March 28, 2010

ハットトリック

HatTrickS.jpgClick to PopuP
 日曜日、スーパーマーケットにワンパック10個で208円という安い卵があったので買ってきた。
プラスティックのケースから取り出して使おうと思ったらずいぶん小さい。冷蔵庫に残っていたやつと比べると、80%くらいの大きさだろうか。それなのに、小さな卵を割ってボウルに落としたら、鶉のたまごよりちょっと大きいようなのが寄り添って黄身が三つも入っていた、こんな小さな殻の中に。双子はたまにあるし、中にはふたごばかりの卵というのも売っていたといって、おみやげにいただいたこともある。しかし、三つ子というのは初めて見た。
 すぐに食ってしまうのももったいないから明日の朝飯にしてやろうと、食器棚からババロアかなにかの入っていた、長方形のケーキのうつわに入れてやると、すこし列をみだしながら横に並んだ。なかなかかわいい。

 双子は英語でtwinだが、三つ子は英語ではなんていうんだろうかと気になった。
日本語のwikipediaで多胎児という項目を開いた。そのページの「他の言語」から「english」を選ぶと、なるほどmultiple birthというんだ。その中に三つ子の写真が出ていて「triplet」と書いてある。四つ子は「quadruplets」、以下というか以上というべきか、「quintuplets」・・・・とつづく。11人なら「undecaplets」それが、ご丁寧に19人の「nondecaplets」まで並んでいる。

このエントリーのタイトルを「ハットトリック」にしたくなったのは、先週のバルセロナ対サラゴザ戦でのリオネル・メッシのハットトリックが記憶に残っているからだった。
メッシに敬意を表して映像をYouTubeで見てください。これをクリックすれば見られます。

HattrickMedamaS.jpgClick to PopuP
さて、これは吉兆であると思うことにしているが、明日はこのトリプレットをどうやって食べようか・・・オムレットかな。ハムを3枚添えれば「食べるべきか食べざるべきか」のハムレット。
・・・と、悩んだが、やはり三つ子らしさをそのまま生かすには目玉焼きしかないというわけですが、こんな妙な形に拡がってしまいました。
 

投稿者 玉井一匡 : March 28, 2010 11:55 PM
コメント
kawaさん そうそう、僕もそう思っていました。 あのときは、ふつうのやつだったら、喜んで倒れる場面が2回くらいありますね。それでも倒れようとしないところがメッシのすごいところというか、ぼくは好きです。サッカーというのは、すぐに倒れて見せたり痛がったりするけれど、そういうことをしないという意地がありますね、メッシには。  マラドーナを越えたなんていう声が出ているのも、よくわかる気がします。なにしろ、むこうは手でゴールしたのを神の手なんて言われて得意になっているんだしね。  wikipediaで見たら、本来はPKのゴールはハットトリックに入れないんだと書かれていましたけれど、あのPKはメッシが技で勝ち取ったのを、いまひとつ調子のでないイブラヒモビッチに譲ったんだから、まいっちゃうよね。 http://en.wikipedia.org/wiki/Hat-trick Posted by: 玉井一匡 : April 1, 2010 02:09 PM
ハットトリックも凄いのですが、私が覚えていたのは彼自身の得点では無くてPKにつながるプレイでした。 Posted by: kawa : April 1, 2010 01:51 PM
熱心なサッカーファンではありませんが、テレビで繰り返し放送されたメッシにはあきれました。ディフェンスをやらされてる人間にしてみるとどうすりゃ良いんだ、立場が無いって気がします。 Posted by: kawa : April 1, 2010 01:39 PM
あかねこさん 先日は、ありがとうございました。 そう、ぼくも目玉焼きにしました。 イマイチ、きれいに焼けなかったんで、まだ写真はまだアップしていませんでしたが、この機会に写真を加えました。 Posted by: 玉井一匡 : March 31, 2010 11:16 PM
すごい!そんなことがあるんですね~ 私だったら、3つ並んだ目玉焼きにしますが、結局どうなさったのでしょう? Posted by: あかねこ : March 31, 2010 08:47 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?