場を待つ何秒かの、期待がふくらませる緊張の静寂。そして、この映画のリハーサル映像のあとにおとずれた主役の不在。
彼がそこにいないことによって、むしろ想像力や期待をふくらませることができるひと。それがスターというものなのかもしれない。

 帰りがけに、出口に人が立って招待券を配っていた。「上映の事故がありご迷惑をおかけしました」という。ああ、やはりあれは事故だったのかと気づいた。途中、十数秒だろうか、画面が真っ黒になって音声だけが聞こえるところがあった。そういう演出なのか壊れたのかと思っていたが、故障だったのだ。
ありがとう。もう一度見にいらっしゃいということなのだと思うことにするか。

■追記
ロンドン公演の開かれる予定だった会場とその環境は、こんなにかっこいいのです:O2アリーナ/ロンドン/GoogleMap
 

投稿者 玉井一匡 : November 21, 2009 12:36 PM
コメント

木村さん
3回もいらしたんですか
ぼくは、結局最終日の夜10時近くの回で、ぎりぎり2回目を見ました。
2回とも、やはり最後には拍手が沸き上がりました。
1回目は感動して、2回目は楽しいと思って見ました。
コンサートだったら座っている人はいないでしょうけれど
いまの若い人たちでも、日本人はやはり感情の表現が控えめなんだなと思いました。
ぼくは途中で拍手をしたくなるところがあったのを我慢しましたが
若者たちもそうだったんでしょうか。

Posted by: 玉井一匡 : December 1, 2009 10:22 PM

IMAXか〜〜〜〜いけばよかった

光代さんの5回にはおよびませんが
3回いってきました。

最後は池袋でしたが
拍手がおこりましたよ。

http://www.youtube.com/watch?v=Dxfqi2bPO1o

Posted by: きむらまこと : December 1, 2009 01:44 PM

光代さん
コメントありがとうございます。
みんなにお尻を叩かれて行ってきました。
ぼくの感想に同意してくださってありがとうございます。五回目ですか、マイケルもうれしいでしょうね。ぼくは、一回目にあった感動も二回目では少なくなるかもしれないからどうしようかと思っていたら「招待券」をもらったので、これはやはりもう一度見なさいということなのかと思いました。
IMAXについては知らなかったので調べてみると、日本で三館しかなくて東京近辺では川崎にしかないんですね。2回目を見てもう一度見たくなったら、そのときはIMAXに行きます。
といっても、あと4日だね。

Posted by: 玉井一匡 : November 24, 2009 01:39 AM

ああ!!
行ってくださったのですね!! 嬉しいです。

実は 私、あれからIMAXに行って、また大感動しました。(4回目ね)
でも、前過ぎたようで 全体が見えなくて・・・・で、今日 また IMAXに行ってきました!! つまり5回目。
今日は 後ろの方で見たのですが IMAXの本領発揮でした。
次回行かれる時は 是非ともIMAX で 後ろのまん中を陣取ってご覧下さい。

玉井さんが書いていらっしゃる事は 全てそのまま 私も頷きます。
あれだけのスタッフやミュージシャン・ダンサーが みんなマイケル大好き。マイケルのために 出来る限りの事をしたいと 心が一つになって居ました。
で、一方のマイケルは みんながそれぞれ 輝くように、いろいろな場面を設定していました。

初めに マイケルからの「LOVE」が みんなに届いていたから、あんなに素晴しい事が可能だったんだなあと 今頃になって知りました。この映画を見たかどうかって、結構その後の人生が違ってくる気がしています。

いつかは 彼の曲をどれか 歌えたら良いなと思っています。

Posted by: 光代 : November 22, 2009 11:08 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?