December 17, 2009

MacBookの帰還:8回目の入院から

MacBookReturnS.jpgClick to PopuP
 3週間強の入院を終えてMacBookが帰って来た。
 メーカーの保証期間1年+AppleCareが2年=合計3年。この間は、落としたり水没させたりしなければ無償で修理してくれる。その3年がことしの秋で終わるということは分かっていた。こまかな問題で何度もアップルストアにいくのは面倒だから、保証期間の終わり近くにまとめて直してもらおうと思っていた。ある日、そろそろだと思って保証書を見たら、すでに3年は過ぎていた。
 しかし、ぼくはあわてない。そんなこともあろうかと、ちゃーんと販売店の保険も加えておいた。それで、もう2年延長できる。
と、思いながらなかなか手許から離しがたくて使い続けているうちに、ディスプレイを水平から45°くらいの角度まで倒さないと消えてしまうようになった。その角度が段々水平に近づいて来たのだが、ある日とうとうディスプレイがまっ黒になった。
ヒンジの部分の故障なのだろう。

 ディスプレイ交換1回・キーボード交換2回・マザーボード交換・筐体交換・DVDプレーヤー交換・ハードディスク交換というぐあいだったから、総ての肉体は入れ替わった。生物のように、身体が変わりながらアイデンティティーを維持してきた。5,6回入院したと思っていたが、書類を確認したら7回。今回が8回目なのだ。
*上の写真は、プチプチシートに包まれて帰ってきたMacBookと、入院履歴を示す書類です。それにしても、コンピューター用語でしかお目にかからない「筐体」なんていうむずかしい漢字をつかうことになったんだろう。

 かつてはクイックガレージに持っていくと目の前で修理をしてくれるのが感動的で、それを見るのが楽しみだったのだが、のちに部品供給の方法が変わって客の目前での修理という離れ業を披露できなくなり、アップルストアの方が早く修理できるようになった。それ以来、アップルストアに大変お世話になった。有償で修理代を払っていたら、すでにマックブック2台分近くになっているかもしれない。

 AppleCareの切れた今回は、ヨドバシカメラの保険を使った。これは、5年間有効なのだが、保険で負担できる金額が、購入した商品の価格を基準に一年目の100%から一年ごとに10%ずつ減る。今回は4年目に入ったので購入金額の70%が上限となった。
1年間の補償と2年間のAppleCareの間は、ユーザーに過失がなければ修理の回数と金額に上限はなかったけれど、ヨドバシの保険では金額が徐々に減るうえに、使える回数は一回だけに限られる。だから、今回が最初にして最後の無償修理だ。
今回は、①ディスプレイが消えてしまう②キーボードの周囲が4カ所割れてしまい、透明ガムテープを貼って保たせていたので、キーボードをそっくり交換、③筐体の裏にひびが入ってきたので筺をキーボード側ディスプレイ側もろとも交換、④DVDプレーヤーにディスクが入らなくなったのを修理してくれた。費用は8万円弱だったので、保険で全額をまかなうことができた。

 いつどこへ出かけるにも連れて行くほどのMacへの愛情ゆえに壊れたことを理解してくれたのだ。感謝に堪えない。現在のMacBookの筐体がアルミの削出しになったのは、この世代のMacBookの筺が弱かったことを反省したからにちがいない。キーボードも、割れやすい構造を反省して改良した現在の白いMacBookのものに取り替えてくれた。
白くすべすべの肌、しっかり角度をたもつディスプレイ。ぼくは、この白いMacBookのデザインが好きだけれど、つぎに買い換えるときにはアルミ削りだしのやつにしようと思うが、AKIさんはMacBookAirのソリッドステートドライブつきが故障しにくいよとおっしゃる。こいつが元気な間に、ゆっくり考えることにしよう。
なにはともあれ、感謝の気持ちをAppleだけではない、AppleCareを申し込みながら利用しなかった諸兄諸姉にもささげたい。

投稿者 玉井一匡 : December 17, 2009 09:17 AM
コメント

AKIさん その二
 読んでみました・・ご本人のブログは、まだですが。
わたしも言葉を失いました。 
これからすれば、ぼくのMacBookはしあわせものです。
イスラエルっていうのは、さすがにすごいですね
規定通りだったらAppleCareの対象にはならないでしょうが
これは、特別に新品に交換してあげて、Macミュージアムができたら永久保存にしてほしいところです。

Posted by: 玉井一匡 : December 17, 2009 03:19 PM

AKIさんその一
深く愛された、八つの命のあるMacBookなんですね。
本文にも書きましたが、たくさんのかたがたのおかげです。
筐体を取り替えたのに、TAMAIと書いた赤いダイモを
古いやつからはがして新しいフタにちゃんと付けてくれました。

Posted by: 玉井一匡 : December 17, 2009 03:04 PM

何が気に入らなかったのか、こんな事をされてしまう MacBook があるなんて、これこそ言葉を失います。
http://wiredvision.jp/news/200912/2009121621.html

Posted by: AKi : December 17, 2009 12:51 PM

はぁ…………、やぁ、すごい MacBook ですね。こういう時に使うんだろうな……、言葉を失いました……って。

Posted by: AKi : December 17, 2009 11:24 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?